回転すしチェーン「スシロー」などを運営するスシローグローバルホールディングス(GHD)は8月8日、2018年9月期(17年10月~18年9月)の連結業績を上方修正すると発表した。営業利益は従来予想比16.7%増の116億円、最終利益は17.8%増の78億円となる見通し。主力のすしのほか、近年注力するスイーツ類の好調が続いているためという。

売上高は3.3%増の1750億円を見込む。「鮮魚流通ベンチャーの羽田市場と昨秋から提携し、高品質な国産ネタを届けていることが売上アップにつながった。ロス削減などのコストカットが利益向上に寄与した」(広報担当者)という。

くら寿司は洋食が人気 かっぱ寿司は食べ放題を夜に拡大
 ライバル企業の動向はどうか。「くら寿司」を運営するくらコーポレーションは、18年10月期(17年11月~18年10月)の連結業績を売上高が1269億5000万円(前年同期比3.4%増)、営業利益が68億1000万円(7.4%増)、最終利益が49億1000万円(0.5%増)と予想している。

 野菜などの原価が高騰しており、コスト面にやや影響が出ている一方、3月から提供しているイタリアンやハンバーグといった洋食メニューの人気でカバーするという。

 「かっぱ寿司」を運営するカッパ・クリエイトの19年3月期(18年4月~19年3月)の連結業績予想は、売上高が3.6%増の815億3300万円、営業利益が331.5%増の16億3100万円、最終利益が1.5%減の7億9800万円。

 ただ、同社が7月末に発表した18年4~6月期の連結業績は、売上高が1.5%減の191億2400万円、営業利益が44.2%減の1億800万円、純利益が22.0%減の1億円と減収減益だった。

 「コンビニなど異業種との競合の激化や、サッカー・ワールドカップの自宅観戦を目的とした早めの帰宅など、厳しい経営環境が続いたため」と同社は苦戦の理由を説明する。

 巻き返しに向け、かっぱ寿司は7月末から「食べ放題」を夜の時間帯に拡大。高級ネタを選べるコースも新たに設けている。

地方では倒産するチェーンも
 全国チェーンでは「スシロー」の好調ぶりが目立つが、地方などでは多店舗展開の失敗などの要因で倒産するチェーンが増えているという。

 東京商工リサーチが8月8日に発表した調査結果によると、2018年上半期(1~7月)に発生したすし店の倒産は18件で、前年同期から2件増えた。中でも、回転すしチェーンの倒産が多発しており、前年同期の1件から6件に拡大していた。

 上半期に倒産した回転すしチェーン運営企業は、神奈川県を中心に「ジャンボおしどり寿司」を展開していたエコー商事(負債総額15億3000万円)、福井県などで「まつりずし」を展開していたプリーズ(負債総額3億200万円)、北海道で「ビックマウス」を展開していたビックマウス(負債総額1億9500万円)――など。

 東京商工リサーチは倒産が相次いでいる要因を、(1)多額の初期投資が必要な先行投資型産業で、顧客の回転率を高めに維持しなければならないが、同業他社との競争が激化し顧客獲得が難しくなっている点、(2)漁獲量減少に伴う魚価の高騰、円安による輸入食材の高騰、アルバイトを含めた賃金の上昇などのコスト増大が起きている点――と指摘する。

 「大手の寡占化が拡大する一方、経営課題の解消のめどが立たない企業もある。地方や中小の回転寿司店の今後の動向には目が離せない」(東京商工リサーチ)としている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180808-00000071-zdn_mkt-bus_all&p=1