LGBTに関する差別的表現に批判が殺到し、9月25日、休刊を発表した新潮社の月刊誌「新潮45」。社員に事前の説明はなく、休刊を知らせるメールが届いただけだった。ニュースで休刊を知った社員もいたという。【BuzzFeed Japan / 播磨谷拓巳】

現役社員がBuzzFeed Newsの取材に語った。

休刊は突然一斉メールで知らされた
休刊はどのように社員に伝えられたのか。社員によれば、総務部から25日夕方、メールが一斉に届いたという。

「【緊急】新潮45の休刊について(総務部だより)」

この件名で、公式サイトに掲載されたものと同じ発表文が添付されていた。社員に事前に告知はなく、ニュースで休刊を知った社員もいた。

ある女性社員はこう話す。

「一部の社員は事前に知っていたかもしれませんが、大半の社員はこのメールで知ることになりました。社長の声明後、休刊の可能性は見えていたので、驚きはしませんでした」

朝日新聞によれば、新潮社では25日朝、50人ほどの社員有志が取締役会に要望書を提出し、謝罪の言葉を発表することや、再発防止策を求めたという。

休刊が発表されたのは、この日の夕方のことだった。

新潮45の休刊について、前出の女性社員は、その経緯に疑問を感じるという。

「ここまで騒動が大きくなれば、休刊でしか騒ぎが収められないと判断したのでしょう。一連の論考には賛同はしませんが、『十分な編集体制を整備しないまま』というなら、まず、それを立て直すことを考えなかったのでしょうか」
「次はどこの部署が潰されるのか」

別の男性社員は「『言論弾圧だ』という議論よりも、社長に生殺与奪を握られていることを改めて実感した一件だった」と語る。

新潮45は部数が低迷しながらも、発行を続けてきた。それが批判の広がりを受け、突然、メール一本で社員に休刊が知らされた。

「次はどこの部署が潰されるのかと、社内は戦々恐々としています」

複数の社員によれば、新潮45編集部は、若杉編集長を含めて6人体制。部員らの今後の人事などは、社内でも発表されていないという。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180926-00010004-bfj-soci

みんなの意見


名無しさん
メールのみの通達、
それにも増して、
6人の今後も未発表…
休刊どうこう以前に、
元々、駄目だったのでしょうね…
余りにも杜撰過ぎる…

名無しさん
トカゲのしっぽ切りだな、言論の自由は、あると思うが、こんなことやるから。自分の首を、閉めるんだと思う。

名無しさん
言論の自由は、大いに結構だけど、その自由にも当然責任が伴う。
今回も説明責任は発生しているし、休刊したからと言って蔑ろにしていいものでもない。
雑誌は無くなっても新潮社が無くなったわけではない。
今の責任の所在は新潮社にあるはずだ。
今回の後始末はお粗末以外表しようがないし、社員に説明も慈善連絡もないとは、呆れる。

名無しさん
今回の件は重大な問題であった事は間違いないが休刊して終わりではあまりにも信念がなさすぎる。全国規模で発売され国民が手に取ることが出来た雑誌に掲載した事に対して批判されて反論してまた批判されたら逃げてしまう。こんな薄ぺらい信念で雑誌の編集をして居たのかと呆れてしまう

h
新潮社社長は,議員の論文のどこがいけないのか,はっきり見解を示してから休刊してほしかった。自分たちの出版に責任を持つからこそ,表現の自由を主張できる。責任放棄の休刊である。

名無しさん
雑誌が潰れようと読んでないから気にしないけど
最近の問題が起きたら,とりあえず謝って,逃げて…
というパターンが固定化されつつあるのが
それしか道が無くなってきてるせいな気がして,
集団で潰しにかかる感じが気持ち悪い。
今回の件で言えば,表現や言い方が悪かったのはあるけど
議論した方がいい部分もあったと思う。
でも,叩けるとこを叩くことで全部を否定して
終ってしまってるのが勿体ない。
こういう議論の潰し方は,生産性がないなって思います。

名無しさん
売れない、批判される、それを社のトップが無くす判断をする。営利企業としてごく当たり前の話だと思うが、出版業界は違うの?
次はどの部署か戦々恐々?あの雑誌はなくなって当たり前と思うが、戦々恐々になるくらい、あんなものがたくさんあるの?新潮には。まっとうにやれば、少なくともこんな騒動は起こらないと思う。売れる売れないは別として。

名無しさん
トップが決めたことを、幹部連中じゃない一般社員が、組織内の大きな意思決定を社内メールで初めて知る…
このことは、大きな会社、グローバルに展開してる企業になれば、
割とよくあること。新潮社がそういう会社かは「?」だけど。
まぁ、いずれにせよ大きな問題では無い。
問題は、
休刊だろうが廃刊だろうがお詫びだろうが反省だろうが…
それで「はい終わり」になるようなマターじゃないことをわかってないこと。
すでに出版したものをリコールするのなら、わかる。
7、8月号出しちゃって、世に出回ったものに対して、新潮社はどういう見解で、どう対応するのか。
メーカー目線ですが、それが問題だと思います。

名無しさん
活字は生き物と言う認識の欠如か。読者は豪華な盛付けや高級な素材を欲しているのではなく、質素でも不味くはない、逆に噛めば噛む程味が出るそんなものを求めていた。世は弱者に優しい料理ばかりで溢れている。本当にそれでよいのか?私は信念のある武骨な料理がむしろあるべきであったと思う。ある人から見れば失言かも知れないが、別のある人からは自身の代弁者と感じる。休刊を決め新潮社には是非マイノリティに屈することのない魂の活きた活字を読者に届けると言う使命を感じ対応願いたいものである。

名無しさん
新潮社の対応は、多くの知識人が納得した対応とは言い難いと言わざるを得ない。今後の社としての言論の在り方を出して貰いたい。
言論の自由とは何か。ただクレームが多かったから部署は潰します!って会社なら社長はいらない。

名無しさん
メールのみの社員通達。社内環境が目に浮かびます。
会社として機能していない。
上司は部下を信用していないし、部下は上司を信用していない。
そんな組織がいい本を、出版できるはずもない。
トップは責任を。まあ人間性があればこんなことには、ならなかったけど、トップの教育も必要かな?今の時代は。ダメ社員がそのままトップになった、例だね。

Ma**
休刊って形は卑怯だな。
もともといつ休刊してもいいくらい部数減ってたでしょ。
これで異を唱えた人たちによる「言論統制です」
って論調を許す事になった。

社長も自分は責任とらないのねー。


名無しさん
そもそも言論の自由とは弱者が発信する言葉を強者から守る為にある法であって人をおとしめたり侮辱する事を許すものではない。今回の件で新潮社はこの事をしっかり肝に命じていただきたい。

名無しさん
最近のネットニュース然り週刊誌然り
一記者の発言が色々脅かす事になってきていますね。
SNSの進化だと思う。
良い悪いは別として怖すぎる世の中になってきましたね。
良き事だけが進化すれば安泰だけど
十人十色・・
たった10人で意見が違うのですからね。

ccc
言論の自由は誰にでもあるが、差別して良い自由はないよね。
この反応は、相模原殺傷事件の犯人の思想に一定の賛同があった構図に似ている気がする。
優性思想にしても、LBGTへの偏見差別にしても根底にあるのは無知や無理解、間違った認識ではないかな。
ネトウヨとかパヨクと結び付けて語るのはかなり無理があるように感じるのだが...

名無しさん
そもそも必要ないです、この会社。
マスコミの一翼を担う出版社とは到底思えない。
「新潮」という名を聞くだけで嫌悪感が湧きます。
各誌、各部署の自由裁量に任せる社風があるのだとか。
社員の意思とやる気を尊重するということでしょうか。
だとすれば、社員にメールで知らせるなどもっての外。
「何が問題で何故廃刊するのか」幹部はもちろん、担当者全員で考えさせなければ、真の問題解決にはつながらない。
特に幹部は「自由にさせる」イコール「最後の責任は幹部がとる」ということが分かっていない。
謝罪会見は当然ながら、出版社ならもっと細かく、もっと分かりやすく、もっと具体的に、誌面で謝罪文を掲載するべきでは。
廃刊はその後。

名無しさん
言論の自由は互い倫理観の上に築かれているものである。次に何処が潰されるかなんて考える必要もないだろう。正義を貫いていれば潰されることはないだろうし、不義があれば社会の制裁を受ける、それだけ。

名無しさん
言論の自由を履き違えていると思う。
これを教訓にして一線を見直した方が良いと思う。

名無しさん
紙媒体って今は本当に大変だと思う、紙の良さ忘れずに知恵を絞って雑誌を作って欲しい。

古美門
杉田氏を擁護するなら他に論点はあったと思うが
彼女が書いた寄稿文の是非と
中学生の娘を両親に預けるから育児放棄だと叩くのは
直接関係ないだろとか
彼女の人相が幸せに縁がない叩きは
彼女が書いた寄稿文の是非とは無関係だろとか
そして結局小川氏だけ目立ってたが
他に書いたメンバーの意見は
どうなのかロクに議論もされぬまま

名無しさん
売れれば報道の自由を盾にどうでも良いことを書き続けた新潮社全体の問題なのでは?
週刊の方も併せて読みたい記事は少ないよ。
新潮の記事が世の中を裁くと勘違いしてる。

名無しさん
会社とはそう言うもの、一般社員は突然、最後に通達が来る、前もって言ったら、どうなる?当然だと思います。経営者に従うか、嫌なら辞めるしかない。小さな会社なら相談があってもいいが…
社内からの意見も有っての休刊、世間で炎上したので渡りに舟で休刊、元々、売れていなかったのだと思います。

名無しさん
休刊しようが廃刊だろうが、差別をし差別を擁護した人々がその考えを改めることはない。またどこかの媒体に載り、また燃えるのでしょう。
言論の自由を掲げるのなら、炎上商法ととられるような終わり方なのではく、この差別と差別擁護への批判を集め掲載するくらいの終え方をしてほしかった。

名無しさん
休刊にする、部署がなくなる、それだけで良しと言うわけには行かないと思う。
なぜ、出版に至ったのか、説明をし、是非の場を新潮45に設けでもしたらよかったのに。そしたら言論の自由も守られたのでは?
とはいえ、このLGBTに関しては言い訳にも何にもならないけれど。

名無しさん
部署の廃止って、大体こんなもんでしょう。
大手出版社の詳しい実情はわからないけど
この前には役員と編集の間で色々あったとは思うが
もともと部内の風通しも悪かったんじゃないの。

Mハマー
言論の自由を守るべき媒体に組織内の議論や話し合いが存在しない、
TOPダウンでイメージ対策するなんてありえない!
新潮社自体が言論と社員市民を無視してる。
こころある社員の反旗を応援します。
LGBTの記事に異論を唱えた社員の皆さん、言論の自由を議論する場はあります、がんばってください。

名無しさん
休刊で幕引きをはかり、事態を収束させたいのはよくわかるけれども…
なぜこの様な事態になってしまったのか?検証するような紙面を作ることは出来なかったのでしょうか?
寧ろあの界隈の方々に「言論弾圧だ!」と言う機会を与えてしまったように思えて納得がいきません。

名無しさん
大きな組織の会社で、休刊を伝えるのに社長はじめ社員全員が顔を揃える事の方が難しい。
メールだけと言われると聞こえは悪いけど、今のご時世、メールが最も迅速に正確に伝わるツールだと思うけど。

名無しさん
新潮45の記事を実際に読んで批判してる人がどれだけいるのかな?便乗批判で炎上してるのは確かじゃないの。一方の言論を封殺すれば、自分にそれが向かった時には否定できないよ。言論は犯罪とは違うよね。

eekagen
言論の自由は確かだが、その言論に大方が嫌悪感を持つものもある。
企業としては、見方を誤ったかもしれない。

名無しさん
筋を通さないと従業員は不信感を募らせますね。
そんなことで言論誌が休刊なんかする必要もない。
低迷できっかけが欲しかったのでしょう。
個人的には立読みながらときどき愛読(?)してました。

名無しさん
中傷記事なんだから、問題視されて当たり前だとおもうよ。
今の時代は、匿名でも簡単にネットなので発言が出来る時代になったので
こうやって大騒ぎになるが、個人の感情は昔も今も同じ。
むかしは発信する場がなかったし、圧力で封じ込められるような
アナログの時代だった。
悪口いってお金を設ける時代が消えていくのかもしれないね。
ただ、気を付けるべきは、世間が知られざる悪を伏せることにつながるなら、その部分で報道の自由を奪うのは話が違うとおもうけどね。

名無しさん
文芸中心の出版社だから今回は休刊という名目の廃刊ということか。
社内他の編集も片寄った主張にならぬよう、慎重な商品点検が必要である。
また、かつてAIDSの時も血液製剤の事例もあったのに同性愛に擦り付けたという、他社の失態もあったりしたなあ。
しかしながら、社主とか経営陣に販売実績で尻を叩かれて編集者・取材者の価値観がネジ曲がった方向に向かい編集方針を逸脱したとしたら、編集担当者を切り捨てれば処分終了ということかな。

名無しさん
LGBTの権利を守るために尽力している人たちには申し訳ないが、結果をだけを見れば、LGBTが「左翼陣営が保守系議員を潰すための道具」にされてしまっている上、今回の強烈な炎上騒ぎが却ってLGBTが異端視される(不利益をもたらす意見に対し感情的に反応する集団と見なされる)流れを形成してしまったように思われてならない。
真の地位向上のために、弱者のように振る舞わず、左翼マスコミの助けも借りず、堂々と対等の立場で冷静に討論してほしい。

名無しさん
>メール
休刊を考えていたら、ちょうど良いタイミングで
批判が来たので、渡りに船で休刊にした。
批判が来る様な記事を、ワザと書いた、コレが真実

名無しさん
別に社員がどうなろうと他所様の会社の事だからどうでも良いではないですか。休刊されるような言い訳したから問題が大きくなったんでしょ。世論が怖いことは週刊誌ならよく知ってるでしょうに。

名無しさん
新潮45は新潮社の雑誌ジャーナリズムを体現する雑誌だったはず。
「凶悪」に代表されるベストセラーも出ていたが…。
とにかく一連の説明責任は会社としてあるだろう。休刊してOKとはならないな。

名無しさん
書き手からしたら言論弾圧の何ものでもないのに、何で杉田先生も小川先生もだんまりなのですか。書き手として今こそ言うべきこと、主張すべきことがあるでしょう。黙っているのはおかしい。

名無しさん
文藝春秋も売り上げ落ちていますね。
読者を誘導しようとする姿勢が嫌われている。
記事にも品位がなくなりました。長年購読しましたが手に取ることが全くなくなりました。

名無しさん
どうせたいした部数を出していない雑誌なら、廃刊にしてしまってちょっと名前を変えた新しい雑誌を立ち上げるのは常套手段だと、昔スキャンダル雑誌の編集者が言っていたのを聞いたことがあります。
編集部はそういう意味ですぐ再編されるでしょうが、一番の犠牲者は連載や掲載が決まっていた作家陣でしょうね。
使いまわせない時事ネタや記事は没にするとして、執筆中の原稿料やらもうやむやにされそう。