【AFP=時事】四大大会(グランドスラム)通算18勝を誇る女子テニスの元王者マルチナ・ナブラチロワ(Martina Navratilova)氏が、全米オープンテニス(US Open Tennis Championships 2018)女子シングルス決勝でのセレーナ・ウィリアムス(Serena Williams、米国)に対する罰則について言及し、性別によって二重基準があることを認めながらも、同選手が感情を爆発させたのは間違っていたという認識を示した。

チェコ出身で米国籍を持つ61歳のナブラチロワ氏は、問題の試合の第2セットにセレーナがカルロス・ラモス(Carlos Ramos)主審を「盗人」呼ばわりして勝負を左右するゲーム・ペナルティーを受けたことについて、より高い基準が検討される必要があると主張。米紙ニューヨーク・タイムズ(New York Times)の記事で、「自分たちが免れることができるはずと考えていることによって、自分を評価してはならない。実際のところ、これはコート上で誰がやってもいけない振る舞いである」と自身の見解を述べた。

 大坂なおみ(Naomi Osaka)に敗れてグランドスラムのシングルス史上最多記録に並ぶ通算24勝目を逃したセレーナは、自身がペナルティーを科された問題について、男子であればもっと悪質な暴言を吐いても同様の罰則を受けることはないと主張した。

「セレーナ・ウィリアムスの主張は一部正しい。女子が悪い振る舞いをすると罰せられるという大きな二重基準が存在するのは、テニス界に限ったことではない。ただ、彼女の反論については部分的に間違いもある。『男子なら許されることは、女子もそうあるべき』という基準を当てはめるのは適切な考えとは言えない」

「それよりも、私たちが自分自身に問いかけるべきなのは、私たちのスポーツに誇りを示し、対戦相手を敬うための正しい振る舞いとは何か?ということ」

 当日の試合でセレーナは、スタンド席にいたコーチのパトリック・ムラトグルー(Patrick Mouratoglou)氏から指導を受けたとして警告を受けた。同氏もコーチングを認めているが、このコードバイオレーションに不満をあらわにしたセレーナは、ラモス主審に何の合図も受け取っていないと主張。その後、ラケットを破壊してポイント・ペナルティーを科されると、同主審に激しい暴言を浴びせた。

 ナブラチロワ氏の分析では、「ラモス氏は実際、ポイント・ペナルティーを科すしか選択肢はなかった」、「ミス・ウィリアムスは、このときを境にまさに手に負えなくなった。彼女とラモス氏は、互いに話がかみ合わなくなった」、「不正をしていないという彼女の主張は、完全に信じられるものであっても、それはまた別の問題。一方、主審があの時点で行ったコールは、慎重さが欠けていた」とされている。

 そして、セレーナがラモス主審を「盗人」呼ばわりしたことが事態をエスカレートさせ、致命的なゲーム・ペナルティーにつながった。

「ミス・ウィリアムスが男子選手だったら、審判を泥棒呼ばわりしてもおとがめなしだったかどうかは、知る由もないし議論の余地がある。しかし、この点にばかり焦点を当てるのは的外れなこと。仮に同様の問題において、男子には違う尺度が適用されているとすれば、それは完全に精査が必要であり、改善されるべき問題だ」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180911-00000032-jij_afp-spo

みんなの意見


名無しさん
ダブルスタンダードはあるのは確かだけど
男子ではペナルティにならないから
私もペナルティじゃないというのは違う。
ルール上はセレーナの行為は十分ペナルティになる。
セレーナが本当に差別にたいして憤っているなら
自分のペナルティは認めた上で
男子にもきちんとルールに則ったペナルティを
下すように主張すべき。

オロチ=バカ杉≈火病 屑垢撲滅委員会 P
ナブラチロワさんの現役時代のプレースタイルはサーブを打つと何の考えもなしにネットに詰める印象のある選手でしたが今回の問題に対する意見は一歩引いた位置から大変冷静に述べられていて全くもって正しい意見だと思います。
この問題は、男子選手なら許されてた、とか言う問題ではなく自分がスポーツ選手として対戦相手にどれだけ敬意をもって試合に臨んでいるのか?というその人の心構えの問題であり、他人を評価基準にし自分を正当化するものではありません。
今回の件でセリーナは自らで自らの品位を貶めました。
人として、またいちスポーツ選手として大変残念な行為でした。

名無しさん
老獅子が若獅子に追い詰められ必死に食らいつこうともがいたが、どうにも食らいつく事が出来ず 別の獲物に食らいついた感じがしてならない。
男女の選手の審判の違いが問題視されているが、男女混合試合では無い 女性同士の戦いである。別問題と思うが

名無しさん
凄く理知的な意見だね。
ウィリアムズの言ってることって「他にスピード違反をスルーされている車があるんだから、私のスピード違反も見逃せ!」ってことでしょ。あり得ないよ。
本来あってはならない意見だけど、今回の彼女の行為は差別主義者に「だから女は」と揶揄される可能性を自ら作ってしまったと思う。
彼女が口で言うほど差別と戦う気があるのなら、最初の反則の指摘の時点で不満を呑み込んで、素晴らしいプレーをすることが最善だったと思う。
そうすれば勝つにしろ負けるにしろ「あの反則のジャッジはおかしいんじゃないの?」という声が周りから起こったかもしれないし、そこから男女差別の問題も語れたと思うよ。

名無しさん
スポーツにはルールがある。
選手はそれを承知の上でプレーしている訳だから、裁きを受けて当然。
それを裁く審判に抗議をするのは、もってのほか。
ルール違反であれば、罰せられて当然。
でも、間違いは誰にでもある事。
セレーナの、次回の態度に注目。
また、同じ事をするようであれば、それまでの選手です。

名無しさん
性差別があるのだとしても、
『男子なら許されることは、女子もそうあるべき』と言ってしまったら、
ルールなんてあってないようなものになってしまう
同時に、それは「自分は違反している」と言っているのと同じだ
であれば、違反を取らないわけないだろ
ルールはルール
厳正に適用すべき
男子が、女子がなんて関係ない

この審判が、そもそも
男子に甘く、女子に厳しいのであればダブルスタンダードはやめてくれ!と言えると思うが、今回はそういうケースではない
審判は自分の仕事をしただけだ
それに対する批判は、的外れだし、
アナーキーな抗議だ

ホームで大勢の観客を味方につけて、
調子こいたのか?
グランドスラムの最多優勝かなんか知らんが、あんたを優遇したら、それこそルールに反することになる
ランキング500位でも、ランキングトップでも、
ベテランでも、若手でも、
同じルールの下にやらなければならない


名無しさん
提供したラケットを折られるスポンサーも複数な気持ちだろう。
差別云々よりも、子どもに見せられない抗議の仕方だったと思う。
ファンもいい気持ちがしなかったと思う。むしろ幻滅という人もいるのでは?
今回は大坂選手は全てに於いて充実していて、セリーナを上回っただけ。勝負とはそういうものだと思う。
そして、試合が終わったら勝者を称えないのなら、そんなスポーツはつまらない。

名無しさん
ダブルスタンダードがあるのかは分かりませんが、あったとして、だからペナルティーを取るなと主張し、それを認めたとしたら、どうなるのでしょうか。泥沼ではありませんか?その場で、正しい判断をしたのであれば、それを認めなければ、何時までも改善は図られないことになります。性差別とか、ダブルスタンダードとかで騒ぐのは、論点をずらしているとしか
思えませんが。

名無しさん
フェミニストの年期と格が違う、って感じですね。
・・・と言われてしまうから、セレナには自分を律して欲しかった。
今大会の「キリオス激励事件」はフェデラーの、「セリーナ激高事件」はナブラチロワの見解が一番的確だと感じます。

名無しさん
まぁ、怒りを表に出してしまう人は、人としての成長が足りない。
まして、他人に怒りをぶつける人は人としての品位が足りない。

名無しさん
セレーナの行動を高潔とか言ってるITF
泥棒とかラケット破壊する以外にいくらでも高潔な抗議方法があることを知らない
高潔なら、なおみをねじ伏せて(ねじ伏せなくてもよいけど)試合を終えて、それから正式に抗議すれば良い
めちゃくちゃやって全てをまきこんで壊してどこが高潔なんだ
性差別に怒ることと大会をめちゃくちゃにすることを分ける理性がない

名無しさん
一気にセレーナの事が嫌いになりました。
世界ランクトップのプレーヤーがグランドスラムの決勝の最中に審判に対して激昂するなんてありえないと思います。自分の弱さを露呈しただけ。
セレーナを擁護するコメントをしている人が理解できない。セレーナは審判に対しても、大坂選手に対しても、テニス協会に対しても謝罪すべき。それぐらい酷い、醜い行動だったと思う。

名無しさん
男子なら許されるとか、そういう問題ではありません。審判に対して指を指して怒る、かつ盗人呼ばわりするという行為が、男子なら、許される許されないというレベルではなく、世界一を争う場で、テニスをしている少年少女たちに模範になる行為か、というのを冷静に考えるべきかと。
審判を批判するのは、私は問題のすり替えかと思います。

名無しさん
グランドスラムの女子の試合は3セットマッチなのに男子は5セットマッチ。試合時間は女子の方がはるかに短いのに賞金は男子と同じ。これは女子が優遇され過ぎていると思います。セレーナが性差別だと言うならば女子も男子と同じ5セットマッチにしたら良いと思います。

名無しさん
完全に言う通りだと思う。
男女でペナルティ適用に差があるのは問題。
だけど、セレーナがした振る舞いが正しいわけではない。
コーチからの指示もセレーナは気づいていなかったかもしれない。
しかしコーチはセレーナのコーチであり、本人も認めている以上ペナルティは仕方ない。
差別を訴えることと暴言を吐いていいことはイコールではない。

名無しさん
ライブで見てたけど、セリーナ、
ペナルティ取られても、しかたないしつこさだった。
激昂していて言葉づかいが悪すぎた。
審判に対して敬意がなく『liar』(うそつき)呼ばわりは、
ひどかった。これはダメだな・・と思っていたら、
やっぱりペナルティ取られた。
品位に欠けていたから、しかたがない。
米国だから、そんな審判に対してブーイングが起きたけど、ヨーロッパだったら当然のこととして受け取られたはず。
それに米国の観客、試合が始まっても着席せずウロウロ、行儀の悪い方が多い印象だった。
まあ、彼女の場合、過去にもいろいろあったし、
黒人として長期間活躍してきてトラウマもありそう。
過去にあったことに対して感情のボタンを押され、
スイッチが入っちゃって、激昂につながったのかもしれない。
せっかく女王の雰囲気だったのに、
昔から変わってないなと思ってしまった。
イメージダウン。損。

名無しさん
冷静かつ客観的な意見。
もしセリーナではなく、なおみさんが同じことをしたら、アメリカのメディアはどう報じただろう?

名無しさん
冷静且つ正しい意見だと思います。流石、往年の名選手。

名無しさん
今回の審判の判断と
男女格差について同列で議論すること自体がおかしい。
男子が許されるのになぜ女子は?と言う前に、ルールを守って戦っている大坂選手と自分の行いを冷静に比較すべき。
本当の女王の取るべき姿勢は、それで自ずと分かるはず。

名無しさん
ナブラチロワは、現役時代それまでアマチュアに毛の生えた程度だった女子プロテニスの地位を向上させるためにトーナメントが終わったらその足でライバル選手たちと地位向上のためにどうするべきかを話し合う会議を催して尽力したそうだ。
クリス・エバートやグラフといった先人たちの努力によって向上した女子プロテニスプレイヤーの地位を汚すようなことは、いくらセレーナとはいえやってはいけないことだ。

名無しさん
冷静でいい意見だと思う
だけどあんだけクソしつこかったら男子でもなんかペナルティ食らってたんじゃねとは思う
それに男子と女子で基準が違っても別に問題ないと思うけどね。
試合してるのは同じ基準でやってるもの同士だからね

名無しさん
結局のところ、二人とも同じ条件で試合したんだよね。
アメリカの的外れな議論は今に始まったことではない。
いづれにせよ、セレーナは大坂に謝罪すべきなのは間違いない。

ぬーさん
自分は母親だと大きな声でまくしたててたけど、セリーナさんは自分の子供が気に入らないからおもちゃを壊すことを良しとするのだろうか
ラケットのスポンサーも契約にラケットを故意に壊さないことを入れるべき
自分達が一生懸命作ったラケットをまるでラケットが悪いからいけないかのように叩き壊すことはイメージダウンだと思う

名無しさん
数あるコメントの中でナブラチロワさんのコメントが一番冷静で納得いくものでした。
その通りだと思います。
まずアレは「やってはいけない行為」であり、セリーナはそれを反省し謝罪する必要がある。
その一方で性差別であるかどうか、二重基準であるかどうか、については別の議論が必要。

バナナコーラ
>より高い基準が検討される必要があると主張
>自分たちが免れることができるはずと考えていることによって
>自分を評価してはならない
う~ん訳が分かりにくいぞAFP爺。

名無しさん
男子だとお咎めなしであったとしても、
またこの審判が他の試合で、同じ状況で別の判定をしたとしても、
その判定が問題視されるべきで、今回の試合の判定が間違いであるという事にはならない。

名無しさん
おっしゃる通り。
セレーナ:男子も言ってるじゃん!
コーチ:他のコーチもやってるじゃん!
小学生の言い訳か。
他人がどうこうではない。自分が何をしたのか考えてみるが良い。

名無しさん
負けそうだと感じて途中から審判を刺激して性差別を訴える場に利用してしまったのかな?男子ならペナルティを取らないと分かっててあえて審判を刺激して客を巻き込んだルール論争にした罪は?
本来優勝台で輝けるはずの選手の笑顔が見れなかったのは残念。

名無しさん
セリーナがどんなに偉大な選手であろうが、男子との基準の問題があろうが、今回の行為は正当化できない。

名無しさん
野球やサッカーであれだけ審判に暴言を吐いたら退場レベル。テニスであってもそうあるべき。表彰式での話が美談になってるが、まず自分のせいでこんなことになってごめんなさいと一言大坂に謝るぐらいしてほしかった。

名無しさん
このゲームの主審が女性だったら、一体どういう話になったんだろう…。それにしても。マッケンローって、一体いつの時代の話をしてるんだ?過去にはお咎めナシでも、今やったらアウト…なんていう二重基準なら、いくらでもあるんじゃないか?

geo
あまりにも醜くかった。
ブレイクを簡単に取り返されて、パニックに陥ったように見えたよ。
セリーナはこの時悟ったはずだ。
もう二度とナオミには勝てないことを。
それが、今回の事件を引き起こした。

名無しさん
自分は弱いと宣言してるようなものだからね。
スポーツに限らずどの分野も本当に強いかどうか問われるのは、最後はメンタル。

名無しさん
とてもしっくりくるナブラチロワさんの見解。

名無しさん
いろいろ差し引いても完全に試合内容で大坂がまさっていた。文句を言えばいうほど恥の上塗り。トッププレーヤーとしての負け方もあるだろうに。残念だね。

Изумрудныйгротψ
公平性が高く思慮に満ちた完璧なコメントだ。
敬意を表するに値する。

暴言を吐いて狂騒的に暴れまくった選手本人も、冷静に読んで、考えてほしい。


名無しさん
どんなに審判に対して納得いかない判定が出ても、日本人は審判に対して盗人とはいわないし、ましてや謝れなどと言わないと思う。セリーナのおごりから出た行動と思いますね。性別問題にすり替えるのは今回は違うと思います。

b
この審判は、全英でジョコビッチに、錦織はラケット投げてもペナルティなくて、自分だけあったから、ダブルスタンダードだと言われてた。
言われすぎるのは、厳しいからか?
この審判は錦織のは見てなかったと言っちゃったし、正直すぎるやろって思った。
あのジョコビッチは必死だったなー。
セリーナみてたら、もっとペナルティ与えてもよかったんじゃないかと思った。

名無しさん
あのような審判を侮辱する行為は別のスポーツなら一発退場でしょう。
それを許すテニスってどうなのって思っちゃう。

名無しさん
男子選手は主審に抗議しても泣き叫んだり審判の人格否定をするような抗議を執拗にしたりしない。
大昔に審判や試合相手にやっていた選手はナスターゼ、コナーズ、マッケンローもあそこまでしつこくない。