(CNN) 航空機で空を飛んだり銃を構えたり、滝の上の滑りやすい岩の上に立ったり――。そんな自撮り写真を撮影しようとして命を落とした人は、世界で259人に上るという調査結果が、このほど学術誌に発表された。

この統計は、インドの医療研究団体が2011年10月~17年11月の間に各国のニュースで報じられた内容に基づいてまとめた。

その結果、自撮り写真撮影中の死者が多かった国はインド、ロシア、米国、パキスタンの順だった。死者の約72%は男性で、年齢は30歳未満が大半を占めている。

インドでの死者は、259人中の159人と半数以上を占めており、その理由として研究チームでは、30歳未満の人口が世界一多いことを挙げている。

一般的に、自撮り写真を撮る人は女性の方が多いものの、男性はドラマティックな写真を撮ろうと断崖絶壁に立つなど、危険を冒す傾向があるという。

死因で最も多かったのは、波にさらわれたり、ボートから転落したりしたことによる溺死だった。続いて動く列車の前で写真を撮ろうとしてはねられるなどの「交通機関」が2位、火災と高所からの転落が同着で3位となっている。8人は危険な動物と一緒に写真を撮ろうとして死亡していた。

火器を伴う死者は米国が最も多く、銃を構えた姿を自撮りしようとして誤って発砲する事故が起きている。

実際の死者がもっと多いのは間違いないと研究チームは指摘する。例えば、運転中の自撮りで事故を起こして死亡したとしても、単なる自動車事故として処理される場合が多い。

また、途上国では自撮りによる死亡事故がニュースで取り上げられないこともある。

死亡は年々増加する傾向にあり、2011年の3人から16年には98人に増えていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181004-35126543-cnn-int