スウェーデンの首都ストックホルムのホテルで起きた中国人観光客が絡んだ小さなトラブルが、両国の外交問題に発展しているようです。
「2020年に外国人旅行者4000万人」を目標に掲げる日本でも、外国人が増えることによって生じるトラブルを不安視する人は少なくありません。

建築家で、文化論に関する多数の著書で知られる名古屋工業大学名誉教授・若山滋氏は、北欧で発生したこのトラブルを「西と東の文化衝突」と指摘します。スウェーデンと中国を訪問した時の自身の体験を踏まえながら、この小さなトラブルの背景にあるものについて若山氏が論じます。

西と東の文化衝突
 小さな事件が波紋を広げている。

 スウェーデンの首都ストックホルムのホテルで、ロビーに泊まり込もうとする中国人親子三人を、警察が引きずり出したのだ。中国人親子が「これは殺人だ」と叫びながら動画を撮影しネットに流したことで、両国政府とマスコミを巻き込んだ国際問題となる。

 中国政府は、ホテルと警察が粗暴な対応を取ったとしてスウェーデン政府に抗議したが、スウェーデン側はむしろ中国人親子の態度が違法だと主張。スウェーデンのテレビ局も中国を揶揄する番組を流した。そして中国内部では意見が分かれはじめたという。

 たしかに小さな事件だが、背景には両国の文化の力が働いていることを感じる。もっといえばこれは「西と東の文化衝突」ではないだろうか。

 その感覚は、この時代に生きた日本人としての経験からくるものだ。そこでこの40~50年間の両国の文化の変遷を、体験記的に振り返ってみたい。

スウェーデンで働いた日本人の若者
 若い頃、ヒッチハイクでヨーロッパをまわり、スウェーデンでアルバイトをしようとしたことがある。

 大学紛争の熱が冷めたころで、傷心の日本人若者がヨーロッパをウロウロしていたのだ。1ドル360円の時代、特にスウェーデンの物価は高く給料も高いので、多くの日本人若者が働いて旅費を稼ごうとしていた。五木寛之の北欧小説の影響もあったろう。世間一般には「皿洗い」とされていたが、実際には「皿引き」といって、セルフサービスのレストランで客が食べたあとの皿を片づける仕事が多かった。

 そういった若者の中に、針金のネックレスやブローチなどを手づくりして路上で売る男性がいた。アメリカのヒッピー文化が伝わったのだろうが、手先の器用な日本人に向いていると思った僕は、その手伝いをして技術を学ぼうとした。しかし遠くに警官の姿が見えると、彼は「ノーパミ狩りだ!」と叫んで、毛布のようなシートをパッとたたんで逃げ出すのだ。政府はノーパーミッション(許可なし)で働く外国人を取り締まっていた。僕も一緒に逃げたが、そんなことで捕まって強制送還されてもしょうがないと思い、この仕事は諦めた。

 そんな路上の経験から、つまり社会の底辺の目線から、スウェーデン人が独特の貴族意識をもっていることを感じとったのである。

 外国人労働者が多く、スウェーデン人は高級な仕事に就き、そうでない仕事は外国人にと、人種分業が定着していた。多くのレストランでは南ヨーロッパからやってきたイタリア系の人間がコックやマネージャーとなり、日本人の若者はその指図のもとで働いていたのだ。まさにヨーロッパ文化が築いてきた社会構造の底辺である。

ヨーロッパ貴族文化としてのプライド

正式にはスウェーデン王国という。17世紀にはフィンランドも、現在のエストニア、ラトビアなど大陸の一部も領有し、バルト帝国として君臨した。

 第一次、第二次世界大戦では中立を貫いた。スウェーデン鋼と呼ばれる良質の鋼材を産出し、ボルボ、サーブといった自動車、航空機産業に加えて軍需産業が強かったので、ヨーロッパのほとんどが戦乱に巻き込まれているあいだに大いに富を蓄積した。国民一人当たりの所得はきわめて高く、社会福祉も行き届き、王室の権威も保たれていた。まさに「北欧の雄」であり、イギリス、フランス、ドイツのように世界政治の現実に揉まれる地とは離れた「ヨーロッパ貴族文化の極北」といった感があった。

 たとえば隣国のフィンランドにもアルヴァ・アアルトという有名な建築家の作品を見るためにしばらく滞在したが、当時はスウェーデンと比べ貧しい国であった。しかしきわめて親日的。長い間ロシアの圧迫を受けていたため、日露戦争でロシアのバルチック艦隊を壊滅させた日本海海戦の指揮官を英雄視して「トーゴー」という名のビールがあったほどだ。スウェーデンの女の子は東洋人など洟も引っ掛けないといった雰囲気だったが、フィンランドの女の子は総じて親しみやすかった。地政学的な力学は若い男女の関係にも反映されるのだ。

 その後まもなく、変動相場制に移行して1ドル200円前後になると、海外における日本人の地位は一挙に上がり、社会の底辺で働いていた若者も日本企業のサラリーマンとして一流ホテルに泊まって仕事をするようになる。さらに1ドル100円前後になると、ブランド品を爆買いする日本人観光客が大量にやってくる。

 つまり為替が、その国の人間の立場を変えていくのだ。円が安いときはこき使われ、強くなると一目置かれ、調子に乗ると鼻つまみ者になる。そして、このような立場はその国の本当の文化度と必ずしもつり合わない。

 今の中国は、その数十年前の日本の軌跡を追っている。

 スウェーデンはその後、オイルショックの影響を強く受け、サーブは倒産し、日本と同じような時期にバブルがはじけて株価が暴落するなど、経済的に苦しんでいるが、国民の生活の質は現在も高い。つまり実力の割に、ヨーロッパの貴族文化としてのプライドが残っているといっていい。

 しかも現在のヨーロッパは、大量の難民にさらされ、人権より自国を優先させている。大量の観光客に対しても、経済的には歓迎するが、気持ちの上では排他的な力が働くのだ。ロビーに居座ろうとする中国人親子に難民の姿が重なったことは想像に難くない。

分断される中国文化

 一方の中国は、この40~50年間、どのような変化を遂げてきたか。

 初めて中国を訪れたのは、今からおよそ40年前のことだ。日本建築学会の一員として、ヤオトンと呼ばれる地下住居やパオと呼ばれるテント住居を調査するためであった。内陸部にはまだ未解放区が多く、人々はすべて同じ国民服を着て同じ型の自転車に乗っていた。自動車を見ることは稀であり、女性のオシャレといえば黄色いスカーフがせいぜいで、国民のほとんどは貧しい農民であった。しかし彼らの笑顔には、古き良き時代の人間の温かさが感じられた。

マルクスの理論によれば、都市部の労働者が革命の中核となるのであるが、毛沢東は中国の実情を考え、共産党の基盤を「農村」に置いた。下放政策や文化大革命は、都市部の知識人を農村化するという政策と運動であり、つまり中国共産党は農村党であったのだ。

 しかしトウ(登におおざと)小平が改革開放路線を取ってからは、沿岸部の都市が急速に経済発展し、内陸部の農村との間に分断が起きた。中国には戸口という、都市の戸籍と農村の戸籍とを分ける制度があり、農村から都市に入るのは簡単ではない。富は都市部に集中し、場合によっては海外に資産を移す者も出る。つまり今、中国は、都市化し国際化した中国人と、内陸の農村に置かれたままの中国人とに分断されているのだ。今回の事件で、意見が分かれるのはこの分断を示している。

 それは都市部の人間が国際マナーに従っているということではない。むしろ「金満化した農村文化」として現れることもある。今では共産党もエリートを集めた特権階級となっているが、農村に基盤を置くという創業者精神は残っているので、タテマエとしては、国際マナーに外れる農村的な行為も擁護するかたちになる。

 もう一つ、今回いわれているのは、一人っ子政策による「小皇帝」と呼ばれる世代のワガママである。

 文化大革命から改革開放そして金満国家への過程で、宋代以来の士大夫層の儒教的道徳はほぼ崩壊した。そこに新しい道徳意識が育つのか、育つとしたらそれは西欧的な国際マナーに準ずるものになるのか、それともやはり東洋的、中国的なものになるのかは、なかなか見えてこない。

 今の中国文化は、経済力と軍事力だけが肥大し、精神的な価値規範が育っていないという特異な状況であり、それが粗暴さとなって世界に露呈しているのだ。これからこの大国が、革命期には過去の遺制とされ、プチブルの悪癖とされた、道徳とマナーに、どのような方向性を見出すのかは大きな課題である。

 孔子学院などの政策にも兆候が現れているが、より大きな「儒教回帰」が起こるかもしれない。

中国は文明、日本は文化

世界には、文明と文化をハッキリ区別する国とそうでない国がある。

 イギリス、フランス、アメリカ、中国などは区別しない国であり、日本、ドイツ、ロシア、その他多くの国は区別する国である。

 つまり区別しない国は、自らが文明の中心という意識が強い。中国が北京オリンピックで、紙と印刷と火薬と羅針盤を四大発明としてアピールしたのはその中心意識の現れである。また中国人が「東洋文明」という言葉を使う場合はほとんどそのまま中国文明ということで、イスラム圏やインドや日本などは眼中にない。中国は西洋文明に対峙すべき東洋文明の中心国であるという思想だ。

 一方日本は、常に日本文化とその独自性を主張するのであって、文明を主張することはほとんどない(東洋の盟主を気取った一時期を除いて)。そしてかつては中国からの文字とインドからの宗教を文明として取り入れ、明治以後は西欧文明、近代文明を躊躇なく学び、そのままのかたちで取り入れてきた。

 しかし中国は、科学、技術、経済の物理的側面を取り入れることはあっても、西欧文明の精神的な側面までを学ぶように取り入れるという感覚は希薄だ。

 現在世界の規範性が、欧米すなわち西欧文明を中心とする歴史によって形成されたものであっても、日本人はそれを受け入れ西欧文明の一角に加わろうとするのであるが、中国人はそうではない。日中の近代化、現代化、経済発展は、外形は同じように見えても、文化的な内実には異なる方向の力が働いている。

 ホテル引きずり出し事件でもそのことが現れている。

 つまりこの小さな事件は、スウェーデンというヨーロッパ文明の極北というべき貴族文化と、東洋文明の中心を自認する中国の農村文化との衝突であり、両国の風土と歴史に培われた文化の力なせる技なのだ。世界の各地で、これに近い事件は無数に起きている。

 そしてその力学は、西欧と中国の間に置かれた日本にも無縁とはいえない。日本文化は中国文化の親類と思われている面もある。世界の文化はすべて相互関係の中に置かれているのであり、われわれはその文化と文化の軋みを生きざるをえないのだ。

追記
 サミュエル・ハンチントンは「文明の衝突」という言葉を使ったが、文化論を書いてきた僕としては、むしろ「文化の衝突」だと考えている。ある文化が都市化(文明化)しようとする過程で他の文化と衝突するので、文明の衝突あるいは文明と文化の衝突として現れるのだ。前に「戦争は文化現象である」と書いたが、国家の紛争にも、個人や集団の紛争にも、文化の軋轢が根底にある。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181006-00010000-wordleaf-int&p=4