金栄春(キム・ヨンチュン)韓国海洋水産部長官が日本の福島産水産物の輸入禁止でWTO上訴が進行中であることに関して、日本が汚染水をさらに放出すれば韓国が上訴で有利になる可能性があると11日、明らかにした。

金長官は11日、国会で開かれた農林畜産食品海洋水産委員会の国政監査で「既存8県の輸入禁止措置に日本が提訴して不利な状況」としながら「控訴期間中に汚染水がさらに放出されれば状況が変わる可能性があると期待している。事情の変更で事実関係が追加されることだから、この点を根拠に積極的に取り組みたい」と話した。

韓国は2011年、福島原発事故以降、福島近隣の農水産物の輸入を禁止し、2013年に福島近隣8県の水産物輸入禁止の特別措置を発表した。

日本は2015年5月、韓国の日本水産物輸入禁止措置が不当だとしWTOに韓国を提訴した。WTOは2月、公開した判定結果で日本の提訴理由が適切だとして日本の軍配を上げたが、韓国はこれに不服してWTOで上訴が進められている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181012-00000044-cnippou-kr