イタリア北部で、「お宝」が発掘された。

壊れた古いつぼの中に入っているのは、ピカピカの金貨。

これは、イタリア北部にある劇場跡地の住宅建設現場で、先週発掘されたもので、全部で300枚ある。

金貨は、5世紀ごろのものとみられているが、保存状態は良好で、専門家は「非常に大きな発見だ。その価値は計り知れない」と話している。

つぼは、地下1メートルほどのところで発見され、専門家によると、「何かあった際に、いつでも掘り出せるような埋め方だった」という。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180912-00010008-houdoukvq-int