週21日発売の『FRIDAY』(講談社)が報じた、バナナマンの日村勇紀による16年前の淫行疑惑。同誌によると、相手は愛知県在住の女性(32)で、日村とは16年前ファンレターを通じて知り合い、不適切な関係になった。しかし女性は当初、日村に対し自身の年齢を21歳と詐称、その後、実年齢が16歳であることを告白したのだという。

 日村は報道を受け「16年前とはいえ自覚が足りていない行動で相手方の年齢に関してはよく覚えていないが深く傷つけてしまったことは申し訳なく思っている」と所属事務所を通じコメントを発表。一部では非難の声も上がったが、16年前の出来事であったこと、さらに女性が年齢を偽っていたことから、非難の矛先は『FRIDAY』にも向けられた。Twitter上には「公訴時効の案件でしょ」「16年も前の出来事を今更、掘り起こすことに至った経緯を知りたいよね」「うーん、これ…事実確認とかできなくないですか?」といった意見のほか、「今の時代プライバシーも時効ってないの?」「芸能人相手なら何してもいいわけじゃないと思うんだけど」などの疑問の声が寄せられている。
確かに、もし仮に問題行為があったとしても、愛知県青少年保護育成条例違反(いわゆる淫行罪)の時効は3年。当事者の記憶も曖昧で、ファクトの確認が難しい話を報道することに意味はあったのだろうか。

 この問題についてタレントの池澤あやかは「様々な報道を見て自分の経験を思い出し、辛くなるケースもある。単純に“今更“とは言い切れないのではないか」と指摘、マーケティングアナリストの原田曜平氏は「“時効だから、もう話すのは無し“にすべきなのか、イメージや倫理感が大事なタレントについては何年も前のことだろうが社会的制裁を加えるべきなのか。ルールが決まっているわけではないが、その都度その都度、当事者が誰なのかによって“刑罰“が変わっていくような気持ち悪さがある」と話す。

『FRIDAY』『週刊現代』などの編集部に勤務していたスマートメディア研究所の瀬尾傑氏は「編集部としては、気持ちの整理がついていないという被害者からの訴えがあり、しかも相手が司会なども務める“公人“だということで改めて社会責任を問うた記事だろう。日村さんも事実関係を大筋で認めているが、やはり行為自体は良くなかったし、当時は責任を問われても仕方がない。今でも気持ちが収まらないとか、フラッシュバックといった被害が続くことから解決を求める場合もあると思うが、16年経った今なら、2人の間で解決すべき問題だと思うし、社会的に問うべき問題かというと、非常に難しい。ただアメリカの“MeToo“を見ていると、10年、20年前の話であっても責任を問われているケースがある。法的な責任ではなくモラルを問うというのは、時間や国によっても変わわるので、記事が出た後の反応も含め、社会の中で受け止めていくしかないと思う」とコメント。

MeToo運動をめぐっては、告発した側の主張をベースに、事実認定の前に厳しい社会的制裁を受けることがあるという論点もある。元フジテレビアナウンサーの菊間千乃弁護士は、「やられた方は覚えていて、やった方は覚えていないということもある。また、やられた方の記憶が長い時間の中で変わり、それを事実だと思い込んで発信していることもある。だから実際に当事者間で話をした時に事実関係がずれていることはたくさんある」とした上で、「実際にお会いしてみないと分からないことだが、彼女の気持ちに時効はないし、辛い思いを16年間抱えてきて辛かったのかもしれない。ただ、それを発信する場所は写真週刊誌ではないのではないか、なぜ写真週刊誌を選択したのか、というのが世の中の見方なのだろう。他のMeTooとは異なる反応が出たのも、そのせいではないか」との見方を示した。
日村とプライベートでも親交があるケンドーコバヤシは、「普段仲良くしてもらっている日村さんなので、ものすごく喋りにくい」とした上で、「事務所のホリプロコムさんが“本人は反省に反省を重ねている“というコメントを出されたが、日村さんもものすごく反省されていると思う。まだ直接お会いできてはいないが、メールではやりとりさせていただいた。文面からも元気がないのが伝わってきた。すごく反省というか自戒していことが伝わった」と話していた。(AbemaTV/『AbemaPrime』より)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180925-00010018-abema-soci&p=2