平成31年度概算要求「あたご」型改修の内容決定

8月31日、防衛省が過去最大の5兆2986億円となる来年度予算の概算要求を決定した。
今回の概算要求には、「イージス・アショア」2基の取得関連費2352億円、弾道ミサイル迎撃用の迎撃ミサイル、SM-3ブロックIB及びSM-3ブロックIIAの取得に、約818億円、巡航ミサイル迎撃用のSM-6迎撃ミサイルの取得に約111億円、そして、イージス艦「あたご」をSM-3ブロックIIA迎撃ミサイルを発射できるようにするための改修に約75億円、ペトリオットPAC-3システム改修に約111億円等、多くの項目を盛り込んでいる。

この背景には、防衛省が8月28日に発表した「2018年版 防衛白書」の情勢評価があるのかもしれない。
防衛白書は、6月に行われた史上初の米朝首脳会談で、北朝鮮の金正恩委員長が、朝鮮半島の完全な非核化に向けた意思を「文書で明確に約束した意義は大きい」と評価する一方で、北朝鮮が日本列島を射程に収める数百発の準中距離弾道ミサイル「ノドン」を実戦配備していることを例にあげ、米朝首脳会談後も脅威についての基本的な認識に変化はないとしている。

従って、防衛省にとって、弾道ミサイル防衛は喫緊の課題であるのだろう。

「あたご」は“イージスBMD5.1“、“CEC“を搭載せず

しかし、今回の概算要求で、注目されたのが、イージス護衛艦「あたご」改修の件。
「あたご」は、日米共同開発の弾道ミサイル迎撃ミサイル、SM-3ブロックIIAを発射できるように改修する、となっている。

SM-3ブロックIIAを発射するためには、イージス艦に「イージスBMD5.1」というシステムを搭載する必要があり、米弾道ミサイル防衛局(MDA)で開発中。

7月30日に横浜の造船所で進水したイージス護衛艦「まや」は、このイージスBMD5.1を搭載する予定だ。
しかし、あたご型はイージスBMD5.1を搭載せず、その前のシステム、イージスBMD5.0または、イージスBMD5.0CUを改修した日本版システムを搭載して、SM-3ブロックIIAを発射できるようにするという。

イージスBMD5.1では、SM-3ブロックIIAの射程の長さを生かすため、他のイージス艦が発射したSM-3迎撃ミサイルを管制するEngage On Remoteという能力が付く。

しかし、この「あたご」型用のイージスBMD5.0または5.0CU改造の日本版システムではこのEngage On Remote能力は付かないという。
さらに、巡航ミサイル防衛 NIFC-CAに決定的に重要と言われるCEC(共同交戦能力)の端末、BYG-7Bは「まや」型には搭載されるが、「あたご」型には搭載されず、巡航ミサイルから日本を防衛することができる海上自衛隊のイージス艦は「まや」型のみとなりそうだ。

「あたご」が持てない遠隔迎撃能力=Engage On Remote

Engage On Remote(遠隔迎撃)能力とは、Aというイージス艦が、他のBというイージス艦、またはイージスアショアにSM-3迎撃ミサイルを発射させて、イージス艦Aが、イージス艦B、または、イージスアショアの発射したSM-3迎撃ミサイルを管制して、弾道ミサイルの迎撃を行うという能力のこと。

この能力を日本防衛に当てはめれば、例えば、ノドン弾道ミサイルが次々に日本に向かって連射され、日本海側のイージス艦がSM-3迎撃ミサイルを撃ち尽くした。

太平洋側のイージス艦には、SM-3迎撃ミサイルが残っているけれども、日本列島の尾根があるため、上昇するノドン弾道ミサイルが日本列島の尾根に隠れて、太平洋側のイージス艦のレーダーで捕捉するのが遅れ、その結果、SM-3迎撃ミサイルの発射のタイミングが間に合わず、迎撃が難しくなるかもしれない。

そうした場合に、ノドンの発射を捕捉していた日本海側のイージス艦が、太平洋側のイージス艦やイージスアショアに「いま、SM-3を発射しろ」と連絡して、その後、日本海側のイージス艦が迎撃ミサイルを誘導する。そうすれば、迎撃の可能性は高まることになるかもしれない。

ここからは推測だが、このEngage On Remote能力が、今後も「あたご」型にはないとすれば、緊迫時には、日本海側に数少ない「まや」型が、展開し続けることが必要になるのではないだろうか。

さらに、海面上低くコースを変えながら飛んでくる巡航ミサイルは、日本海側からのみ、日本を狙ってくるとは考えにくいだろう。
「あたご」型にCEC端末が搭載されないのであれば、巡航ミサイル防衛も当面、「まや型」のみが対応可能と言うことになる。

勿論、横須賀を拠点とする米第7艦隊のイージス艦もEngage On Remoteによる弾道ミサイル防衛や、CECを使う巡航ミサイル防衛に協力はするかもしれないが、それを確実にするためには、政治の力が必要だろう。

日本が知らなければならない米の能力
日米安保条約で、日米は「日本国の施政の下にある領域における、いずれか一方に対する武力攻撃が、自国の平和及び安全を危うくするものであることを認め、自国の憲法上の規定及び手続きに従って共通の危険に対処するように行動することを宣言する」と規定されている。

日米ガイドラインでは、更なる詳細が決められているはずだが、例えば、米イージス艦の一部が保有している、リアルタイムで変化する脅威の評価と味方の個々のイージス艦の能力に対応して、味方のイージス艦の配置をアドバイスするMIPS(海事発達型立案システム)のような能力を日本防衛に活用するためには、そもそも日本側の政治家を含む交渉当事者が、米側の能力を熟知しておく必要があるのではないだろうか。

8月27日、弾道ミサイルの飛翔を監視するたった3機しか存在しない偵察機、コブラボールが、沖縄・嘉手納基地に展開していた。
米朝首脳会談後の現在も、米軍は、日本周辺での弾道ミサイルを警戒しているということかもしれない。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180902-00010000-fnnprimev-int&p=1



みんなの意見


名無しさん
ある意味トランプのような大統領の出現によって、他国頼みの防衛力がいかに危険かという事が良くわかったと思う。

Eagle810
マスコミがガタガタ言う前にしっかりと防衛装備品の補強を敢行して欲しい。

名無しさん
末端兵士の装備も見直して良いのでは?。
ビニールテープで補強しないと使えない小銃や、肩に食い込むバックとか。

名無しさん
備えあれば憂いなし
防衛は大切
戦争するわけでは無い
勘違いしてはいけない。

玉砕
この程度で中国に対抗できるとは思えない。
予算が足らなさすぎる、

トリトキシン
自衛隊こそパワードスーツ必須だろう。フランス式やロシア式の身体補助タイプならすぐにも調達できるはず。災害救助の際に活躍できる。なにもアイアンマンスーツにこだわることはない。

名無しさん
報復に飽和攻撃出来るだけのミサイルを配備した方が効果ありそう。
弾頭も各種織り混ぜて。
お金はかかるねぇ(´・ω・`)

N
ほとんどアメリカ製で大丈夫かな。

名無しさん
費用対効果に見合うものに税金は使ってね。決して貿易不均衡解消のためなら他に使う方法あるでしょうから。

名無しさん
予算の必要な事は沢山あります。
F2の後継機を純国産開発したら予算オーバーなのでしょうね。
将来を考えたら無理してでも独自開発した方が良いのでしょうが、
米国と共同開発になってしまうのは仕方ないかも。
tie*****

名無しさん
システムがちぐはぐに見える件は、何らかの対処予定はあると思うよ
つーかそこを取材してくるのが仕事だろうが

名無しさん
敵基地攻撃能力の保有の議論がぱったりと無くなってしまった。
迎撃能力の向上は必要だが専守防衛を謳うのならまず撃たせないことが肝要なのだが。

名無しさん
まや型で有効と判断すれば、数年後に搭載するかもしれませんね。
まや型或い完全新型イージス艦をさらに建造するのがいいと思います。

名無しさん
巡航ミサイルに対し、これは出来てあれは出来ない?有事の際に何発撃たれるかもしれない状況下でこんな悠長なこと言ってる余裕ないでしょう。100%迎撃出来なければ、人のいない山ばかり狙ってくるわけでなく、都市や原発、軍事施設を中心に狙われる訳だから100%しか意味持たない。1発核が落ちたら終わるんです。それなのにこんな設備何の抑制にもならない。
税金の無駄だ。
日本も制約の裏をかき核を取り入れるべきだ。たとえば米軍基地にとか。非核3原則からしたら違反だが、どうやら日本には核が有るらしい?と濁せばいい。米軍に聞いたが、軍事機密で応えられないと言ってて真意がわからない。と逃げればいい。

tora
イージスも必要だがシステムを無効化されたら終わり。それよりゲームチェンジャーとなる攻撃型ミサイル開発に予算をかけるべき。そのほうがイージスに金かけるより強力な抑止となり安上がり。

名無しさん
アメリカが味方という保証もない

名無しさん
古いイージスシステムを新しくバージョンアップはしかない事だと思います。

名無しさん
何十年もにわたり防衛費をケチったつけ。GNP比2パーセントにしないと。

SRT
装備がどうこうより、働く環境良くしないと新しい人材確保につながらないし、現役の不平不満が払拭することができない。
今は表向きの防衛力よりも、組織の内側の問題こそ改革していかなければ自衛隊の組織は成り立たなくなるやろね。

名無しさん
ミサイル防衛システムの充実を願います。議論や平和憲法ではイザというときに国は守れません。政治家はもっと現実論としての防衛を考えて欲しい。

名無しさん
防衛費GDP2%で良いと思うけど

ヒマジン
だんだん高度化して扱いが難しくなるんでしょうね。
使いこなす人間の方は大丈夫なんですか。
アメリカの技術に頼っていて。
国産にする力は日本にはないのでしょうか??

名無しさん
結局金がないってことだろうな

名無しさん
武器のほとんどが外国製では敵になった時、丸裸同然。

TGO
防衛費て金額で見れば相当な額に見えるけど首都や主要都市が壊滅的ダメージ受けた場合の被害考えればまだ防衛費なら安い・・・というか足りない位て思うんだけど。
あとそれを即座に運用できる法整備が一番じゃないかな

名無しさん
いずれ日本の安全保障の問題はこんな技術的なレベルの話ではないことが明白になる。

名無しさん
今の防衛費は本当に少ない。何故GNP1%以内しないといけないのか?せめて倍、2%にするべきだ。本当に必要なものにお金を使ってくれ。

名無しさん
北朝鮮とか中国の脅威も問題だけど、日本にとってはアメリカからの独立が最大の懸案事項だよね。

名無しさん
どんどん旧式になっていくね。