10日に北朝鮮で日本人が拘束された事件は、北朝鮮の公式発表がなく情報が錯綜している…


10日の深夜に明らかになった北朝鮮で日本人が拘束された事件は、いまだ北朝鮮からの公式発表はなく情報が錯綜している。しかし中国サイドから入ってきた情報も踏まえてまとめてみると、 拘束されたのは、滋賀県出身の映像クリエイターS氏39歳。過去に複数の訪朝経験があり、利用した旅行会社は、中国でイギリス人が経営する旅行会社である可能性が高いという。同社は北朝鮮へのグループツアーを提供している。

「いっそ戦争でも起きれば」北朝鮮国内で不気味な世論が台頭

■ 人質的に拘束された可能性

この情報通りであれば、この旅行会社は、2016年1月に平壌で拘束、翌17年に昏睡状態で開放され、帰国直後に死亡したアメリカ人大学生オットー・ワームビア氏を手配した旅行会社と同じとなる。

S氏が拘束されたと見られるのは、平壌から西南へ約60キロメートルとほど近い南浦。南浦は、日本統治時代から港町として知られ現在でも平壌の外港として中国大連などと国際貨物航路を持つ重要エリアだ。北朝鮮の重要拠点=多くの軍事施設という構図なので当然ながら軍関連施設も多い。S氏は南浦の軍事施設を撮影したスパイ容疑で拘束された可能性が高いという。

S氏はなぜ拘束されたのか。「北朝鮮が日本政府との交渉材料にしようと数年前までのアメリカ人のように、いわば人質的に拘束された可能性があります。アメリカの例を見ても、大統領経験者などが自ら訪朝して解放交渉に応じたりしてきた歴史があります。今度は日本に対して同じようなことをしてきたのではないでしょうか」(北朝鮮研究者)

また、ワームビア氏の1件以降、この旅行会社自体が北当局にマークされており、狙い撃ちにされたのではないかとの見方もある。

■ 中国人もスパイ容疑で拘束されている

実は表にはほとんど出てこないが、最大の友好国とされる中国人も、北朝鮮でスパイ容疑によって複数人が拘束されている。長期拘束はされていないものの、裁判を受けさせられて多額の罰金を課せられ国外追放、再入国禁止処分となっている。

中国の旅行会社によると、スパイ容疑で拘束された中国人は、単独行動で軍や労働党の重要施設を撮影して拘束されるという。しかも朝鮮語ができる少数民族の朝鮮族ではない漢民族などで、油断させるためか若い女性が多いそうだ。

北朝鮮では、国籍問わず、旅行客には常時ガイドが随行するため、旅行者の行動は常に監視されており、個人行動は原則できない。またガイドに案内される場所に撮影されて問題があるスポットはまずないし、万が一、軍人や撮影されては問題があると判断した場合は、その場で即削除を求めてくる。撮影しても削除すればそれで終わる。

つまり、北朝鮮の官製ツアーにおいては、ガイドの指示に素直に従っていれば大きなトラブルに発展することは考えにくいのだ。

「拘束された日本人が、南浦のホテル滞在中にガイドなしで深夜や早朝にホテルを抜けけ出して、単独行動をしたのではないでしょうか? 北朝鮮では単独行動をして撮影などをすれば、それだけでスパイ行為と見なされる恐れがあります」(中国の旅行会社)

■ ガイドがいない状態での単独行動?

スパイ容疑で拘束されている中国人の例からすると、S氏はガイドがいない状態での単独行動をして、拘束にいたった状況も考えられる。

北朝鮮では外国人が宿泊するときには担当ガイドも同じホテルに宿泊する念の入れようだが、ホテル内では自由に行動できる。ホテルの入り口には出入りを監視するドアマンもいるが、深夜や早朝にはいない時間帯もある。

「案内人(ガイド)がいない状態で行動できるとしたら、ホテルから抜け出したくらいしか考えられません」(同上)

日本人が北朝鮮で長期拘束されたのは、99年に元新聞記者がスパイ行為を働いたとして2年間勾留された事例があるが、実は2000年以降、禁止試写体を撮影したなどの理由で1、2日軟禁されて、罰金1万ドルを請求された事例も存在する。これらはいずれも取材目的で訪朝したマスコミ関係者がほとどんだ。

今回の北朝鮮での邦人拘束は、観光目的で入国した日本人がスパイ容疑で拘束されるという初に近い事例となる。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180813-00010007-newsweek-int