事件の顛末
 2018年8月27日の夜、その殺人事件は江蘇省東南部の昆山市で発生した。

 同日21時30分頃、劉海龍の運転する乗用車(BMW)が昆山市の震川路を西進して順帆路との交差点に差し掛かった時、劉海龍がハンドルを強引に右に切って軽車両専用道路へ侵入したため、軽車両専用道路を走行していた於海明が乗る自転車と接触しそうになった。

 これに怒った劉海龍は車を急停止させて下車すると、間一髪で危険を回避して怒りを抑えていた於海明の所へ駆け寄って罵声を浴びせた。売り言葉に買い言葉、自転車から降りた於海明と劉海龍の間で激しい言い争いになった。

 BMWに同乗していた男1人と女2人の説得を受けて一度は車に戻った劉海龍は、すぐに再度下車して於海明の所へ走り寄り、於海明を抑え付けると殴ったり蹴ったりした。

 仲間の女2人が暴行を止めるよう忠告したにもかかわらず、劉海龍は聞く耳を持たぬ様子で暴行を続けた。

 そうこうするうちに、劉海龍は突然にBMWへ取って返すと、車の中から刃渡り43cmで刃先が鋭く尖った両刃のタガ-ナイフを持ち出して於海明に襲いかかった。劉海龍はナイフを振り回して於海明の首や腰、腿に切りつけたが、柄が血に染まったからか、振り上げた手からナイフがすっぽ抜けて地上へ落ちた。

 これをチャンスと見た於海明は、ナイフを拾うとすかさず逆襲に転じ、劉海龍の腹と尻にナイフを刺し、続いて右胸と左肩、左肘に切りつけた。これはわずか7秒間のでき事だった。

 傷ついた劉海龍は必死にBMWの方へ走り、後を追った於海明は手に持ったナイフで2回切りつけたが、いずれも劉海龍には当たらず、そのうちの1撃はBMWの車体左側を傷つけた。

 やっとのことでBMWにたどり着いた劉海龍は、運転席のドアを開けて、車内から携帯電話を取ってズボンのポケットに収めた。これを見て、劉海龍に携帯電話で仲間を呼び集められては困ると考えた於海明は、劉海龍のポケットから携帯電話を奪い取った。

 於海明に殺されるという恐怖に怯えた劉海龍は、よろけながらBMWから東北に30m離れた緑地帯まで逃げたが、そこで力尽きて倒れた。

 通報を受けて現場へ急行した警察官は、地上に倒れている劉海龍を発見して、救急車の派遣を要請した。劉海龍は到着した救急車によって医院へ緊急搬送されたが、応急手当の甲斐なく同日中に死亡した。

 於海明は現場に到着した警察官に劉海龍から奪い取ったタガーナイフと携帯電話を自発的に差し出した後に、現行犯逮捕された。

 その後に行われた劉海龍の検死結果によれば、7秒間という短時間に劉海龍が受けた傷は5カ所で、最初に腹部を刺した1撃が腹部大動脈と腸管、腸間膜を破裂させた致命傷であり、開放性の傷口が5カ所、骨折が3カ所あり、死因は出血性ショックであった。

 一方の於海明は検査の結果、左顔面にナイフによる擦過傷が1カ所ある以外は、左頸部と左胸の肋軟骨に各1カ所の線状の打撲傷があるだけだった。

 昆山市公安局によれば、死亡した劉海龍は甘粛省鎮原県出身の36歳で、昆山市に暫住し、某企業で臨時工として働いていた。加害者の於海明は陝西省宇強県出身の41歳で、昆山市に暫住し、某ホテルで電気工事部門の責任者として働いている。

 事件発生時に劉海龍の車に同乗していた3人のうち男1人は於海明に対する暴行に参与したとして10日間の勾留措置を受けたが、女2人は劉海龍が下車するのを引き留めていて、事件には関与していなかった。

 なお、事件当日、劉海龍は仲間と酒を飲んだ後にBMWを運転していたが、死亡解剖の結果は、血中アルコール濃度が87mg/100mlで、法定基準の80mg/100mlを超えた酒酔い運転であった。

坊主頭、金のネックレス、全身刺青
 殺害された劉海龍は、頭を坊主刈りにし、太い金のネックレスを身に付け、身体の全面に刺青を入れた異様な風体だった。

 この事件がメディアを通じて報じられると、ネット上にはネットユーザーからの書き込みが集中した。その大部分は、劉海龍がBMWで急に軽車両専用道路へ侵入しておきながら、いちゃもんを付けてナイフを振り回した挙句に、於海明にナイフを奪われて殺害されたのは自業自得だというものだった。

 あるネットユーザーは次のような暴露情報を書き込んだ。すなわち、劉海龍は“劉哥(劉兄貴)”というあだ名で呼ばれていたが、彼は“黒社会(暴力団)”組織をまねた「天安社」の構成員であった。

 天安社の構成員は全員が身体に刺青を入れており、その人数は多く、中国各地に展開している。天安社は“愛党愛国(中国共産党を愛し、中国を愛する)”を標榜する組織である。

 昆山市の天安社は陸家鎮で「聚業質店」を営んでいるが、そこに劉海龍は加入していた。聚業質店は当局が厳しく管理する貸金業者で、違法な高利貸しを営んでいる。

 一方、中国メディアは、過去10年間に劉海龍が度々犯罪を行い、窃盗や粗暴行為などで多数の前科を持つと伝えた上で、ネット上では、劉海龍がBMWに携帯を禁じられたナイフを隠し持っていただけでなく、飲酒運転を行い、先に手を出して於海明にナイフで切りつけたのは“故意傷害”を構成するという意見が大勢を占めると報じた。

 また、多数のネットユーザーはネット上に、昆山の暴力団構成員がナイフで切り付け、反撃されて殺害された事件は、正当防衛と見なすべきだという呼びかけを行った。

 ところが、官製メディアは、於海明がBMWへ逃げ帰った劉海龍を追いかけてナイフで殺害したのは正当防衛の範疇を超えていると報じた。

 8月29日には、江蘇省人民検察院(以下「江蘇検察院」)が公式マイクロブログ“江蘇検察在線”で、『昆山8月27日街頭殺人事件』に答えるとして次のように表明した。

 すなわち、“以暴制暴(暴力を以って暴力を制する)”は許されるべきでない。「私が貴方に刃物を持って突きかかったとしても、貴方は正当な理由があるからと言って突き返してはならない」。貴方にとって最も正しい対応は、手を出すことなく、逃げることである。

 この江蘇検察院の見解は、於海明が奪ったナイフで反撃して劉海龍を殺害したことを正当防衛と認めず、過剰防衛と判断していることを意味していた。

 これに対して、ネットにはネットユーザーによる怒りの書き込みが殺到したし、世論もまた江蘇検察院の奇妙な論理を批判して沸騰した。また、ネット上で8月29日夜を期限として行われた「於海明が劉海龍を殺害した行為は正当防衛か否か」を問うアンケート調査では、回答を寄せた22万人のうち86%が正当防衛を認めた。

 こうした社会の反応に慌てた江蘇検察院は“江蘇検察在線”から当該文章を急きょ削除した。
いずこも同じ暴力団のたたずまい
 一方、メディアは天安社について次のように報じた。

 すなわち、天安社は2005年に天安永泰と名乗る人物を筆頭とする4人によって設立された結社で、構成員は成人男子で、坊主刈りに全身の刺青が必須、集会の際には白い短パンと黒いTシャツを着用することが義務付けられている。

 2015年には天安社の100人近い構成員が河北省の涿州に集まり、『三国志演義』の“桃園結義(桃園の誓い)”になぞらえて“跪拝(ひざまずいて頭を地につける礼)”を行い、大酒を食らって義兄弟の誓いを立てた。

 彼らは違法な高利貸しなどで生計を立て、地方政府が農地や住宅の強制移転を行う際には、身元不明な集団として前面に立って農民や住民を蹴散らすなどの不法な役割を担っている。

 官製メディアは、殺害された劉海龍と天安社は無関係だと報じ、懸命に劉海龍が天安社の構成員であったという噂を否定したが、人々は躍起になって否定すること自体が噂の正しさを証明していると、中国当局の対応を嘲笑した。

 端的に言えば、天安社は日本の右翼と似たような存在で、中国の左翼というべき“愛党愛国”を標榜する暴力団組織なのである。

 中国特色社会主義の旗印を掲げる中国には、暴力団など存在しないと考える人がいるかもしれないが、中国でも為政者と命知らずの成らず者には持ちつ持たれつの関係が存在し、中国政府は天安社のような暴力団組織の存在を黙認しているのである。

 それはともかくとして、昆山市公安局は9月1日付の“警方通報(警察通達)”で、於海明の正当防衛を認める旨を公表したが、その見解は以下の通り。

 「捜査で判明した事実および検察機関が聴取した意見と提案に基づき、『中華人民共和国刑法』第20条第3項にある〈暴力、殺人、強奪、強姦、誘拐およびその他人身の安全に重大な危害を及ぼす暴力犯罪が行われている際に、防衛行動をとり、不法に人を死傷させても、それは過剰防衛に属さず、刑事責任を負わない〉の規定により、於海明の行為は正当防衛に該当し、刑事責任を負わない。従い、公安機関は法に照らして、於海明事件の立件を取り消す」。

 於海明による劉海龍の殺害事件はこうして幕を閉じた。於海明は無罪として放免されたが、江蘇検察院が於海明の正当防衛を否定する常軌を逸した見解を発表したり、官製メディアが劉海龍と天安社の関係を打ち消そうと躍起になったことで、中国国民は国内に存在する「隠された暗部」を再認識することになったのだった。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180913-00057444-gendaibiz-int&p=1

みんなの意見


名無しさん
タイトルに「残虐殺人事件」とあるが、記事を読むと実際は、残虐殺人を行おうとした全身刺青の写真の男が、被害者に返り討ちにあって死亡した事件であって、タイトルと記事があってないじゃん。

名無しさん
やっぱ刺青者は反社会の人だよ
普通はそう思う

Ikenumaboy
すげえ刺青と身体だなあ・・・
こういう人を見て、差別意識持つなって方がおかしいだろ

s…a..!
この刺青見ると、やっぱ大衆浴場は、禁止にするべき。一緒のサウナとか浴場だと緊張して疲れがとれない。

名無しさん
これから先、たくさんの被害者が出てたかと思えば、この人はヒーローだと思う。無罪でいいと思う。

名無しさん
確かに車まで追いかけて切りつけたのは結果としては過剰防衛の範囲になると思う。
しかし殺されるかもしれない異様な興奮状態の中では正当だの過剰だのなんて冷静な心理は働かずに、動物的本能である「殺るか殺られるか」になって当然だと思います。
あと7秒間で5ヶ所も傷をつけることはどう考えても不可能なので、検証自体の信憑性にも疑問を感じますね。。

*
過剰防衛という感じがするが、正当防衛で無罪。

名無しさん
頭の固い日本の裁判所では
これは過剰防衛になるかもね
日本でも似たような事件があったよな

それにしても双方凄まじいな


名無しさん
身を守る為には、強力な反撃が必要である。
特に日本国自身の自衛隊整備にあたって、この基準が重要である。

wtfru
>“以暴制暴(暴力を以って暴力を制する)”は許されるべきでない。「私が貴方に刃物を持って突きかかったとしても、貴方は正当な理由があるからと言って突き返してはならない」。貴方にとって最も正しい対応は、手を出すことなく、逃げることである。
これって日本の警察と全く同じ見解ですね。
でも日本で同様事件が起きたら、国民がどれほど抗議しても絶対に正当防衛にはならないと思う(有罪-執行猶予にはなると思うが)。

名無しさん
入れ墨を入れるのは自由だが、入れ墨に嫌悪感を持つ自由も認めてほしい。

名無しさん
もし携帯で仲間呼ばれていたら自転車の運転手が殺されてた可能性もあるのだから、これは明らかに過剰防衛ではない。供述の真偽はわからないが。

お勉強中だどん
殺害してしまったほうは、過失なしのもらい事故なうえにナイフで殺されかけたんですよね?
追い討ちが過剰防衛と言うがこのシチュエーションなら「殺らなきゃ殺られる」と感じるのが自然ではないでしょうか。
自分は手負いかつ自転車or徒歩で、相手は2人の制止を無視してまで自分を殺そうとした車持ちだとすると逃げという選択は防衛手段としては不十分だと思います。

名無しさん
死んで良かった。
生かしておくと改心はしないし。
仕返しを考える。
いっそう、社会に暴力を振るう。
過剰な防衛と言うのは
過剰な防衛と判断するのは、
判断する者が、その暴力、被害と関係ない第三者だから。
当事者と被害も恐怖も怒りも共有し
金銭的にも肉体的にも犠牲にする義務を
持って判断するなら、無罪が当然!

unkomen
コメ欄で騒がれている刺青問題に関しては、完全に郷に入りては郷に従えという話で、
刺青は西洋文化圏では一般的でも、日本ではまだまだ反社会勢力の象徴なので、暴対法という観点からしても明らかに刺青のある客を温泉や銭湯、プール等に入れるべきではないと思う
これは、日本では何でもないナチスドイツのマークがドイツでは御法度なのと同じこと
グローバル化の世の中だから刺青を許容すべき、なんて意見はおかしい

名無しさん
いきがってた割にショボい奴だったんだな。
この記事読む限り車まで追いかけて行ったのはとどめを刺すためじゃなく仲間を呼ばれないようにって思いだったんじゃないの?過剰と言えば過剰防衛かも知れないけど、十分酌量されるべき件だと思う。残虐なのは無謀な飲酒運転をした結果いちゃもん付けて他人を傷付けて、結果殺された方な気がするよ。
やっぱり入れ墨入ってる人は苦手だ。。

名無しさん
これ一般人だったら、やらなきゃ後でやられるって思うよね。
実際、携帯で仲間を呼ばれると思ってした事でもあるし、車に戻って新しい凶器があるかもしれないし走って逃げられない恐怖の状況なら、やるだろうね。
これが法律として正解なら、このような事件は立件されない様にしなきゃいけないなぁ。

名無しさん
犯罪組織(暴力団?)に属している事を風貌で示していたら、
加害者本人が携帯電話を持った事で、
仲間を呼ばせないための行動で加害者が死亡したとしても
正当防衛が成り立つのでしょうね。
だとしたならば、
同乗していた男女二人も仲間を呼ぶ事が出来たと思われ、
電話するようなそぶりをしたならば殺されても正当防衛になるのでしょうね?
犯罪組織(暴力団?)に属している方々は
かなりリスクの高い状況にいる事を認識すべきですね。

××z
そもそも、飲酒運転で、無謀な車線変更。
で、勝手にキレて、普通の人を暴行・・・でも返り討ちにあっちゃって。
逃げたけど、「仲間による報復」を恐れた、相手がそれを阻止しようとさらに反撃さた・・・
だけですよね?
飲酒運転でオラオラみたいな人は同じようなこと他でして、皆泣き寝入りしていかもしれませんね。
これ以上、被害者が出ないようにしてくれたのでは?
だって軽自動車の方は、入墨男の仲間には一切手をだしてないのですから。本当に正当防衛だったのでしょう。

名無しさん
記事を読む限り、これは暴力団員が相手を素人となめて言いがかりをつけたら相手もどこかの暴力団員で返り討ちにあったという事件のように思われる。両者ともにまともな人間ではない。最近スポーツ選手を中心に世界中で刺青が横行し、だんだん一般人にまで広がってきているが、由々しき事態である。しかも刺青ではなくタトゥーなどと横文字でおしゃれ感を演出までしている。刺青は生まれつきのものではなく、本人が好きでやっていることであるから、そのことで差別されてもやむを得ない。差別する側を恰も人種差別主義者と同様に非難するのは間違っている。人類は大昔には皆刺青を入れていた(宗教的な理由があったのだろう)が文明が進歩するにつれて入れなくなったのである。人類の歴史の逆転現象(先祖返りないし文明の退化現象)が世界中至る所で見られるが、歴史を逆転させてはならない。

名無しさん
日本の暴力団がいなくなって最も増えたのがチャイニーズマフィア。
これからの日本はもっと治安が悪くなるでしょうね。

名無しさん
車からタガーナイフを取りに行かなければ、死なずに済んだかもしれない。
相手を殺しに行っている以上は、殺されても仕方ない。

名無しさん
よく勘違いする人がいるけど、日本において正当防衛が認められるにはかなり厳しい条件がいる。日本ならおそらくこの件は過剰防衛と判断されるかもしれない。
ただ過剰防衛になっても不起訴になって、結局お咎めなしというケースも多い

名無しさん
海外でも刺青しているのはマトモじゃない人が多い。一緒に入浴したくないし、日本では今のまま規制して公衆浴場では入浴禁止で良いよ。これは日本の良いところなのに何で観光客のいうとおりにしなくてはいけないのか理解できない。

nykobatyan
世界一の人口を一部の権力者だけで統治させるのは無理があると言う事だと思いますね。
国を分割するか民主主義にして州単位の自治にするかしないと、暴走が始まると思いますがね。

名無しさん
どこの国にも一定数はいるなぁ。
見た目やばい人達は、逃げようもあるかもしれないが、見た目普通でやばい人が1番危険な気もする。

もなか
右翼というより半グレに近いような気がする。
確かに正当防衛にしてあげたいよね
車まで追いかけていったのはやりすぎかもしれないけど、仲間を呼んだり新たな武器を取りに行ったと思ったのかもしれないし

名無しさん
結果的にには加害者となった男性は、最初に切りつけられて、ましてや被害者となった刺青の凄んだ男に恐怖を感じ、やらなければ必ず殺されると思い、過剰と言われる行動に出てしまったのではないかなあ。刃物を持たれたら、そりゃあ恐ろしいですよ。

名無しさん
御免なさい。事件とは関係ないんだけど、この刺青だらけの映像を見てとても薄気味悪いっていうか気持ち悪く感じた。どんなに偏見と言われようが私個人の気持ちとしてはやっぱり刺青入れてる人は受け入れられない。

名無しさん
反社会的勢力を管理してないのが問題。一般人助かって良かった。変な奴に目をつけられないように、この人守ってあげて下さい。

名無しさん
①逃げたら後で何て警察に言われるか判らないし逃走犯に仕立てられる恐れがある。
②相手はナイフを車に取りに戻り、襲ってきた人間。
ナイフ片手にコッチを殺す気で襲い掛かってくる相手を冷静に制圧するなんて普通の運動不足の一般人には無理。
③もし仲間を呼ばれて警察より先に到着したら間違いなく拉致られて殺される。
①~③を冷静に考えると、自転車男は最良の選択をしたと思う。
私は正当防衛だと思う。

名無しさん
7秒間ってのに武術家なのかビックリしたし、
中国お得意の議論を抑圧する方法は社会不満を溜めるだけだと思った。
最後は地元政府が日和見的に人民寄りの判決をしてガス抜きしてるけど、
結局は共産党指導部の独断強権的なやり方に対する不満は燻り続けて、
最後は暴動という形で噴出するんだな。
民主主義は多数決をとるのに手間がかかるものの、
こういう事は起こりにくいと思う。

名無しさん
まともな臨時工がBMWに乗れるわけない。
車に逃げ帰ったからってそのままにしたら、車に轢き殺されるかもしれないし、仲間集めて殺されるかもしれない。
後日復讐されるかもしれないし、どこからが過剰防衛なんて線引きはできない。
少なくとも刃物出して殺意を向けた時点で、殺されても仕方ない。

名無しさん
私も北京に駐在時に車によるトラブルはよく見かけた。いつも混んでいたし、皆順番も守らず、譲り合うという精神のかけらも感じなかった。みんな男性も女性も運転すると人格が変わる人が多いし、スパナを持って逆上してる人や、ヒステリックに怒鳴ってる人も多かった。
社会が機能してる感が道路上では感じなかったよ。

名無しさん
於海明はナイフさえすっぽぬけて
自分の手に渡らなければ、
立場的には劉の一方的な殺人事件
だっただろう。
劉も致命傷を追い車に逃げるまで
追い詰められたが、
劉の無謀極まる恐怖を極限で
返り討ちにした於海明は
責められるべきだろうか。
車に戻りまた違う武器を
持ってくる、あるいは仲間を
呼ぶかもしれない恐怖は
必ずある。
劉も30キロも逃げられるなら
病院へ行けたはずだ。
劉も自分から侵した一般人への
喧嘩で返り討ちにあった訳で
組織の看板に泥は塗るし
立場も危ういものになる。
生きていれば於海明は
超英雄扱いであり、
劉は一生ただの一般人に
最後は追いかけられて
逃げた小便ヤクザと
言われ続ける人生だった。
そんな思いが病院にハンドルを
切らなかったのではないか。

y
この防衛攻撃した人もいずれ組織から殺されそうで怖い。
オシャレタトゥーを入れようとしている方、やはり日本ではそういう見方が少なからずあります。子供と温泉やプールに行けない覚悟はして下さい。
オシャレタトゥーでも見ると畏怖するし、子供にも見せたくたいんですよ。

名無しさん
実際、正当防衛で無罪でした。
焦点になった自転車男の追い打ち行為について、
警察側の見解:入れ墨男は刺されたあと、車に向けて走ったため、さらなる武器を取る可能性があると恐れ、自転車男の追い打ちはそれを阻止しようとの自衛行為にあたり、過剰防衛ではなく、正当防衛の一連の行為だと認められる。

名無しさん
相手が仲間を援軍として呼ぼうとしたり、車の中から新たな武器を取り出そうとしたりすると命の危険を感じて当然。
日本もこれくらいは正当防衛の範疇に含めて欲しい。

名無しさん
てか中国って
司法判断がこんな簡単に世論に左右されるんだ。
日本も凶悪犯罪なのに刑が軽すぎる時とか、
世論に惑わされて欲しいと思う時はある。

名無しさん
垣間見えたと言うより、中国みたいな闇だらけの国家に闇組織があるのは当たり前と考えるのが普通。
ちょっと前まで新宿の一角に、見た感じではとても日本国内とは思えないようなエリアがあって、後から聞いた話では中国マフィアが仕切るエリアで足を踏み入れたらまともには戻ってこれない・・・なんて冗談みたいな話が通っていたのを思い出した。
大陸の人は怖いという考えは正しくないとは思うが、先入観として頭にこびりついている。