北朝鮮では9日、創建70周年を記念する軍事パレードが行われたが、弾道ミサイルは登場しなかった。
一連の祝賀行事は、午前10時ごろから始まり、金委員長は壇上に姿を見せたが、演説は行わなかった。


その後の軍事パレードでは、ICBM(大陸間弾道ミサイル)を含む弾道ミサイルは登場せず、北朝鮮メディアは、パレードの開催自体をまだ報じていない。

北朝鮮としては、アメリカを意識し、非核化に向けた歩み寄りを進めているとアピールする狙いがあったとみられる。

また金委員長が、中国の習近平国家主席の特使の栗戦書常務委員と笑顔で手を取りあう様子も見られ、中国との蜜月ぶりを誇示した。

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20180909-00400530-fnn-int