「シンゾーとの関係に終止符を打つ」…!?
 9月25日にザ・ニューヨークパレスホテルで開催される日米首脳会談を前にして、ドナルド・トランプ大統領周辺では笑うに笑えない会話が交わされているという。

 トランプ大統領にとって日本との貿易赤字解消が現下の最大関心事の一つである。

 21、22両日にニューヨークで開かれる茂木敏充経済財政・再生相とロバート・ライトハイザー米通商代表部(USTR)代表の第2回日米貿易協議(FFR)を踏まえて、トランプ大統領が安倍晋三首相に対し貿易赤字解消の具体策を求めるのは間違いない。

 そうした中で、同大統領が米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)のコラムニスト、ジェームズ・フリーマン氏に電話、もし日米貿易交渉が不調に終われば、両首脳の友情関係にピリオドを打つと語ったことが大きな波紋を呼んだ。

 トランプ政権内の日米同盟重視派は、これまでに何とかトランプ大統領を諫めようとタイミングを計っていた。

 そこへ件のWSJ紙報道(9月6日付)が飛び込んで来て、彼らはますます危機感を強めたというのだ。

 ところが、奇しくも同日のニューヨーク・タイムズ(NYT)紙が同大統領を厳しく批判するトランプ政権高官の匿名記事を掲載したことで、すべてが吹き飛んでしまったのだ。

 翌日、トランプ大統領は地方遊説に向かう大統領専用機内で記者団に対し、ジェフ・セッションズ司法長官は直ちに匿名寄稿者を割り出すべきだと語ったのである。「犯人」を割り出せと言ったのだ。

親日派が震えあがった、トランプ「シンゾーとは終わり」発言の波紋
米カリフォルニア州の書店で平積みにされている『FEAR』。大きな反響を呼んでいる(Photo by GettyImages)

「お前はクビだ!」がもたらす恐怖の世界
 笑うに笑えないというのは、実は以下のようなことである。

 仮に日米貿易交渉の責任者であるライトハイザーUSTR代表や知日派として知られるウィルバー・ロス商務長官が「閣下、日本(安倍首相)をそこまで追い込んではいけません」と進言したとする。

 するとトランプ大統領は必ず「では、お前が(匿名記事の)犯人なのか」と怒鳴り上げる。そして「You are fired!」(お前はクビだ! )と言われることを極度に恐れているというのだ。

 その恐怖は、ワシントン・ポスト紙の看板記者、ボブ・ウッドワード氏がトランプ政権の内幕を描いた新著『FEAR』(恐怖)の書名そのものだ。

 11日に全米発売されてベストセラーとなった同書について、3月にホワイトハスを追われたゲイリー・コーン前大統領補佐官(経済担当=国家経済会議委員長)ですら「事実誤認が多い」と指摘、トランプ大統領は「私に対する暴行だ」と批判している。

 しかし、同書にはラインス・プリーバス前大統領首席補佐官などの実名を挙げて、元側近が語ったとされる内容やトランプ大統領の「肉声」が紹介されていることから、ウッドワード氏告発は信憑性が高いとの見方が支配的である。

「政権幹部は言えないので安倍首相に」の声も
 ちなみに、ワシントンDCでは今そのプリーバス氏が件の「匿名寄稿者」ではないかと見られているが、さすがにNYT紙が元政府高官を「現職政府高官」と報じるとは考えられない。とすると、ホワイトハウスが躍起となって犯人捜しをやっていることからも、やはり閣僚級ではないにしても現職の政権幹部が寄稿したことはほぼ間違いない。

 いずれにしても、トランプ政権中枢にいる者にとっても大統領に諌言するなど論外のことであり、想像の外だというのだ。

 そこで出番となるのが安倍首相である。トランプ政権高官に成り代わって進言してほしいと、9日にワシントン入りした首相特使の民間人某氏が政権幹部と会った際、切迫した表情で懇願されたという話を耳にした。

 24日に予定されていた安倍、トランプ両首脳のグリーン会談(ニュージャージー州ベッドミンスターのトランプ・ナショナル・ゴルフクラブ)は大統領日程の変更によって流れたので、25日のトップ会談でトランプ大統領を説得できるのかは安倍首相の双肩に懸かっているのだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180915-00057536-gendaibiz-int&p=2