日本車を運転していた女性がクラクションを鳴らしたのに対し、「親日派」「チョッパリ(日本人に対する蔑称)」などと罵詈(ばり)雑言を吐いたとして、40代の男が警察に立件された。

 忠清北道鎮川警察署が5日に発表したところによると、女性は6月16日午後8時ごろ忠清北道鎮川郡の道路を運転中、男の車が前に割り込んできたためクラクションを鳴らしたという。

 すると男は突然停車して車を降り、女性に向かって「なぜ日本車に乗っているんだ。日本車に乗るチョッパリ」「親日派なのか」などと40秒以上ののしった。このとき女性の車には6歳と5歳の子どもが乗っていた。

 女性は男を侮辱罪で警察に告訴。鎮川署は7月に男を侮辱容疑で在宅のまま立件し、起訴を求める意見を付して書類送検していた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180905-00003770-chosun-kr