インド北東部ビハール州の女子校が集団に襲撃され、少なくとも9人が攻撃に関わったとして逮捕された。警察当局が7日、明らかにした。

地元報道によると、10代男子やその親たち、地元住人などからなる集団が6日、女子生徒を殴るなどして襲った。現在、女子生徒34人が病院で手当てを受けている。

襲われたのは、ビハール州スーポール地区のトリベニガンジにある全寮制の公立校。女子生徒は地元の男子らから性的嫌がらせを受け、少年たちを叱っていた。

警察は報道陣に対し、8日の時点で男子生徒6人と女性3人の身柄を拘束していると話した。

調べによると、襲撃にはさらに10~16歳の8~10人が関与しているもよう。

警察は8日、女子生徒数人が現在も病院で治療を受けているが、まもなく退院できると述べた。

6日の襲撃事件全寮制の女子校は、ビハール州の州都パトナから約250キロ離れたスーポール地区にある。学校のグラウンドで遊んでいた女子生徒数人は、校内に忍び込んでいた少年の集団を見つけ、出て行ってほしいと頼んだ。

少年たちはこれを拒否し、代わりに性的な嫌がらせを始めたため、女子生徒は言い返し、一部は身体を使って抗議した。少年らは学校から出て行ったという。

警察によると、少年らはこの後、親や地元住民を連れて学校に引き返した。その際は、竹棒や鉄棒で武装していたという。

集団は学校に押し入り、落ち着くようなだめる生徒や教師を攻撃した。

「ポニーテールを掴んで引っ張られ、竹の棒で叩かれたり蹴飛ばされたり殴られたりした」と、病院で治療を受けている女子生徒の1人が英紙ガーディアンに話した。

「私たちが誰も武器をも持っていなかったし、身を守るものも持っていなかった。たくさんの友達が地面に横たわって、痛くて泣いていた」

学校職員はインド日刊英字紙タイムズ・オブ・インディアに対し、「男女15人ほどが、杖や棒で女子生徒を叩きのめし」たり、学校の備品を破壊したりしていたと説明した。

「関係者は処罰する」地元住民は7日、女子生徒が襲撃されたことに反発し、トリベニガンジの通りで抗議活動を行った。全国の活動家は、公立校で学ぶ女子生徒を保護するよう求めている。

今回の事件より先に女子生徒たちが地元男子たちを性的嫌がらせで通報していたという情報もあり、警察はこれを確認中。女子生徒たちは、地元の男子が学校近くをうろつき、校舎の壁に下品な落書きをしていると通報していたという。

スーポール地区のベイドヤーナス・ヤーダブ地区長は、「女子生徒襲撃への関与が判明した者は全員処罰する」と地元メディアに述べた。

ビハール州はインドでも特に貧しい地区のひとつで、性暴力が大きな政治的問題に発展している。今年8月には、児童保護施設で数十人の少女が強姦されていたと言われ、大問題になった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181009-45795923-bbc-int