【AFP=時事】国連(UN)は13日、イラクとシリアのイスラム過激派組織「イスラム国(IS)」について、掃討が進み、加入する外国人戦闘員の流入が止まった後も、両国に依然として2万~3万人のIS戦闘員が残っていると明らかにした。

 国連の制裁履行監視チームが安全保障理事会(Security Council)に提出した報告書の中に記載した。残存するIS戦闘員は両国にほぼ同数。「今もなお重要な構成員として活発に活動する外国人テロ戦闘員が大勢いる」とも記している。

 報告書によると、リビアを拠点に活動するIS戦闘員も3000~4000人いると推定されるほか、主要な司令官の一部はアフガニスタンに移動したとみられるという。

 ISはかつてイラクとシリアで広範な領域を支配下に置いていたが、昨年イラクのモスル(Mosul)とシリアのラッカ(Raqa)という2大拠点を喪失。2018年1月までにシリアのごく狭い領域に封じ込められた。

 しかし、今回の報告書ではISがシリア東部で盛り返していると指摘している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180814-00000006-jij_afp-int