親が元気なうちは直視せずに済んでも、介護や死去などで一気に現実になる無職や未婚のきょうだいの孤立。
平成に入り、家族の人数が少なくなるなか、そうした「きょうだいリスク」を家族はどこまでカバーしなければならないのでしょうか。

自分も姉も弟も独身「何とかしなくては」
 神奈川県に住む翻訳業の男性(51)は昨年1月、埼玉県にいる無職の弟(47)にこんな一文から始まる手紙を送った。

 《現状のまま続けると、全員の生活が破綻するリスクが高い》

 弟は大学を出てから就職せず、在学中と同じアパートに住み、社会保険労務士をめざしている。だが、毎年あと一歩及ばない。
週3日間アルバイトしていると聞いたことがあるが、その生活は郷里の母(85)からの仕送りに頼っている。

 男性は手紙を送りつける前、電話で母に尋ねた。

 「実際にいくら払っているの?」

 母は「月12万円ぐらい」と答えた。

 父が他界後、母はダウン症の姉(53)と2人で暮らす。弟の生計は、実家近くで営むアパートの毎月の家賃収入10万円で支えていると聞いていたが、貯金を取り崩しているとは知らなかった。母は「残っているのは定期預金の300万円だけ」とも明かした。

 男性は手紙に、11項目の決まり事を記した。弟への毎月の仕送りは計9万7千円で、男性も分担すること。
さらに、送金は弟が50歳になる年度末で終えるという「通告」も盛り込んだ。

 男性も姉も弟も独身だ。何とかしなくてはと手紙を送ったのは、男性も経済的な不安を抱えていたからだった。

 国立大学の大学院で博士号を取得し、ドイツに留学。帰国後に研究職を志したがかなわず、10年前から大手企業の関連会社で契約社員として働いた。
当時の年収は約600万円。だが、2015年11月に会社は突然閉鎖した。

 その後、ドイツ語を生かしてフリーの仕事でしのいできたが、収入は安定しない。
また企業に勤めたいと思う。

 男性の狙いは、母から弟への送金の負担を減らすことだった。弟を自分の扶養家族にして、社会保険料も肩代わりした。

 ただ、こうした手続きに必要な書類を手紙で催促しても、弟は指示した文書のコピーを送ってくるだけ。封筒には手紙も入っていない。弟と最後に会ったのは10年以上前になる。

 「精神的に追い詰められているのでは、と不安になったり、『家族だから何とかしてもらえる』という甘えを腹立たしく思ったり。
弟には生活保護を受給してほしいけど、母は悲しむ。あと2年、私が頑張って待つしかない」

「なぜお前だけが?」 いぶかる夫
 神奈川県内に住む女性(49)は2週間に1度、東京都内の療養病床にいる母(81)を訪ねる。

 殺風景な4人部屋。周りのお年寄りたちは皆、昼間も目を閉じて動かない。
職員からは人手が足りないと釘を刺され、「私物の盗難騒ぎが困るので、パジャマや下着はレンタル品を」と言われた。

レンタル料金を含め、月額16万円。母の通帳口座から引き落とされている。

 ベッド上の母はあどけない。いつも涙ぐんでこう訴える。

 おうちに帰りたい――。

 「元気になったらね」と、いつものようになだめ、部屋を出た。胸が痛む。

 女性は夫と中学生の娘との3人暮らし。パートをしながら、母を介護している。
脳梗塞だった父を看取った10年前も、介護疲れを訴える母を支えるため、幼子を抱えながら一人で駆け回った。

 埼玉県に住む姉(55)は専業主婦で、子どもはいない。
幼いころは体が弱かったが、今は元気だ。それなのに、実家に帰省しても介護を手伝わず、お客さんのように座ったまま。

 先日は、母にパジャマやガウンを買ってきた。職員に禁じられているのに。あきれた。

 夫は、いつも「なぜお前だけが?」といぶかる。

 もともと母は、都心の実家で会社員の弟(47)と2人で暮らしていた。
だが、一昨年10月に、ひざが悪くなって手術した。
その後も歩行が難しくなり、介護保険でヘルパーを頼もうとすると、「同居家族あり」とされて利用できなかった。
いまの病床に入院したのは、昨年6月からだ。

 弟は身の回りのことすべて母にしてもらっていたため、女性が掃除に通うようになった。
昨年末、弟は困ったように聞いてきた。

 「俺のおせちはどうなるの?」

 仕方なく、年末年始は家に招いた。

 「母も、弟が一人で年を越すのを心配していたから、我が家に誘ったんです。
でも母が逝ったら、私が弟の面倒を見るべきなんでしょうか」

 不安が頭をもたげる

きょうだいリスク、親の介護や死去で現実に
 「きょうだいリスク」の共著があるジャーナリスト古川雅子さんの話 
無職や未婚のきょうだいの将来を不安がる中高年層の声をまとめたのは、同世代間で格差が広がり、
きょうだい間だけで解決できない状況が生まれているから。
親が元気なうちは直視せずに済んでも、介護や死去などで一気に現実になる。
家族で支え合うべきだという風潮は強いが、当事者を追い詰めないように、社会保障の観点でも議論すべきだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180809-00010001-asahit-soci&p=1

みんなの意見


みわよしこ
フリーランスライター(科学・技術・社会保障・福祉・高等教育)
オーサー報告
現在の喫緊の社会課題は、日本人に社会保障削減とリンクして刷り込まれた「家族」「絆」観の再検討でしょう。
行政は「家族」に、納税と社会保障支出削減の戦力となることを期待しています。本記事内の、会社員の息子との同居を理由に介護保険によるヘルパー派遣を拒まれた母親の事例に、その期待があらわれています。
母親が生活保護を受…もっと見る


名無しさん
俺のおせちはどうなるの?
->知らんがな。だわw 面倒見すぎなんだと思うけど。

名無しさん
仕事ができるのに何もしようとしないのは切られて当然。
いろいろ問題はあるだろうが、そういう状況でも頑張っている方は世の中にごまんといる。

名無しさん
旦那さんの兄弟に寄生されてる友達が居るけど、結婚してて子供も居るのに旦那はギャンブル嫁はスマホゲームばかりしてて子供にご飯食べさせるお金が無いと泣きついてくるらしい。友達の旦那は甥っ子が可哀想と毎回お金を渡すらしく完全に共依存。このまま共倒れにならないか友達が本当に心配だ。見捨てる勇気も必要だと思う。

名無しさん
元々、成人したら面倒見なくて良い。甘えるだけ、本人の為にもならない。

名無しさん
俺のおせちは?ってなんだそりゃ。
こうなると兄弟リスクどころか
毒親ならぬ毒兄弟、って感じ。

m
最近こういう兄弟リスクの記事が多いですね。
こういう記事を読むと、全ての兄弟を一人残らず自立させるよう育てねば、と強く思います。
たとえ結婚、子どもはできなくても、自活して終活までは自分のお金でまかなえるような。
死後の手続きだけは結局甥、姪に頼るしかないとは思いますが。その分のお金(御手数かけますのお礼料)も多少残しておかないと。

名無しさん
社会保険労務士を目指してんのは、趣味か?もし就職目的なら、50歳で取得しても就職できるほどのパワーがある資格じゃないでしょ。

名無しさん
1番悪いやり方とまでは言わなくてもだいぶよろしくないやり方だね。

名無しさん
兄弟、姉妹は他人の始まりです。見捨ててはいかがですか?成人したら全て、自己責任。親だって、自己責任。子供に頼る為に子供を作った訳ではないのだから。

マッキン
これだけじゃなくて、相続でもよく揉めてるよ。親はいないと自分も存在しないからしょうがないけど、兄弟姉妹って偶々なのに、めんどくさいね。

名無しさん
俺のおせちは?には笑った。
よくもいい大人が、お姉ちゃんにそんなこと言えるね。
そんな奴の嫁になりたがる人もいないだろう

名無しさん
>社会保険労務士をめざしている。だが、毎年あと一歩及ばない
47歳だと、何度落ちてるんだ?

名無しさん
おせちくらいコンビニで買え。

名無しさん
もう働くことは無理だろうから、せめて母やダウン症の姉と一緒に暮らせよ
暮らして、弟が家事等をやるべき
それなら兄弟だって、まあ少しくらい仕送りをしてもいいかと思える

名無しさん
私は45歳過ぎひとりっ子で親は父のみ。幸いにも結婚して子供3人いるが老人になったら面倒みてくれるだろうか?
今までは兄弟いる人が羨ましいと思ったのも事実だが、この話読むと家族が多くても幸せ感じないね

名無しさん
親ならともかく兄弟が一生面倒見ないといけないのはちょっとおかしい
兄弟は保護者ではない

名無しさん
>弟は大学を出てから就職せず、在学中と同じアパートに住み、社会保険労務士をめざしている。だが、毎年あと一歩及ばない。
およそ25年間って事ですよね。
50目前にして今もまだめざしている?
めざしていないと思いますけど。

名無しさん
大変だとは思うけど家族だからと助けている人はすごいと思うわ。
自分は兄弟が無職の引きこもりとかになって迷惑被ったら追い出して縁切るな。

名無しさん
上下(親子)の面倒はみても、横(兄妹)は下手に助けるべきでないと思う。とくに金銭面。よほど自分に財力があるなら別ですが。
金の切れ目は縁の切れ目ですからね。

名無しさん
働けない身内の扱いは難しいよね。
保護受けて金があっても自分で身のまわりのことできないとか。施設は金かかるし。
今だからってことはないと思うけど・・・昔はどうだったんだろか?

終活親父
私の周りにもこの様な話は有りますが、若い時からの生活設計が余り無い人が多いみたいですね、まともに生活しているひとにとっては大変な負担ですよね、共倒れが一番の心配です。

名無しさん
兄弟とはいえ面倒を見る必要はない。

名無しさん
本文の
>実家に帰省しても介護を手伝わず、お客さんのように座ったまま。

これ、よく分かる。いるのこういう人。
介護とか同居ってほんとにやった人しか分からない現状って
あると思います。
分からないからわかってほしいと思うんだけど、
分かろうとしない、けど口だけは出す。文句は言う。
月に1回位都合のいい時だけきて、年に何回かお小遣い上げて、
来てくれてる親の方はその時だけいい顔する。
それはもちろん来てる子供も同じ。
で、あの子はいい子だ~っていう。
でも、同居してる私たちの事はよく思ってないっていう。
まぁ、お互い様ですけどっ!

Supreme
いい年して無職ってのも・・・。

名無しさん
他人事じゃない。
結婚してない兄妹の行く末を誰がみるのか。
将来が心配だ。

名無しさん
弟がニート15年生、父は今年めでたく定年退職
いつの日かオレが金銭面の面倒を見なくてはならなくなるのかと思うと頭が痛い

名無しさん
昔は生活のコストが低かったから押し籠めみたいな事が出来たかもしれないが、現在ではそうも言っていられない。
政府も勘当とかちゃんと縁を切れる制度を付く手欲しい。

名無しさん
寄生してる人は楽して、真面目に頑張っている人が苦労するっておかしい。縁を切った方がいい。

草の根市民(プロフィール見てね)
生活保護利用してもいいけど、それなら生活保護の給付を
1 下宿アパート大学生の家賃込み生活費の最低限度程度(今の生活保護給付の半分)に減額
2 アメリカのような現物支給方式で、現金給付は期間限定
・・のいずれかに改善すべきだ

なぜなら、今の生活保護の過大給付*1はフルタイム最低賃金より高く*2、一度生活保護になってしまったら、なかなか自立できない矛盾した制度になってしまっているからだ

*1 私のプロフィール参照
*2 例えば東京の場合
最低賃金は958円(H30年度)だから、フルタイムの額面月収16.65万円。税金1.29万、社会保険2.37万が引かれ、手取月収は13万
一方、生活保護は、給付が家賃込み13.5万(H30.4現在)で、無料の医療費1万、NHK受信料0.33万、水道料基本料0.12万を加算すると、手取月収は14.95万で、エアコン設置も無料


mom*””
当人も悪いが回りも構いすぎ。
ただそれだけ。お疲れ様でした。

名無しさん
他人はともかく、自分は親に甘やかされなくて良かった。

名無しさん
金銭的な問題を抱える毒兄弟を持つと苦労する。援助してもらうのが当たり前と考える毒兄弟を持つと、うつ病になってしまう。

名無しさん
見捨てるなら、若いうちにやってあげるのがせめてもの愛情だと思います。
50歳になってから急に捨てられても、本当に何もできなくなっている。
本気で社会問題として対処するなら、行政の制度として強制別居をやるしかありませんね。
親でも兄弟でも、年齢が上がれば心が弱る。共依存から分離は、周囲が思うより、はるかに大変でその後のケアが難しくなっていく。
20歳か、今回からの成人年齢18歳で、一度強制世帯分離をする方がいいと思うけど。
どんな人間関係でも。べったり張り付かれたら、良好な関係か依存か誰も判断できなくなる。

名無しさん
おせちは、きょうだいリスクとは言えないと思う。
会社員の弟なんだから、スーパーで売ってるって教えてあげればいいだけ。
自分で簡単にできる事を御親切に抱え込んで、リスクって言っても仕方ないと思う。

名無しさん
すいません、世の中こんな「いい人」ばかりなんですか?そりゃ他人の始まり、兄弟の「わるい人」にたかられまくりますよー
ダメ兄弟はガン無視しか選択肢ないですから。仮に援助しなかったら裁判所から保護命令とか来るんですか?どうせ紙切れ一枚でロクに法的強制力もありませんから。なんで皆さん悩むんですか?

名無しさん
仕事は選ばなければあるって。ブラックにも程度があってひどいとこばかりじゃないよ。日頃から不安を不安とばかり思っているから面接にも表れると思うよ。

名無しさん
一見、個々の家庭の問題のように見えるが、これも実はバブル崩壊後の日本の失われた世代の典型だ。問題は財務省や日銀に全く自身の問題という意識が欠如し、省益追及しかない無味乾燥なゾンビ組織でしかない事。政治家も安倍一人が頑張っても及ばない。無責任政治家が多過ぎる。

名無しさん
え?まだ払うの?50迄?

名無しさん
私は逆だった。母を看取ったが介護保険の手続き他叔母たちへの連絡全てしていた。いい判断をしたと思う。後々のためにも。いつまでも親がやってくれて当たり前と思ってはいけない。順序からいけば親が先にいなくなる。結婚しているしていないではなく本人の気持ち次第だと思う。

名無しさん
今の状態になっているのは本人も悪い。