台風21号による大規模停電は、近畿6府県を中心に延べ約219万戸に及んだ。約3万戸は今も復旧のめどが立っていない。強烈な風で飛んできた屋根や倒木が電柱や電線に当たり機能を失う現象が、広い範囲で起きた。


「台風は大丈夫でしたか」。大阪市西淀川区の市立姫島小学校では6日夜に停電が解消して電話が通じ、7日朝から教員らが児童宅に安否確認をした。7日まで4日連続で休校し、高橋正実校長(59)は「関西電力に連絡が取れずいつ復旧するかわからなかった」。保護者へは別の小学校の校長室からメールで連絡した。「給食の冷凍庫の食料は廃棄した。学校近くの信号機が停電していたので子どもの登下校が心配」と話した。

 大阪府泉南市の大阪晴愛(せいあい)病院は6日未明まで停電が続いた。入院患者は約60人。うち4人は人工呼吸器をつけていたが呼吸器のバッテリーでしのいだ。深美修事務長(67)は「転院先を探したが、どの病院も手いっぱいで見つからなかった」。非常用電源はあるが院内は薄暗く、病室にランタンを置いた。5日は休診にしたが50人ほどの患者が訪れて薬を渡すなどした。中国電力の電源車が来て停電は解消されたが、「停電が怖いので節電を続けている」。

 関西電力によると、和歌山県や京都府の山間部など約3万戸は、現場に向かう道路に倒木や倒壊した電柱があって作業員が立ち入れない。1995年の阪神・淡路大震災では1週間で停電が解消されたが、担当者は「震災は神戸市中心部などに被害が集中した。今回は被害が広範囲に及んだことも長期化に影響した」と説明する。

 ただ、発電所や鉄塔に影響はなく、主な被害は電柱や電線、変圧器。関電はほかの電力会社に40台の電源車の派遣を依頼したほか、住宅1戸の電力を賄えるポータブル発電機550台を用意し、自治体を通じて人工透析患者らに貸し出した。

■電柱被害は800本超

 台風の被害を受けた電柱は、近畿6府県で800本を超えた。電柱は最大で風速40メートルの猛烈な風にも耐えられる設計だったが、今回は飛来物が当たって想定を超える力が加わったという。

 近畿を通過した4日の最大風速は、和歌山市で39・7メートル(最大瞬間風速57・4メートル)、大阪市で27・3メートル(同47・4メートル)、大阪府南部の熊取町で26・8メートル(同51・2メートル)。関電の担当者は「強風で飛ばされたトタン屋根や倒れた木が電柱や電線にひっかかり、想定の風速よりもさらに大きな力が加わった」とみる。

 対策としては、電柱の直径を太くしたり、電線を地中化したりする方法が考えられるが、いずれも工事のコストや地震のリスクなどの課題があるという。担当者は「飛来物への対応は自社だけでは限界がある」と話した。

■システムダウンで苦情殺到

 大規模停電の影響で、停電範囲を送配電の状況から自動的に把握する関電のシステムにも障害が発生した。

 2004年8月の台風16号では関電管内の56万戸が停電した経験から、同規模の停電情報は把握できるようにシステムを増強していた。だが今回の停電規模はこの約4倍。停電情報が集中し、システムの処理能力が追いつかなくなった。

 関電はこの停電情報システムを利用し、ホームページを通じて停電地域や復旧状況を利用者に提供していた。だが、4日午後から6日夜までシステムが停止し、関電や自治体に問い合わせの電話が殺到した。

 関電はオペレーターを100人増の500人態勢にしたが、電話がつながりにくい状況が続いた。ただ、つながっても、システム停止で十分な情報提供ができなかった。

 大阪府岸和田市の市役所本庁舎は4日に一時停電して守衛室の電話しか使えなくなったが、「関電に電話がつながらない」などの電話が鳴りっぱなしだった。

 大阪府幹部は7日、府庁に関電幹部を呼び、「市町村にものすごいたくさんの苦情が入り、災害対応に支障があった」と苦言を呈した。関電の担当者は同日の会見で、「対応は十分ではなかった」と謝罪し、「反省して知恵を出しながら対策を考えたい」と話した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180909-00000005-asahi-soci

みんなの意見


名無しさん
関電工はじめ他の電工の皆様
お疲れ様です。
お体に気をつけて
頑張ってください。

名無しさん
今回の停電は一部孤立が多く、すぐそこは灯りがついているのに…という停電でした。
そのために、市も関電も把握できていなかったようです。手を上げてやっと気づいてもらえるという感じで、避難所の設置も停電2日目の夕方でした。
関電のHPには、ここに公開されている地域以外で停電している地域があれば知らせてください…となっているので…
未だに把握できていない箇所もあるのかも
しれないです。
2日停電しただけでも、みんな言葉数少なくなり暑さで体力奪われてかなり辛かったのに、まだ復旧していない地域の方は限界が近いのではと心配です。
自衛隊の方々の力も借りるなどするべきではないでしょうか。

ワーズワースの庭
自然の驚異に対応できず、被害が眼の前で現実のものとなっている防災も、少子化・人口減対策と同様、卑近の最重要国家課題として、取り組む必要があるかと存じます。
安倍さんが最重要課題に掲げる防衛問題、憲法改正とこの2つの課題を両天秤にかけることは難しいのですが、実際に死者が相次いでいる、産業がストップしている、ライフラインが寸断されている現状を鑑み、同等かそれ以上の重みがある気がいたします。

名無しさん
北海道の地震が起きて報道が北海道一色になった傾向があるけど、関西の台風被害も相当な影響を及ぼしてるんだよな。

名無しさん
このようなタイトルだと、いかにも電力会社の対策が悪いような印象を受けるが、記事にもあるように山間部などは地中化するのは無駄だし、当然費用もかかる。
では、都市部だけでも地中化は?というと、万が一水没してしまえば、停電してしまい、電柱の方が良かったという事になりかねない。
大都市の海抜0m以下の土地では、地中化による弊害もある事を考えるべきだと思う。

hrm
我が家も丸2日停電だったので、台風被害がどのように報道されてたのかわからないけど、復旧してテレビをつけたら、どこの局も北海道のことばかりで、近畿の被害のことは忘れ去られてしまったよう。
今も停電断水で不自由な生活を強いられてる地域が多数あるのに。
各局同じニュースばかりの偏った報道の仕方は何とかならないのでしょうか。
あとこういう状況の時に吉澤ひとみに長い時間をとる必要があるのかな。

名無しさん
無電柱化を言われてる方多いですが、私の住んでる市でそれを売りにしてる住宅地がありますが土地の値段が相場の倍以上約1000万以上です。
それを自分で負担できるのですか?
国や電力会社にさせたらいいって言っても税金や電気代がものすごく増えます。
それなら発電機を買うとか自己努力で対応してしばらくは我慢する方がいいのではと思います。
想定外のことはこれからもどんどん起こりますよ
最後に被害に遭われた方の一日も早い復旧をお祈りします。

名無しさん
関西電力は良くやってるんじゃないかと思うけど・・そりゃまあ、改善できる余地があるならやったほうがいいけど、コストがかかるならどこまでやればいいのやら?だしね(どっかの教授が「今回の台風を特別だと思わないほうがいい」とは言ってたが・・)
オペレータの数はコストの問題と言うより質の問題だろう・・急ごしらえのオペレータじゃ、増やしたところでクレームに満足に対応できるとは思えない(最終的に現場の上司が対応するわけだが、これも限界がある)。100人増やしただけでも良くやったなと思うよ(実際に人を増やしたのは業務受託コールセンターじゃないかと思うが)
とりあえず市役所に苦情を入れても何にもならないのでは?気持ちはわからなくもないけど・・市役所業務の支障になるのは誰も得しない

名無しさん
私の居住地域は4日めに復旧しましたが、
近隣ではまだ真っ暗な地域があります。
1日めは不便ながらも災害だし仕方ない、
明日には点くだろうと楽観視してましたが、
車のテレビやスマホでニュースをチェックし、会見で目処が立たないと聞いて以来、
2日3日と過ぎるにつれ不安だけが募りました。
水が使えた事、ガソリンが満タンだった事、
猛暑時に比べ気温がまだ低かった事、
オール電化で台所が使えないものの
幸いタンクのお湯が使えたため入浴できた事もあり乗りきれましたが、
高齢者やペットもいるので、長期化すれば
関西電力が悪い訳ではないのにイライラが募り、身体的精神的なダメージは計り知れなかったかもしれません。断水地域は尚更でしょう。
1日も早い完全復旧を願いますが、
作業に当たられる方の事故の無いように。

politics
うちの地域の小学校も結局、先週いっぱい停電で休みだった。
ガラスは割れ、停電&断水で、本来こういう時に避難所になるはずの学校が、全くその機能が果たせる状態ではなかった。
実際、避難所にはならずじまい。
地震が来たとしても、古いあの小学校では、またやられて避難所機能は果たせないと思う。
でも、避難場所に指定されてるんだよね。
中学だけじゃ、地域住民全員を受け入れるキャパはないし、地域の問題が今回の台風で浮き彫りになった感じ。
yya*****

名無しさん
電力会社への連絡ですが
電線から火花が出ていて火災の危険がある等
緊急以外はすべきではありません。
本当に緊急の方への対応が遅れます。
電気復旧の見通しがとおっていたらお知らせするし
原因が分かっていれば順次対処します。
ただ今回は土砂崩れもあり
山岳では把握できていないのも事実。
大変なのはお察し致しますが
オペレーターの気持ちを考えてください。
自分の家が未だ停電で大変な方も
出勤して電話対応しています。
苛立ちをぶつけるなら
台風へぶつけてくださいよ。
オペレーターへ苛立ちをぶつけるのはお門違い。
モンペ以外の何者でもありません。
恥じるべき行為です。
オペレーターの方
現場作業員の方
お疲れさまです。
ありがとうございます。

名無しさん
こういう時こそNHKはじめ全国メディアは、全国区ネットワークを活かしての全国停電マップを作っては?単発の報道だけでは、北海道、大阪、岐阜など台風と地震が重なって、被害の全容を把握しきれない。どこに支援していいか見極めるのも難しい。被災者に張り付いてインタビューするだけじゃなく、災害時のメディアの役割はもっとあると思う。

名無しさん
こういった停電が原因で病院のクーラーが停止した場合でも患者が熱中症を発症したら病院が責められるのだろうか?
私の病院でも停電になり、自家発電が起動したが最低限の電力(非常灯と極一部のコンセント)しか供給出来ずエレベーターも停止。職員が地下にある給食から5階まで階段を運んで対応しました。当然エアコンどころか扇風機も動かず、冷凍庫も停止したので氷枕やアイスノンなどクーリングも出来ず水分補給でしのぎました。幸い猛暑日でなかった事と早めに電気が復旧したので被害は生じませんでしたが、こういう状態では他院への受け入れは不可能(交通網含め)です。職員も自分の家すら停電になっているのに長時間かけて通勤し懐中電灯片手に蒸し暑い中仕事しました。
こういった状況でも患者に熱中症が発生したら病院が責められるのだろうか?
例のクーラー故障で熱中症の事件(事故?)があったのでこういう事態になると考えてしまいます。

試されるアラサー
電線の地中化が叫ばれているけど、費用の面だけでなく、高潮や漏水で浸水したときの復旧リスクを抱えている。液状化や土砂崩れが起きたときも、地中化した電線では復旧が大幅に遅れると思う。
災害大国日本においては、電柱のままであろうが地中化しようが、災害へのリスクは大差ないのでは。むしろどんな状況でも復旧が早い電柱の方が良いのではないかなと感じる。

名無しさん
災害続きの状況で電気、水道のライフラインがいかに重要かようやく身に染みてきたことと思います。
こんな時に電力自由化とか電力会社の分社化とかどう考えてもライフラインを破壊しているようにしか思えません。
実際に電力会社の設備投資が滞り、設備維持が現在でもぎりぎりの綱渡り状態です。
もう一度ライフラインの強化に向けた、実情に沿う考え直しが必要だと思います。
携帯電話会社やガス会社や商社が電力を送れるわけではありません。
各需要家まで電力を送電できるのは、電力会社だけです。

うかれぽんち
電気関係の職の方無休で頑張ってくれてありがとうございます!同じ被害遭った人の心無い言葉もありますが、気持ちも分かってあげてくださいね!まあアホな発言は辞めて欲しいけど

******
4日からずっと電話していたが、関電さんには繋がらず、翌日の朝から町内で男性有志が道路を塞いでいる倒木の移動をし、女性には関電に電話
9時過ぎに、やっと呼び出し音になり、電話つながったが、しばらくお待ちくださいのアナウンスが40分近くながれ、やっと電話が繋がり、復旧依頼をお願いしたら、12時過ぎに関電さん到着して、復旧できました
町内が孤立した状態で、30本近くの倒木の処理等、自分たちでやらなくてはならず、倒木処理していなければ、関電さんも車がいつまでも来れなかったと思います
また、関電さんのHP上で現在停電の報告を受けている地区を出してくだされれば、電話が集中することはなく、関電も必要数以上の電話対応しなくても良かったのではないでしょうか?

名無しさん
大規模災害なのに国や自治体は動いてるのでしょうか?地震でないと動かないのかな。
災害で停電なのに電力会社が全ての責任かのような報道も目立つ。個人の対策も必要と思う。

???
公共工事への風当たりが強い時代が続いて、
建設土木の従事者が減り、インフラ整備が滞るようになっている。
知り合いの建設業の人が「現場は年寄りばかりで老人ホーム」なんて自虐を言っていた。
これからさらに深刻な状況に陥っていくと思う。

5あきうえ
関電に電話したところで直るわけじゃないからなぁ
山間地などの寸断されやすい地域に住むんだったら発電機を買う等の対策が必要だろう

名無しさん
今回の台風被害は規模が広範囲に渡り、我が家も丸4日停電でした。
関電は悪くないのになぜ謝罪を求める声が多数なのか不思議です。
現状やれる事は懸命にされているだろうし、家から山間部の方は電柱や木々の倒壊しているのに、それでも昼夜関係なく復旧作業されています。
関電の作業員さん、自身もそのご家族も大変だと思うのに……本当に有難うございます。感謝の気持ちしかないです。
連日の復旧作業で体調も気がかりですが今日も雨で足場も悪いので、どうかケガなどないようお気をつけ下さい。

名無しさん
家の中の物はほとんど電気で動いてるよね。
日々の何気ないスイッチの操作、リモコンの操作、スマホの充電やら…
電気のありがたみに感謝。
電力さんお疲れさまでした。
残りの復旧は大変危険な箇所ばかりだと思いますが、気をつけて作業に当たって下さいね。

名無しさん
平成30年間、生産人口がどんどん減りGDPも停滞したのに、日本は繁栄を維持し続けた。
だけどその実、全ての社会コストはギリギリを超えて削られ続けた。
俺らが信じてる「安全で強靭な日本」は、老人の骨のようにスカスカでもろくなってるのかもしれない。平成の次の時代は、もろさが一気に吹き出てこないとも限らない。
いろいろと考えるべき時期だ。従業者の自己犠牲だけに頼ったインフラ維持が本当にできるのか。

名無しさん
苦情言って電気がくると思うのか。
修理が終わらんと電気はこないよ。人任せのくせに勝手な。
90年代の台風の時は、都市部から修繕していくので、田舎方面は一週間待たされましたよ。
だから、遠くからの送電に頼るより、より近くで自前の発電所を持っているほうが、対応が早いでしょと思ってたんだが。
電力会社一つくらいでは対応できるわけないのに、よくやってはると思うよ。送配電網も別口で自前で持つ必要があるな。
それよりも各地の太陽光パネルが大被害で、メガソーラーなんか壊滅らしいのに、一切ニュースにならない。
まるでソーラーに関しては、悪いニュースは流すなと情報統制されているみだいだ。
一番危険で、壊れても発電はし続ける厄介者。
もっとデメリットの方が知られるべき。

名無しさん
電線を地中に埋めたら、被害はもっと大きくなる。
都市部なんて瓦礫の撤去で手一杯になり、修復作業は無理だろう。
電気はインスタントな設備の方が合理的だと思う。
震災では傾いた電柱でも、トラック一台で点検整備ができたが、地中にあっては重機と作業スペースが必要。
景観重視なんて老人のアホな思い付きでしかない。老人を埋めるべきだ。

名無しさん
久しぶりに長時間の停電で改めて電気のある生活の大切さを痛感しました、16時間程の停電でしたがかなり不便な生活でした、原発問題も含めエネルギーの大切さを考えさせられる台風でした。

名無しさん
ソーラーパネルが大きな被害をもたらしていることを報道しないのは何故ですか?

名無しさん
北海道が地震で大変なのもわかりますが、
関西も大変なんです。もっと報道してください。批判ではなく、どうしたらいいか、これからどこで起きてもおかしくないので。
関電さん、関係各所の方々復旧のためにありがとうございます。

syonan
停電について、不満や苦情を思いついても、口に出したり、書いたりしないほうが良いと思います。時間が可決してくれます。
その間に、電気があることの幸せを思い出してください。
電気に感謝し、普及に努めてる人々に、感謝しましょう。
電気や道路の復帰が進まない場所に住み続けてきたことを後悔しましょう。

名無しさん
北海道の停電より深刻。発電施設が停止した停電なら稼働を始めれば解決は早いが、送電網が広範囲で寸断した場合はかなり時間が掛かる。

名無しさん
同じ関西でも、大阪の、地震や、今回の台風の後の報道も、目にする回数は少ないと思います。次つぎ起こる災害が、あったとしても、関西のテレビ局の報道は少ないと感じてしまった。バランスを判断する方がたの声を、聞いてみたい。コメントで、いろいろたいへんな状況を知ることができました。少しづつでも報道し続けないと、あっという間に忘れ去られてしまう。

名無しさん
災害の度にいつも思いますが、日本は海に囲まれていながら、災害救援用の船を何故作らないのでしょうか?全国で一万トン級の医療施設及び宿泊施設を備えた船が五隻程あればいいのになって素人考えで思います。

名無しさん
組織の災害等への備えを無駄と見るか組織の体力(層の厚さ)と見るかはトップの方の考え方次第でしょう。関空の基礎の弱さは当初より言われていたと思いますが、わかっていてこの造りにしたのだから、この状況は組織のトップの方からすれば想定内で災害とは言えないと思いますが。

名無しさん
尼崎市民です。我が家も3日目の夕方まで停電と断水しました。今回の様な大規模な災害時には関電のシステムには限界があるのでは?例えば関電のHPに災害用掲示板などを設置して、こちらから『○○何丁目○番停電中』等を書き込み出来る様に出来ないのでしょうか?全てを関電側で把握しようとする事こそ無謀な気がします。200万世帯を超える停電を500人体制の電話対応では無理でしょ?それなら500人が掲示板を見て情報を把握する方が確実な気がします。

名無しさん
原発ゼロは理想だけど現実問題として、すぐ実現するには問題がありすぎると改めて思った。

名無しさん
府民、市民も落ち着いて行動できるように。関電に電話がつながらないから市役所に電話するとか意味がわからない…。今回の停電では、関電に停電してることが伝わってないのではないか?と疑問に感じてる人が多かったようだが、電話し過ぎるのもどうかと。

名無しさん
複合的な理由と思いますが、根底に「台風に対する備え」の差だと思います。ニュースやネット動画で様子を拝見しました。台風がやってくるのに雨戸を締めていない ← 外の映像を撮っていて、近隣家屋の屋根が飛び、ガラスに衝突するシーンを拝見しました。
ベランダにものを置いたまま ← ソファのようなものが煽られて飛んでいきました
当方、台風常襲地帯の住民です。住民意識がこの程度では、すべての電線を地中化しないと停電は避けられないのでは?

名無しさん
職場が停電したけど、次の日には復旧してました。
上司の家は、3日間停電してたらしいです。
電気が無い生活がいかに不便か思い知らされます。
関電の方々、素早い復旧ありがとうございます。

名無しさん
どんな時でも《苦情を言わなければ気が済まない人間》が多数いた事にガッカリです。良く電車が止まったりすると駅員に詰め寄る人がいるけど、駅員だって文句言われても困るしそれで電車が走るようになる訳でもない。
今回の停電だって自治体に苦情入れてどうして欲しいの?って感じ。復旧にあたる電力会社の人間だって頑張ってるはずなのにね。
大変なのは分かるけど、文句を言う前に「まず出来る事から始めましょう」と言いたい。