北朝鮮の対南宣伝メディア「わが民族同士」は24日、韓国の3000トン級潜水艦の進水式や海上哨戒機導入など戦力増強計画を取り上げながら、これは反民族的行為だと非難した。

わが民族同士はこの日、「民族和解と平和繁栄の雰囲気に逆行する軍事的動き」というタイトルの個人ペンネームの論評を通じて「南朝鮮の好戦者が『仁川(インチョン)上陸作戦全勝記念式』を白昼堂々とやりながら米国から戦争武器を導入すると公言しているのは、明らかに民族の和解と団結、平和繁栄を望む民族の指向と念願を踏みにじる反民族的行為」と主張した。

このメディアは「好戦者は3000トン級潜水艦進水式を開いて『力を通した平和は政府の動揺のない安保戦略』などと喚きちらしたかと思えば、米国から海上哨戒機6機とパトリオット迎撃ミサイル64基を導入すると公言している」と指摘した。

あわせて「これは朝鮮半島(韓半島)の尖鋭な軍事的緊張状態を緩和し、戦争の危険を実質的に解消しようとする努力がいつになく傾けられている時に強行される、容認できない軍事的動向」と非難した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180924-00000012-cnippou-kr&pos=4