【AFP=時事】(更新、写真追加)米当局者らは2日、ドナルド・トランプ(Donald Trump)大統領と国防総省宛てに送られた郵便物に、猛毒のリシンが含まれていた疑いがあると明らかにした。

大統領警護隊(シークレット・サービス、US Secret Service)によると、1日にトランプ大統領宛ての「不審な封筒」が見つかったものの、「ホワイトハウス(White House)に届いたものではなく、建物内にも入っていない」という。

 またクリス・シャーウッド(Chris Sherwood)報道官によると、同省近くの検査センターで1日、リシンを含む疑いのある少なくとも2つの不審な郵便物が検知された。

 ただ同報道官は、これらの郵便物にリシンが確かに含まれているかどうかは確認中だと強調している。郵便物は調査のため連邦捜査局(FBI)に引き渡された。

 同省関係者がAFPに明かしたところによると、国防総省宛てに送られた郵便物はジェームズ・マティス(James Mattis)国防長官と、ジョン・リチャードソン(John Richardson)海軍大将宛てだった。

 同省報道官のロブ・マニング(Rob Manning)大佐は、1日に検査センターに届いた郵便物は全て隔離しており、「職員への脅威はない」と説明している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181003-00000000-jij_afp-int