アメリカ海軍が久しぶりに南シナ海での「公海航行自由原則維持のための作戦」(FONOP)を実施し、駆逐艦「ディケーター」を航行させていたところ、中国海軍駆逐艦が、中国の領海から退去するよう警告しながら接近し、突進してきた。ディケーターは緊急回避を余儀なくされ、危ういところで軍艦同士の衝突を回避することができた。
■ 成果が上がっていないFONOP

 2015年10月に開始されたアメリカ海軍艦艇による南シナ海でのFONOPは、オバマ政権下では4回実施された。オバマ政権が最後に実施した2016年10月下旬以降半年ほど中断されていたが、トランプ政権が2017年5月下旬から再開した。以来、2018年5月までほぼ一月おきに7回実施されたため、これまでにアメリカ海軍は11回のFONOPを実施したことになる。

 (注:アメリカ海軍によるFONOPは、南シナ海に限らず世界中の海で実施されており、警告を発する対象は敵対勢力に限らず同盟諸国も含まれている。ただし、本稿での「FONOP」と呼称する作戦は南シナ海におけるFONOPだけに限定する。)

 しかし、その間に南沙諸島では、港湾施設などが整った7つの人工島が完成した。そのうちの3つには立派な軍用航空施設が設置され、レーダー施設や対空・対艦ミサイルまで設置されるに至った。

 南沙諸島だけでなく、かねてより中国が実効支配を続ける西沙諸島でも、「アメリカのFONOPにより軍事的脅威が強まった」との理由で、防衛のための対艦ミサイルや対空ミサイルが持ち込まれている。

 要するに、アメリカ海軍が南シナ海に軍艦を派遣しFONOPを実施しても、結果的には何の成果も挙げられなかったのである。

■ 経費節減が図れる「爆撃機によるFONOP」

 とはいえ、FONOPを中止して、中国による南シナ海や東シナ海の軍事的支配が強化されていく状況を放置することは、アメリカ政府にとってはできない相談である。

 そもそもFONOPは、公式には、国際海洋法秩序を守るための活動である。表面上は中国の軍事的膨張主義を封じ込めるためではなく、国際海洋法秩序を脅かす勢力に対して断固として反対する立場を示すために実施している。だからこそ、国際海洋法秩序の根幹である「公海航行自由原則」の維持が作戦名となっているのだ。

 だが、1カ月おきに軍艦を南シナ海に派遣して何の成果も上がらないのでは、経費がかさむだけである。ビジネスマンであるトランプ大統領にとっては、コストパフォーマンスは純軍事的効果より大切だ。そこで、軍当局は南シナ海上空や東シナ海上空でのB-52爆撃機の示威飛行を繰り返した。この方法だと、軍艦によるFONOPの数分の1のコストで、アメリカが国際海洋法原則維持の守護神であることをアピールできる。9月下旬、アメリカ空軍B-52爆撃機が南シナ海上空を飛行して、上空からのFONOPを実施した。

■ やはり軍艦によるFONOPも必要

ただし、経費節減にはなるといっても、中国が領有権を主張している海域内(すなわち領海に相当する海域)を航行する軍艦によるFONOPと違って、B-52爆撃機を、中国が領有権を主張している島嶼環礁の直上(すなわち領空に相当する空域)を飛行させることはない。

 また、B-52爆撃機が核爆弾をはじめとする各種爆弾を積載できるとはいえ、南沙諸島や西沙諸島に接近して中国側に軍事的圧力をかけようとは、アメリカ側としても考えてはいない。

 大型かつ低速でステルス性もゼロのB-52爆撃機は、多数の戦闘機や対空ミサイルシステムを取り揃えている中国軍にとって、いつでも撃墜可能な存在だ。また、それ以前に、中国軍がB-52を撃墜することも、米空軍がB-52で南沙諸島や西沙諸島を爆撃することも、戦時ではない現状においては起こりえない。

 要するに、B-52爆撃機による南シナ海や東シナ海での示威飛行が、「アメリカ政府としては何もやらないわけにはいかない」ために形式的に実施しているデモンストレーション飛行であることは明らかである。軍艦によるFONOPに比べて経費節減にはなるものの、さらなる実質的な効果は望めない。したがってB-52爆撃機によるFONOPを駆逐艦によるFONOPに取って代わらせることはできない。

 B-52爆撃機によるFONOPには、他の問題もある。4カ月も南シナ海に軍艦を派遣せず、爆撃機を飛行させただけで格好を取り繕うとする状況は、トランプ大統領が批判していたオバマ大統領と同じく中国に対して腰が引けているとみなされかねないということだ。

 こうしてトランプ政権は、B-52爆撃機の南シナ海飛行に引き続いて、ミサイル駆逐艦「ディケーター」を南シナ海に派遣したのである。

■ 米艦艦首40メートルに中国艦が接近

 そして、事件が発生した。

 南沙諸島に中国が建設した7の人工島の1つ、ガベン礁の沿岸12海里内海域をディケーターが航行していると、中国駆逐艦(10月1日現在、艦名は明らかにされていない)が「中国領海から直ちに立ち去るように」といった警告を発しながらディケーターに急速接近してきた。

 警告を繰り返し発しつつ危険な動きをする中国駆逐艦は、ディケーターの艦首前方およそ40メートルという超至近距離を横切る「極めて危険」な行動に出た。そのためディケーターは緊急回避行動を取らなければならなかった。このように、米軍艦は危うく中国軍艦との衝突を避けることができたのだ。

 太平洋艦隊司令部は「中国軍艦は、信じられないほどアグレッシブな妨害行動に出てきており、極めて危険な状況に直面する可能性は今後ますます高まるであろう。しかしながらアメリカ軍は、国際法が許容している範囲内であれば、今後も引き続き航空機を飛行させ、軍艦を航行させ、国際海洋法秩序の維持に努める」との意向を表明している。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181004-00054280-jbpressz-int&p=2

みんなの意見


名無しさん
やはり中国に金持たせるべきではない。
あらゆる企業は中国から撤退するべきだ。

名無しさん
現状実際ドンパチしないのだから、物理的な衝突にまで発展するしかない。
お互い装甲など無いわけだから、船の大きさの勝負になる。それならぶつかって来る中国側の方が、相手を選択出来るから有利と言える。
正面はないにしても側面でもかなりの被害が出るだろう。海の上でどちらが仕掛けたかは証明しにくく、有耶無耶になる可能性が高い。厄介な奴らだ!

名無しさん
回避行動を取らずに激突するって選択は出来無かったのだろうか?

名無しさん
やはり中国は早急に崩壊させないと。

名無しさん
海保巡視船みずきへの中国漁船衝突の記憶もまだ残る中、今度は軍艦での威嚇行動ですか。中国も本当に後先考えない国だと思う。
万が一にも軍艦同士が接触したら、一気に国際問題に火が付きかねないのに。お互いに相手艦を撃沈する能力を有しているのだし、チキンレースをする場では無いと思うのだけど。
自分は米国の主張が正しいと思うし、中国の海洋進出や軍事的圧力の強化は危険だと思っているけど、それをこういう形で具現化してくるとなると、一層中国は危険な国だと言う事を再認識させられてしまう。
これはそう遠くない将来中国、南北といつ朝鮮連合にロシアが支援、日米英に多国籍軍が支援と言う形での極東有事も充分有り得るような気がしてきた。

名無しさん
中国はアメリカに軍事と経済が勝てると思ってるのかな?

名無しさん
一度避けると次も避けると中国は思うのではないかな?

名無しさん
一戦交えたほうがよかったんじゃないか!
決着つける時だろう。

名無しさん
両国とも折れることが出来ない状況になってきたね。
予想できない突発的なことから戦争になってもおかしくない。
中国にも言いたいことはあるだろうけど
今は完全に正義はアメリカ側にあるからね。
中国の周辺諸国への対処のせいで味方はほとんどいないしね。
本当に戦う気がないなら降りるのは今のうちだよね。

名無しさん
こうすればアメリカは逃げると学習しちゃったかもね。

ビーチでビール最高!
近隣諸国での戦争はして欲しくない。しかし、中国の諸外国への身勝手な進出は常軌を逸脱していると言える、何れ事が起こる可能性は決して低いとは言えない。
米国の優位性が高いうちに徹底的に叩くべきかと。
でも、露が黙っていないだろうなあ。

saber
アメリカ軍は次回こんなことが起きれば自衛のため中国軍の艦艇を攻撃する。アメリカは甘くない。飛行機は特に向かってくる相手を撃墜したことがある。中国艦は知ってるんだろうか。艦内のオペレーターは常に緊張してると思う。中国のこうした行為は危険です。

名無しさん
スプラトリー諸島周辺の海域で日米英仏豪印の軍事演習をやってくれないかな。

名無しさん
流石は中国、やることがクレイジーだ。

名無しさん
実際に交戦したことが無い兵士が乗ってる中国海軍。
元々は古い兵器しか所有してこなかったのが経済発展で新型の駆逐艦を所有するようになった中国。
新しい玩具はどんな性能なのか使ってみたいと現場は思ってるんじゃないのかな。
現場まで統制がとれていない人民軍は交戦意欲が強いと思う。
偶発的な事で戦端が開かれることも有りそうだな。
お互いにその時にどのように矛を収めるかが問題になると思う。
中国は習のメンツがあるから矛を収めないだろうし、アメリカだってトランプはやる気満々だろう。
もしかしたらロシア辺りが仲介するのかな。
アメリカでの会食の時にアメリカが習にシリアにミサイル攻撃を伝えた時の驚きと言うか唖然とした顔を忘れられない。

名無しさん
中国なくなればいいのに

名無しさん
むしろ米国はその偶発を待っているかもしれない。

名無しさん
突撃してくる=攻撃ですから、砲撃しても良かったのでは?

名無しさん
フィリピンに空軍基地を再開すべきだね!ベトナムでも良いけど!

名無しさん
あぁ、衝突回避という前例を作っちゃた。
アメリカの弱気と捉える人もいるけど
この場合、ちょっと違う。
アメリカが回避行動を取るという事は
相手の衝突意志が明確になったという事
つまりは次、同じ針路を中国の艦船が
取った場合、明確な衝突意志と判断され
回避する前に、何かしらの対処が実行
される可能性が高まったということ。
いつも海保や他の艦船に対してやって
いるから、麻痺してるのかもしれない
けど、外国の軍艦、しかもアメリカに
やるという事がどう言う事になるか、
人民解放軍は判っていない。
相変わらず過去から何も学ばないねー
まー、常任理事国が中国から、日本に
なる日は近いかもね。

kaitoribob.comtyatarou
ヤクザがヤクザの事務所に行うデモンストレーションみたいなもんだね、もっと大義がないといけませんね。
南沙諸島の価値を認めてはいけないのです、国連で問題にしないのが分かりません。
ならず者じゃないのですから、縄を張ったら俺の縄張りってことが許されないと確認するべき。
それが国連で決められないのであれば国連なんて解体すれば良い。
新しい組織を作れば問題ないのですからね、どうせアメリカと日本が抜ければ解体されると思いますよ。
別に戦争すると行っているわけではなく、今となっては必要の無い組織ってことです。
中国の横暴を許す国連なんて何の価値もありません。

名無しさん
世界のヤクザにお金と武器を持たせたら使い方を間違え危険
当たり屋そのもの

名無しさん
あまりアメリカをなめない方がいい。まぁ、中国は一回お灸をすえられる位の方がいいかもしれんけどな。

名無しさん
トランプさんは今が中国潰しの好機と考え貿易戦争を起こしたのかもしれない。経済大国第二位からの陥落は戦争をするよりも軍事力の削減が期待できる。

名無しさん
早急に空母打撃群が派遣されるだろう!

名無しさん
意地と意地の張り合いになったら軍事衝突は避けられない。本能からくる人間の行動は昔もいっしょ。今も変わることはない。

名無しさん
戦艦ミズーリを現役復帰し、南シナ海を
徘徊させれば良い。
幾ら、蛮族中国のオンボロ巡洋艦がぶつかっても
戦艦ミズーリには影響は無いし、逆にぶつけた
巡洋艦が沈没するよ。
現在の巡洋艦は、ミサイ攻撃に対抗する為、
装甲板を無くし、速度で退避行動を機微に
する事を主眼にしている。
前に日本でアメリカのイージス艦と貨物船が
衝突事故し、イージス艦に甚大な被害を与えた。
だから、第二次大戦中に活躍した戦艦なら、
軍艦同士の接触なら、戦艦ミズーリが勝つ。
それに主砲なら一発で蛮族中国の巡洋艦は
沈められる。
小競り合いなら、戦艦が勝つよ。
多少のミサイルでも、戦艦の装甲板が勝つ。
第二次大戦中は、戦艦同士の主砲戦か、魚雷戦
が主要攻撃手段だったからなぁ。
アメリカの水爆実験でも、標的艦にされた
旧日本海軍の戦艦は、沈まなかった。
確か、2回目の核実験で沈んでだよなぁ。
次の手は?

名無しさん
中国海軍と言っても、どこまで政府や軍中枢の意向が現場に浸透し、徹底しているのやら。
英雄気取りの跳ねっ返りもいそうだ。
何をしでかすかわからないのが、中国の怖いところで、尖閣も同じことが危惧される。
沖縄の警戒強化を強く望む。

K国と共産党は嫌いです。
撃てばいいでしょ。

名無しさん
もっともっと経済圧力を強めた方が効果的であることは、分かっているはず。
たっぷりと課税してあげれば良い。
共産主義者が自由を論じる理解不能な世界になっている。

名無しさん
アメリカはあのトランプ氏だからな。日本、我々日本人もそろそろ戦争参加の覚悟だけは持っていないとマズイかもしれない。

名無しさん
中国側の見方からすると、アメリカの方が侵略者で、アリメカ側の見方からすると中国の脅威が増したということですね。どっちがいいのか?悪いのか?は立場で違うから既成事実として受け入れられるくらい時間が経った方の勝ち。そうやってアメリカはアメリカ大陸発見から発展してきましたね?中国も今の大陸統一国家もそうやって出来ましたね?日本だってそうやって出来ましたよね?さて、これからどうなるのだろう?平和は続かないような気がします。

名無しさん
中華思想の独りっ子政策でワガママ放題に育った中国人が今後増える事を考えてたなら
偶発的と言うより核心的に攻撃してくるのではないでしょうか。
避けたりすればさらにつけあがると思いますし実弾で自衛のための防衛戦なら問題ないかと思います

名無しさん
中国は力を見せ付けたいのでしょう。
米国と一戦交えれば、瞬殺されると思います。

名無しさん
中国がぶつかっていても、相手がぶつけたと必ず言いますよね。
海保の船をぶつけた時も、言ってましたよね。
それなのに、当時の政権は映像を隠そうとした事にビックリしました。海上保安官のネット投稿が無ければ日本が悪い事になっていた可能性が高かった。
この海上保安官は日本のため将来のために、投稿したのに事実上のクビにした当時な政権奴らが許さないです!

札幌の猫つかい
こんな事態に何も対処できないなら国連なんてなくしてしまって、新たな枠組みを作った方がいい。もちろんチナとロシア抜きでね

名無しさん
日本も中国船の体当たり攻撃に耐えられるよう十分頑丈な巡視船や護衛艦を用意しておくべきだ。体当たりする相手側が沈没するように。

名無しさん
両国の操艦技術の分析が必要。40メートルはあまりに近すぎ!中国艦は本当に衝突させるつもりだったとしか思えない。
今の洋上艦は、撃たれても対処できるが当たられたら終わりです。この間の米イージス艦の事故が物語っています。
しかも回避行動をとれば、その艦の最大運動性能がバレるわけで、あまり静観できる状況ではありません。

名無しさん
トランプ大統領は80兆円もの国防予算を確保したのだから、このような地道な軍事行動を起こしてほしい。いずれ、にほん、英国そして豪州が後に続く事になるので。

名無しさん
アメリカがまた数増やして行くんじゃないかな。
絶対に引かないと思うよ。中国を黙らせるにはここを抑えるのが一番早いかな。

https://headlines.yahoo.co.jp/cm/articlemain?d=20181004-00054280-jbpressz-int&s=lost_points&o=desc&t=t&p=4