台風24号について、警戒が必要なポイントを木村雅洋気象予報士に聞きました。

今回の台風は、とにかく勢力が強いため、風に警戒が必要となる。

30日午後9時の風の予想だが、紀伊半島から東海など、風速15メートルという予想だが、瞬間的には風速60メートルくらい、ブロック塀が倒れるくらいの風になる見込み。

さらに注目するのは、伊勢湾周辺で、南東から集まってくるような場所のため、記録的な高潮になる可能性がある。

1959年の伊勢湾台風の際は、高潮による大きな被害が出たが、この時観測された高潮というのが、愛知・名古屋で3.89メートル。
ただ、今回予想されるのが3.9メートルのため、伊勢湾台風に匹敵するくらいの高潮になりそう。

今回の場合は、接近が夜と重なるため、家の2階以上で過ごすなど、対策が必要になる。

自治体からの避難情報などにも、十分注意する必要がある。

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20180930-00402050-fnn-soci