「喫煙者は採用不可」。企業がこうした条件を掲げる動きが出ている。背景には健康意識の広まり、2020年東京五輪・パラリンピックを控えた受動喫煙防止対策強化、社会保障費抑制などの影響があるとみられ、導入企業からは「仕事の効率が上がった」などの声もあがる。一方で「差別だ」などとする反発もあり、議論を呼んでいる。(社会部 今村義丈)


■導入企業「好評価」

 「困難はなく、むしろ『喫煙ゼロを理由に御社を選んだ』と評価された」。1月、建設業界ではめずらしく、喫煙者不可を採用条件に明示したリフォーム会社「メッドコミュニケーションズ」(東京)の担当者は効果をこう振り返る。

 従業員の喫煙ゼロを目指し始めたのは3年前。「現場がたばこ臭かった」という複数の顧客の苦情がきっかけだった。取引先からは「魅力的」「提携したい」と反応があり、約120人いた喫煙者は禁煙治療への手当支給などで2年でゼロを達成。「強制はしなかったが、『喫煙できる場所を探すわずらわしさもなく、仕事の効率が上がった』などと好評で、採用条件に格上げするのは自然だった」という。

 約15年前から喫煙者を採用していない大阪の一級建築士事務所「アトリエm」の守(もり)谷(たに)昌紀代表(48)は、現場の防火も理由のひとつとした上で、「役に立つための仕事で、人に迷惑をかける可能性があることはしてはならない。顧客に引き渡す商品の場ではなおさら」と話す。

 今年6月発表の経営目標で2020年までの全従業員「卒煙」を掲げたロート製薬(大阪)は、採用条件には明示していないが「目標達成後は喫煙者採用は事実上お断りすることになるかもしれない」とする。

■喫煙者減り分煙進み

 こうした喫煙者不採用の動きが広がりをみせる背景には、喫煙ががんなどの要因という認識の広まりや規制強化を受けた喫煙者減少があるとされる。

 厚生労働省の昨年の調査によると、平成19年に24・1%いた習慣的な喫煙者は17・7%まで減少。男性でも29・4%と過去最低で、さらに、吸う人の2~3割は「やめたい」と思っているという。

 帝国データバンクが昨年行った職場の禁煙施策調査では、5社に1社以上の22・1%が「全面禁煙」と回答。特に不動産、金融、サービス業は30%超に上り、職場の禁煙意識も広がる。

 また、受動喫煙対策強化を盛り込んだ改正健康増進法、東京都や千葉市の受動喫煙防止条例など規制強化で、ホテルや飲食店などの接客業に限らず従業員側の「分煙」も一般的になってきたほか、非喫煙者手当や禁煙治療費支給といった補助制度を取り入れる企業も出ている。

 増え続ける社会保障費の抑制策のなかでの“たばこ包囲網”の影響もありそうだ。高齢者医療制度の現役世代負担分である「後期高齢者支援金」に関し、国が求める健康対策を進めれば企業側負担が減る仕組みの中で、国は今年度から、喫煙対策の比重を増やしたのだ。

■明確な説明必要

 一方、喫煙者不採用の動きには議論も出ている。厚生労働省によると、企業は適正と能力のみを基準に人権を尊重した選考が求められるが、同省担当者は「合理的理由で明記したなら認められる」とし、法的には問題はないと説明する。

 ただ、作家や弁護士らで作る「喫煙文化研究会」の山森貴司事務局長(46)は「喫煙だけを理由に採用まで拒む考え方は根本的に危うい」と訴える。

 4月、IT関連企業「div」(東京)の社長が職場の健康や生産性を理由にツイッターで「喫煙者は一切採用しない」と宣言した際には、ネット上では「飲酒でも肥満でも民族や性別でさえ、会社にとってリスクがあったら同じようにできてしまう」との懸念も噴出した。

 山森氏は、においにも配慮した気配りやルールを厳守する「美しい分煙」を提唱。「それでも個人の行動や好みが不採用の基準になるのであれば、容姿や性的マイノリティーへの差別と何が違うといえるのか」と疑問を投げかける。

 労働問題に詳しい伊勢田篤史(あつし)弁護士は「医療業界など勤務や企業目的から合理性があるケースで広まるのは理解できる」としつつ、非喫煙者として入社後、自宅など勤務と無関係な場での喫煙がみられた場合を挙げ「制裁できるかは難しい問題」と指摘。「企業側は導入するなら『喫煙者』をどう定義するのか、どういう理由で喫煙者不可とするのかなどを明確に説明し、不合理な採用基準にしないよう注意が必要だ」としている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180930-00000512-san-soci

みんなの意見


名無しさん
社名の入った営業車(トラックなども含む)でタバコ吸ってるの見るとやだなぁとは思う
特に窓から手を出して灰を当然のように散らしながら走ってるのとか

旭日旗は美しい
これが差別かどうかは今後不当な扱い受けたってことで裁判でも起こす人が出てこない限り法的に良いのか悪いのかわからないが、間違いなく現役大学生にしたら喫煙したら企業の選択肢が減るってなっちゃうよね。
今の学生さんに言いたいのは喫煙なんてもうしないほうが良いと思うよ、いろんな意味で喫煙していいことは何もない。、

名無しさん
業務中に何度もタバコ吸いに行ってる人は、それで効率あがってるとか言ってるけど、不在で居なかったがために非喫煙者の関係者の効率を下げてます。
タバコ吸ってる人は明らかに臭いので近くにいて欲しくないし、タバコ臭い店員がいる店は選択から外します。
日頃から吸ってる人は臭いが明らかに違います。
関係ないところで吸うのは勝手だけど効率下げたり職場に臭いを持ち込んで顧客離れのリスクを考えたら、喫煙者を採用しないというのも合理的だと思う。

名無しさん
値上げよりも歩きタバコの厳罰化を望みます。
何より臭いしみっともないし、毎日のように川や海にポイ捨てする人を見かけては、それだけでイライラします。罰金刑を望みます。

名無しさん
タバコと言えば、歩きタバコをなんとかして欲しいなあ
それなりに人が多いところでやられると、煙を避けようがないからね
歩きタバコをやっているやつは、後ろから蹴ってもいいことにして欲しいよ

HANAGE-
個人の意見なら、タバコって何がいいんだろう?
タバコ吸ってもメリットがほぼないのに、とは思う。
自分も一度吸ってみたときは、煙たいだけでいいとは感じなかった。
だけど、一応政府が公式に販売していて禁止していないものに
ここまで嫌悪されるのってちょっと違わないか?とも思う。
ちゃんとマナー守って吸っている人もいるから、そういう点では
分煙やマナーをしっかり守ってもらう方に努力をする方がいいのではないか?
道路で歩きながら吸うやつとか、車から灰捨てる奴はもう規制されればいい。

名無しさん
タバコには厳しいけど、お酒の嗜み方には大甘だよね。

名無しさん
就業中に喫煙を認めることは、会社にとって余計なコスト。受動喫煙や喫煙場所の提供などやめるべきでしょ。自宅で喫煙するかどうかは、自由であっていいと思う。

名無しさん
喫煙者ゼロを掲げてる企業の社員は、隠れて吸ってるのが実情。あまりゼロを強調しないほうがいいよ。実際はゼロじゃないから。とりあえず就業時間中に吸わなければ良いんじゃない?

名無しさん
北米や欧州の先進国と呼ばれる国に居住経験あるけど、屋内以外は日本ほど神経質に規制しているところはなかったな。よっぽど酒のほうが厳しいと感じる。 喫煙による犯罪よりも飲酒の犯罪が圧倒的に多いからだろうけど。

名無しさん
散髪屋で理容師さんがタバコ臭くて不快に感じた事がある。
タバコを吸わない人は結構臭いが気になるので接客業は採用基準に含めたが良いと思う。
ちなみにその散髪屋には二度と行かないと思った。

名無しさん
業務中に喫煙に行く上司をよく目にしてきた。喫煙自体は個人の嗜好であるので、一方的に否定はするつもりはないが、喫煙しているかどうかは、非喫煙者は敏感に察知するものだから、企業の側からのこのようなアクションは歓迎すべきことであると思う。このような動きが浸透していくと、たばこ栽培業者が苦境に立たされていくことになるであろうし、たばこからの税収が減少していくことにより、そのしわ寄せが新たな増税に繋がっていくことにもなっていくのだろう。

名無しさん
何でも 差別 と声を上げるのは 逆差別 になる。
タバコの製造販売を禁止にすれば済むのですが、税金が欲しいんでしょうね。
何事も 金目 でしょう。

名無しさん
あらかじめ「喫煙者不採用」の旨を明確に示しているのなら問題無いのでは?
少なくとも民間会社には入社試験の成績だけではなく、社風に合った人物、会社に不利益の少ない人物を選ぶ権利が有ると思います。
会社が喫煙者を「社風に合わない」と判断したり、喫煙室を設置しなければならない事、喫煙者の健康リスク、受動喫煙のリスクに拠る保険や病欠などによるリスクを不利益と考えるならば入社を拒否する権利は有るでしょう。
それに、喫煙者にはタバコを止めることでその会社に入社出来る可能性という選択肢も残っているのですから。

名無しさん
現在在籍中の会社から禁煙を強いられるのであれば問題だけど、採用の段階で喫煙者を拒否するのは問題ないと思う。
会社側がそのほうが効率が上がるからと考えるのも妥当だと思うし。
そこまでその会社に行きたいなら禁煙すればいいだけの話。
そこまでしていきたい会社のために禁煙できないような人は要らない、と言われてるようなもんなんだから。
それが嫌なら、そんな会社行きたくねえよ、と自分からやめればいいんじゃないかな。
タバコなんて気持ちの持ちようで簡単にやめられるもんだよ。、と一日二箱吸ってた元喫煙者が言います。
やめられないってことは依存症の人ってことになるわけだから。
会社としては欲しくないと判断するに値すると思う。

名無しさん
なんかたばこが好きか嫌いかで発言している人が多い気がするし、この問題を喫煙vs非喫煙で発言するのは間違ってると思う。
非喫煙者が嫌いだからとか、喫煙者を忌み嫌っているから企業のやりかたに賛同意見が多い。そういう考えや価値観で論じるから区別ではなく差別だと感じる人が多いんだと思うな。
ま、それはさておいて潔癖症&自己中心的な考えを持つ人が多い時代なんだなぁとたばこにまつわる記事や書き込みを見ていて思います。
たばこにかかる税金問題しかり、医療費問題しかり。
排他的な考えや好きか嫌いかで論じてるだけでは、いつか自分が論じられる中心にいることになるかもですよ。
ルール、マナー、節度、お互い様って案外すでに死語なのかもしれませんねぇ。

名無しさん
私は喫煙者ですが内勤で時間仕事なので、業務時間内は吸いません。
朝夕と休憩時間だけです。
禁止されてはいませんが、トイレなどと違って喫煙者だけに業務から離れる時間があるのはおかしいと思っています。
外勤の数字仕事の社員がひっきりなしに喫煙所に行くのはいい気はしませんが、顧客先で我慢しているのかと思ったり、業績に問題ないならいいかと個人的には思っています。
ただ、タバコ自体は嗜好品として合法的に出回っており、吸う吸わないも成人であれば完全に個人の自由なので、染髪やタトゥのように、納得できる理由を明記した上で制限してほしいです。
「吸ってもいい」環境でも喫煙者が非難されることも多くなってきて、正直、そういう場所や飲食店では嫌煙家の方にもマナー?が欲しいと感じます。

名無しさん
高評価と売上が連動していればその流れは広がるだろうね。
逆なら法の抜け穴探して、そこが売上良くなれば我も我もと流れが逆流することになる。
企業はイメージも大切だが、それよりも一番は金稼げるかどうかだろう。
完全喫煙者排除の流れは賛成も反対もしないが、また建前と現実のギャップみたいな感じになって訳わからん風習が増えるだけになるのはゴメンだ。
もっとシンプルに実際出来るはずなのに、わざわざ難解にしている印象が強い日本社会だから。

名無しさん
喫煙者だが、正直仕事中にタバコ吸うのはやめてもらいたい。
自分は家やバーでしか吸わないから周りからは非喫煙者だと思われてる。
タバコも酒も嗜好品なんだから自由にやればいいと思うが、仕事中にタバコ吸うのは酒を飲むのと何が違うのか分からない。
タバコ休憩してる間も非喫煙者は働いている訳だし、少なくともサボっている時間分は減給してしかるべきじゃないの?
臭いまま席に戻ってくるし、嫌がられている時点で周りの仕事効率も下げている訳だからさらに減給して良いと思う。
差別とかじゃなくて社会人としてプライベートと仕事の切り替えは当然だと思うよ。

TA
例えば美容院で、スタッフが奥で喫煙している店は店内がタバコ臭い時がありとても嫌な気分になります。長くそのお店に通うことはなくなります。今の時代、タバコ臭い店の方が良いという客は少ないのではないでしょうか。顧客獲得のためにもスタッフや社員は非喫煙者の方が良いと思います。
あからさまに年齢制限はなくとも一定以上の年齢の人は採用されないとか、ほぼ女性のみだったり男性のみだったりする職場もあります。それと同様に特に差別とは思いません。

名無しさん
色々厳しくするのはいいけど、サービス残業もしっかり時間管理してほしい。

名無しさん
採用の基準は色々とあっていいと思う
人種や性別などは変えられない物だから公平にすべきだけど
嗜好品で健康を害する恐れがあるものは採用の基準に充分なり得ると思う。

名無しさん
適材適所でいいのではないですか?喫煙者は、喫煙が有利になる専売公社が積極的に採用すればいい。飲酒を好むのであれば、飲酒が職に繋がる場を探せばいい。採用条件を細かく設定して効率良く業務を行うのがお互いのためだ。待遇に不満があるのであれば、自分を変えるか会社を変えればいい。

名無しさん
業務形態に寄るんじゃないかな?成果型の営業などは喫煙で効率が落ちたなら成果に跳ね返るはずだし。
管理部門や現業、接客業などは、ラインや接客に影響が大きいから、喫煙しない人との不公平感が強くなると思うけど。
個人的には、トイレでゲームしてる奴や、コーヒー買いに行ってなかなか戻らない奴も同じだと思います。
法的に何時間かに一度は休憩時間を5分か10分強制的にとらせて、その間に各自が個人的な欲求を満たせばいいと思う。
喫煙もその休憩で。

ぶっ通しで働くことを前提とするから不平不満が多いのかと。


名無しさん
何処でも、いつでもタバコが吸い放題だった後期高齢者のタバコ由来の病気の面倒もみなくっちゃいけないから、禁煙して健康に長く働きましょうって事になってますが。。。それはともかく、従業員の健康管理も企業としては重要な課題で、今現在は健康で働ける環境を整備し有用な人材に長く働いてもらうと言うのが一つの流れに成っています。当然、禁煙出来る環境を作るのも必要で、それを実現すれば、喫煙者の採用はためらわれます。それは差別でなく、健康を維持しつつ仕事にどう取り組むかの意識の問題で、意識の高い方を採用したいのは企業として当たり前だと思いますが。

名無しさん
健康面を考えるのであれば、一つの策とも言える動きだと思います
一方で、喫煙者が減ってきているとはいえ、長年喫煙してきた人はまだまだたくさんいると思いますし、”採用してほしければ今すぐ喫煙やめろ”と言われてどのくらいの喫煙者がすぐにやめられるか、というのもあるかと思います
喫煙はある意味ドラッグ(合法ドラッグとも呼べるべき存在)で”依存性”があるものなだけに、やめようとしてもなかなかすぐにはやめられないのではないかと思います
そうなりますと、本当に喫煙していない人しか採用できず、”能力のある喫煙者より無能な非喫煙者がいた場合、それでも採用するのか?”等の問題(そういった問題もありえる、というだけの話ですが)が出てくる可能性もあるかと思います
ようするに、メリットもあればデメリットもある動き、ではないかと思います
賛成しているわけでも反対しているわけでもなく、個人的な意見を述べてみました

名無しさん
いい事だと感じます。私の職場では緊急対応があるのですがどうしても喫煙者はタバコを吸いに喫煙所に行ってしまい連絡が付かなくて少ない人数での緊急対応となりかなり齟齬をきたすことも度々あったのですが、喫煙者だけのシフトを作らない等の対策はしていますが半数が喫煙者では正直しんどい部分はあります。最初から吸わない人のみを採用してくれたら随分非喫煙者の負担は減ると思いますので我々のような職種こそ是非積極的に導入してもらいたい

名無しさん
喫煙があくまでも個人の趣味・趣向の範疇だという事実を忘れていなければ事は簡単。強制して抑えるものでもないし、逆に就業中に時間を割くものでもない。個人の趣味でもイヤホンからの音漏れは周囲の迷惑になるのと同じで、副流煙・残留臭は害や嫌悪感があるのは同様。一方で趣味・趣向は個人の範疇。推奨は出来ても不採用の理由にするには、採否の決定権を握る側の立場の強みが滲んで見えてしまう。
自分は喫煙者ではないが、日本は何か一辺倒に偏る傾向が強くなっている気がする。寛容さが失われつつある。

名無しさん
タバコは嗜好品。
そして合法。
個人の趣味嗜好を採用の基準にするのは現状では差別だと思う。
ただ採用の自由は企業にあると思う。
嫌なら受けなければいい。
同時に、非喫煙者は喫煙可の店や企業に嫌なら行かなければいい。
お互いが干渉しない事で解決する問題。

小鳥遊神社
差別ではなく区別
喫煙によって健康被害を受ける確率は格段に上がるし家庭を持てば家族が病気になる可能性も上がるのだから、企業保険を導入している会社にとってはコスト削減
また労災の確率だって喫煙者の方が高いのだからリスク管理にも繋がる
また現在喫煙者のために喫煙室を整備する事で不動産代や社屋代、喫煙設備など喫煙者のためだけのコストが生じ、勝つ喫煙に要する時間によって非喫煙者より少ない労働時間で同じ給料を払う不公平な状態をまで居ているケースも多い
ならば最初から余計なコストやリスクを招く確率の高い人間を雇用しないのは当然の事であり、企業の裁量権の範囲
レベルの低い大学出身者や高卒を最初から募集要項で弾いたり、親がヤクザや弁護士、活動家など問題が起きそうな人を雇わないとか言うのと同じ

名無しさん
①この動きは企業の自由だから好きにすればいいと思うが、非喫煙者と表明して入社した人が喫煙した場合、詐称で懲戒処分にするのであろうか? その場合どうやって調査し判断するのであろう?
②労働時間の観点で、喫煙者が就業時間内に喫煙で席を外すことが非喫煙者とは不平等であると意見する方は、非喫煙者であってもお茶やコーヒー、化粧直し、トイレなどで頻繁に席を外すことも同時に不平等であると論じるべきでは?
③非喫煙者は喫煙そのものを嫌っているのであって、会社が喫煙者にどう対応すべきかとか、喫煙者の意識が低いなどといったことを論じることに意味はなく、国が喫煙を禁止することでしか非喫煙者の納得は得られないように感じる。

名無しさん
喫煙者ですって企業に名乗るのは
「自分は嗜好品を嗜むために勤務中度々席を外します。その嗜好品は健康を損なう恐れがあるものです。」って明言するのと同じだからね
企業が避けたいと思うのは当然

sume
私の経験では、タバコは、未成年が大人への反抗心のあらわれだった。してはいけないスリルを味合う感じで、吸っているとカッコいいと思って吸っていた。
今は、健康を害することから、禁煙できる場所も減ってきた。
一部のマナーが悪い人により、喫煙者に対しての風当たりが悪くなってきているのも確か。
近所の寿司屋で、タバコを吸いながら、常連客と話しながら握っている姿を見て、二度とその店には行かなくなった。
タバコが問題ではなく、あくまで吸う人のモラルの問題。

名無しさん
私は非喫煙者です。自分の休憩時間に勤務中にもかかわらず喫煙に来る社員が居ます。長がちょこちょこ吸いに来ているので長から改めなければ何も変わらないと思います。だけど部署によっては休憩時間と業務終了後しか吸えないところもあります。これが当然のことだと思うのですが、同じ部署の喫煙者の方に意見を聞いたことがあります。勤務中にちょこちょこ居なくなって吸っている人をどう思いますか?と。そしたら自分も吸いたいのにいる部署はそんなことできるところではない忙しい部署だから、逆にできる部署はズルイ!って。プラス残業してたら、残業手当も出てる訳だし、仕事が終われなければ、吸わなきゃ良いということでした。残業手当で稼いでるとしたらそれも損失です。

名無しさん
先日、休日時居住するマンションの施設で不具合があり某有名警備会社の方に来てもらったのですが、喫煙者の方で全身タバコ臭でした。離れていてもタバコ臭が気になるほどでした。接客する業種の方は、接客中は気を使って欲しいなと感じます。自分が喫煙者でも人の吸った臭いは嫌だという喫煙者もいます。業種によって差別という考え方ではなく喫煙の有無を採用基準にしてもいいのかなと考えます。

名無しさん
タバコを吸う吸わないはそれぞれの判断だし、吸ってるから嫌われ仕事出来てないと言われるのは少し違うかなと。吸ってない人でも仕事出来ない人はたくさんいるし。企業で目につくのが、
・タバコばかり吸って休憩してる。
・タバコ吸いたいから外ばかり行ってる。
・営業車で吸って窓からタバコを捨てる。
などといった、仕事中にすることじゃないだろうといった、行動でタバコを否定してる感じだと思う。確かに、身体には良くないから吸わないに越したことはないが、これが大手企業の社長が吸っていたら吸わないで下さいなんて言えないし、タバコを吸う場所で仕事の閃きがあるのも事実。
人を見ないで不採用にするのは、損をしている。その人がどんな人で、どんな仕事が出来るのかをちゃんと見てあげて採用、不採用を決めるのが社会を作る上で一番大切だと私は思う。

名無しさん
俺も、タバコは吸わないし、どちらかと言えば嫌いだけど、
軽微な喫煙者も含めて無条件に「不採用」とするのは、
たばこが成人ならば無条件で購入できる社会状況もあり、
現状では論理的に差別に近いと思う。
(ただ、休憩時間まで吸わずにいられない程のタバコ中毒なら、業務に支障をきたすので、不採用も差別ではない。)
恐らく、今後5年~10年を目処に、喫煙者の不採用が差別でなくなるよう、
喫煙者に禁煙に向けた治療を採用の条件としたり、特に高い職能を求めるなどして、
毎年、採用のハードルを高くしていく段階を踏むべきではないか。
そうすれば、
「喫煙は就職に非常に不利」というコンセンサスが社会の中で無理なく広がり、
自発的な禁煙が自然に広がっていく相乗効果も、大いに期待できるはずだ。

yukimidaifuku
20年以上前だと真面目な人でも大人になったらタバコを嗜む人が多かったけど
今の20歳前半くらいの若者で真面目に生きてきた人はタバコに手を出す機会がなかなか無いからね(親や周りの大人が止めるから)
今の若者で喫煙する人は大抵どこかでグレていた時期があるか、グレていた人と親しくしている人が多い
どのみち短い面接で人間性を完全に理解するのは難しいから記号的に真面目に働かない可能性が高い属性は落としていく方向になるよね
別に不満があるなら会社員以外でも生き方はあるわけで
喫煙するのも会社に入りたいと面接を受けるのも企業が喫煙者を採用しないのもそれぞれの選択だし良いんじゃない

名無しさん
喫煙は害があるのは確かだ。が、喫煙は基本的に法で認められているのは言うまでもない。世間では、健康面を考えた中で、周囲とのマナーなどの事においても、禁煙・嫌煙が盛んで、やめる人も増えてきている。しかし、過去にあれだけ多くの人が喫煙していて、一挙に減少するとは考えにくい。データでは表れていないはずだ、実際吸っている人はそれなりにいる。本音と建前ではなく、相矛盾する考え方があり、煙草は国策だったし、批判のないことを利用し、税率を上げただけだ。同様、企業も表立った反発なく、社会的にあたかも効率良いと感じさせ、クリーンなイメージを図る。本当に優秀な人材を見つけるならもっと違うアイデアがあるはずだ。

坂本洋一
喫煙は色々と不利益が多い。一度吸い始めて依存になると意地でもあれこれ言い訳を並べて正当化したくなる。薬物とはそういうもの。でも、自分の健康面、他人の健康面、購入費とか悪いことをあげたらきりがない。お酒やタバコのような薬物が近代になり企業による運営でより大きく広めるきっかけとなったのは税収の安定化。歴史的に見ると、各国の政府はこれらの依存性や健康への問題を知っていた上で国民の誰もが買えるように広げた経緯がある。