「紀州のドン・ファン」怪死事件の捜査は、迷走を続けている。そんな中、「お墓なんて守らないもん」と言い放った悲劇の幼な妻(22)が、ようやく墓地を購入した。最後まで連れ添った伴侶としての務めを果すことにしたのか。

「紀州のドン・ファン」こと野崎幸助氏(享年77)が、覚醒剤中毒で急死してから2カ月余り。

 野崎氏の会社関係者によれば、

「7月11日に、自宅で四十九日法要が執り行われました。出席者は、奥さんと従業員3人だけ。それが済むと、奥さんは田辺湾を見下す山の中腹にある墓地の2区画を買った。社長を愛犬イブと一緒に埋葬するためです。でも、1区画15万円で墓石と合わせて100万円もかかっていない。資産家と言われた社長のお墓にしては寂しい限りです」

 現在、幼な妻はお墓の購入と同時に、相続の準備を弁護士に進めさせているという。

「そのため、会社は酒類販売部門を7月いっぱいで閉めることになりました。社長の株を相続する奥さんが会社を続けるつもりがないからです。従業員6人のうち4人はクビ。不動産管理部門などは続けますが、相続しやすいように物件が売れて現金化した時点で、完全廃業になりそうです」(同)

新盆まで
 一方、幼な妻は会社に顔を出すわけではなく、ほぼ自宅に引き籠り状態。

 会社関係者が続ける。

「葬儀から四十九日までは、東京で弁護士と打ち合わせをする必要があったためか、和歌山と行ったり来たりしていました。でも、いまは弁護士が和歌山で遺産の査定をするようになったので、奥さんもずっとこっちにいる。ほぼ一日中スマホのゲームをしていて、外出はたまに大阪などへドライブに出掛けるくらいです」

 しかし、幼な妻は、“新盆が終わったら、東京に戻る”と宣言しているという。

「以前から周りの人たちに、“新盆の供養をするのは、妻として最低限の務め”と忠告されていました。だから、渋々残っているだけ。お墓が決まっても、社長は浮かばれませんよ」(同)

 そのうえ、和歌山県警の捜査にも進展が見られず、野崎氏の無念を晴らすには時間がかかりそうである。

 捜査関係者が明かす。

「7月半ばに、妻の出身地である札幌に捜査員が飛び、すすきののホストとの交友関係などを洗い出しました。さらに、野崎さんの複数の元愛人への事情聴取も行った。また、8月に入って早々に、家政婦からも再び話を聞きました。しかし、これと言った有力な情報は取れていない。捜査の網が広がっているのは、結局、容疑者が絞り込めていないからです。長期戦を覚悟しなければならないでしょうね」

 そこで、幼な妻に犯人に心当たりがないかと訊くと、

「まだ、事件と決まったわけではありませんので」

 墓穴を掘らない、当意即妙な受け答え。

 怪死ミステリーの謎は、ますます深まるばかりである。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180818-00546952-shincho-soci