【シドニー時事】オーストラリアでターンブル首相に反発する閣僚らが相次ぎ辞意を表明したことが22日明らかになった。

 首相は前日、与党勢力・保守連合を主導する自由党の党首選に勝利して党内の結束を訴えたが、混乱が収束する兆しはない。

 豪公共放送ABCによると、党首選で落選後に内相を辞任したダットン氏のほか、22日午前までに同氏を支持する閣僚や閣外相ら9人が辞任を申し出た。うち、フィエラバンティウェルズ国際開発・太平洋担当相の辞表が受理された。チオボー貿易相やハント保健相ら8人は「職務にとどまるように」と慰留された。多数派工作に動くダットン氏が近く党首選に再挑戦するとの観測が広がっている。 

【関連記事】
豪州の人口、2500万人に=中印から移民、北朝鮮と同規模
「首相降ろし」かわす=ターンブル氏、党首に再選-豪
豪首相、妻は「大変光栄」=仏大統領の「おいしい夫人」発言に
安倍首相や孫氏ら選出=「影響力ある100人」-米誌タイム
シドニーで和牛の大規模商談会=豪向け輸出17年ぶり再開で

時事通信

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180822-00000078-jij-asia