中国人の海外旅行が変わった。20~30代の若者旅行者を中心に、従来の格安パッケージ観光、ブランドショッピングから一歩出て、現地文化を積極的に体験して高級宿舎を好む現象が顕著になっている。旅行先は韓国のように近くて安いアジアよりも北米や欧州が人気を集めていることが明らかになった。

米オンラインホテル予約サイト「ホテルズドットコム」は最近、「中国人海外旅行報告書(CITM)」を発表した。1億3000万人以上(2017年)が海外に出かける中国が世界に及ぼす影響を分析した報告書だ。今年は過去1年間で海外旅行経験のある中国人3047人(18~58歳)を対象に調査を進めた。

回答者が最も多く訪問した国は1位日本、2位香港、3位米国、4位フランス、5位オーストラリアだった。2017年調査で5位に入っていた韓国は7位に順位を落とした。このランキングは中国人が実際に多く訪問した国の順位ではなく、ホテルズドットコムのアンケート結果だ。2017年中国人が多く訪問した国家は1位香港、2位マカオ、3位台湾、4位タイ、5位日本だった。韓国は7位だった。中国人が「歓迎を受けている気分になる国」ランキングもあった。昨年の結果は、1位は日本、2位はタイ、3位は香港、4位は韓国、5位はオーストラリアだった。2017年調査で、タイは1位、日本は2位、韓国は6位だった。中国人訪問客は減ったが、中国人に対する韓国人の親切度はむしろ良くなったという点が興味深い。

ミレニアム世代(1980年代初めから2000年代初めに生まれた世代)の支出規模も目を引く。海外旅行中、一日の支出額が80年代生まれは346ドル(約3万8620円)、90年代生まれは314ドルで、70年代生まれ(299ドル)よりも多かった。調査に応じた中国人は平均的に所得の28%を旅行に使っていることが明らかになったが、90年代生まれは所得の36%を旅行に使うと答えた。90年代以降生まれは昨年よりも海外旅行支出額が80%増えた。調査に参加した中国人の65%は自由旅行を選好すると回答した。これは昨年調査より11%増となる数値で、18~38歳回答者は71%が自由旅行を選好すると答えた。

海外旅行での活動で最も人気なのは、「異国の現地料理を味わう」(69%)で、「ブランドショッピング」(38%)よりも地域の特色が色濃く表れている「ストリートショッピング」(43%)を好むという回答者が多かった。ホテルズドットコムのネルソン・アレン・アジア太平洋地域総括は「中国人の旅行がランドマーク中心から経験中心に変貌しているということが如実に表れている」と説明した。

宿舎の選択基準も変化している。グローバルチェーンのブランドホテル(49%)よりも、旅行地の特色が表れている現地ホテル(55%)を選好する人が多かった。ブティックホテル(33%)や自然親和的なホテル(23%)も人気が高かった。

中国人の旅行に影響を及ぼした要素は、映画とテレビ(62%)、ソーシャルメディアとブログ(52%)、 Youku Tudou(優酷土豆)のような動画ストリーミングサービス(51%)の順であることが分かった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180808-00000001-cnippou-kr