グレーの覆いに囲まれた巨大な現場で時折、工事の火花が散る。


 観光客や学生らが行き交う京阪三条駅(京都市東山区)の東側。2015年に廃業した老舗の「いろは旅館」が、来春にはフランス・パリを拠点とする外資系ホテルチェーン、アコーホテルズの施設に生まれ変わろうとしている。
 手がけるのは、東証2部上場の投資会社ウェルス・マネジメント(東京都)。総投資額は約100億円。同社によると現在、主な出資者は東南アジアの富裕層だという。千野和俊社長(60)は「08年のリーマン・ショック後に停滞していた投資資金がアベノミクスを機に戻った。特に東南アジアの投資家が主導している」と明かす。
 京都市内で目立つ宿泊施設の建設ラッシュ。背景には、世界的な好況や金融緩和で膨張した投資マネーの流入がある。
 「中国人が京都に投資する理由の一つは、京都が好きだからです」。不動産会社、仁通(下京区)の劉丞社長(30)が説明した。同社はこれまで市内の約20カ所で、一棟貸しの簡易宿所の整備を手がけた。約8割は中国人の投資家が資金を出したという。
 劉氏によると、中国の富裕層らによる京都の宿泊施設への投資は、4年ほど前から増え始めた。中国向けの査証(ビザ)の発給要件が緩和されたのを機に、訪日客が急増し、京都の良さが広まったことが大きな理由だ。宿泊施設の運営で得られる高い利回りや、中国では認められない土地の個人所有なども魅力的に映るという。
 中国だけでなく台湾からの投資も増えている。台湾の大手不動産会社の日本法人、信義房屋不動産(東京都)は京都で台湾人による宿泊施設整備を請け負う。等々力太偉大阪支店長(41)は「台北市内の不動産は高騰しており、日本は割安感や安定感がある」と解説する。
 国内からの投資も、IT技術の発達で今までにない流れが起きている。
 陶器店が並ぶ京都市東山区の五条通から北側の住宅街。伝統的な京町家の建物に、宿であることを示すのれんが掛かる。金融ベンチャー、クラウドリアルティ(東京都)がインターネットで資金を集める「クラウドファンディング」の手法で整備した簡易宿所だ。
 同社は17年から古い建物を一棟貸しの簡易宿所に改修するプロジェクトを市内で7件計画。低金利の中、いずれも年率6~10%程度の想定利回りをうたって、3千万~7千万円の資金を集め、一部はすでに開業した。総額300万円を出資した東京都の会社員男性(44)は「一口オーナーのように宿泊施設に投資でき、町家を後世に残す社会的意義も感じられた」と明かす。
 ここ数年で一気に京都へ流れ込んだ投資マネー。活力を高める半面、宿泊施設の建設競争が激化し、地価が高騰。市民がまちなかに自宅を確保しにくい環境を生んでいる。
 京都の不動産業界では「ホテルバブルは今がピーク。東京五輪前後にはじけるのでは」との声がある一方、「京都で良い物件を求める中国人客はまだ大勢いる。ホテルが落ち着いても富裕層向けのマンション投資に向かう」ともみられる。世界にあふれる投資マネーが市民生活を翻弄(ほんろう)し続ける。
     ◇
 <連載 まち異変 お宿バブルその2>外国人観光客が急増する京都の宿泊業界で異変が起きている。まちにホテルやゲストハウスがひしめき合い、すでに「バブル状態」との指摘が強まっている。一方で、ヤミ民泊や交通渋滞などによる「観光公害」も深刻化している。国際観光都市の今を見つめ、課題を追う。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181023-00000020-kyt-cul


名無しさん
昔京都に住みたいと思ったことがあるが、今は思わない。観光客が多すぎて日常生活に支障をきたしている。住んでる人はかなり迷惑しているのでは?

名無しさん
観光客が多いから物価も上がる。京都住民の事も考えて欲しい。

名無しさん
おいおい、クラウドリアルティさんは、消えゆく町家を守るためにクラウドファンディング(厳密には証券化)で町家をリノベーションしている人たちなので、この文脈で紹介するのは真逆すぎるよ。この記事の書き方はいかがなものか。
むしろ町家を手放し売却して、そこにホテルが建とうがマンションが建とうが知らん、という地主こそ責められるべきなのに。

名無しさん
昔、得意先だった京都の老舗小売店の2代目社長が、河原町通り沿いにあった店舗の相続税を払うことができずに売却するのを間近で見ていた。本業は決して悪くはなかったが、相続税はバブルの沸騰で超高額。結局は移転したが、老舗の看板であった店舗を失ったことで商売が悪化し、結局は廃業された。この時、資本主義の恐ろしさを勉強させてもらった。金が全てである人達がいる。その人達にとっては庶民の暮らしや町家の風情など、どうでもいいのだろう。昔の京都を知る者にすれば、今の京都は遥かに劣化した。それがさらに進んで行くのだろう。外資であっても、風情が後世に残るのならばそれもいいのだろうと思う。

名無し
京都駅に降りるとまわりから日本語が聞こえない。
京都の町を歩くとまわりから日本語が聞こえない。
京都の飲食店に入るとまわりから日本語が聞こえない。
ここは京都?日本?
日本人観光客が確実に減ってます。
昔の静かで情緒のある観光は日本に残っているのでしょうか?

Mmmto
悲しい。もう昔の京都はない。どこに行っても人、人、人。ぐちゃぐちゃ。
日本人はうんざりして離れていくんじゃないかな。
自然と街が融合してのんびり過ごせるのが良かったのに、こんな小さな街を荒らされて。

名無しさん
京都に住んでますが、毎日近所で行なわれているマンション・ビル建設の騒音があり悩まされています。
路線バスも混み、道路は渋滞してます。
観光客の方がが来て日本の良さに触れてもらえるのは嬉しいが、
住んでいる住民のことも少しは配慮してほしい。

名無しさん
上京区に40年以上住んでます。
観光客サマサマな人は確かに多いですけど、観光客や外国人との接点が無かったり、外貨から遠いポジションの業界の人間にとっては今の外国人の多さは迷惑でしかないです。
外国人や海外相手に儲かってる日本人が、もっと国内で「円」を使えるようにならなければ本当の景気回復にはならない。日本人同志の「円」を使った取引がもっと盛んにならなければ日本の息はいずれ止まりますよ。
安倍さん、門川さん、聞いてる?
ドルや元とかに頼ってばかりの政策では日本を実質的に空洞化させることになりますよ。
「外貨」というステロイドが無くなっても、自力で健全に生き延びることの出来る日本・京都にしていただきたいです。

かぶき者
これまで京都は地元民に対し看板などが景観を損ねるからという理由だけで撤去や改善を強制してきたが、外資系に甘いこのやり方にはヘドが出る。
やはり歴史は繰り返され、現在の京も血みどろにならなければ上は気が付きもしないのか?
京が乱れるとき、偶然か必然かは分りませんが幕府も並行して乱れていた。
まさに来年に控えている譲位がそれではないだろうか。
しかし僕はここに杞憂しているのではなく、本当に心配する弊害は天災にある。
国が乱れているから京が乱れ飢饉などが起こった歴史は偶発的には思えない。
京都は何か神懸かっていると感じる。

名無しさん
地価が上がったから一律に固定資産税を増額するのではなく、
市民には軽減税制が必要だと思う。
京都の街並みや商店を支えているのは市民なのだから、負担が増えたら観光業も衰えてしまう。

名無しさん
外国人の土地の購入を禁止する法律を作るべき

a
観光地や街中に立てるのならどうぞ。そちらには行かないので。
だが今では住宅地でもそこら中に民泊のゲストハウスが続々と建ち、外国人観光客が大きい声で話しながらゾロゾロとスーツケースを引きながら歩いている。
行きつけだった、地元民しか来ないような飲食店も中国人観光客に知れ渡ったせいで予約が取れない。
市バスも観光客でいっぱいで乗れなかったりする。(観光地路線じゃないのに)
祭りなども外国人だらけ。
生まれ育った懐かしい故郷が無くなってきている。本当に悲しいし、元に戻してほしい。

名無しさん
先月も観光に行ったけど、やっぱり京都はいい街だね。
投資マネーが入るのも、相応の魅力があればこそ。
開発にも規制はあるわけで、喜んでいいことだとは思うが、南側の
渋滞にはうんざりしてしまう。
道路事情は改良出来ないが、何らかの整備は必要。
公共交通の整理も必要かもしれないね。

名無しさん
路駐の観光バス邪魔。

名無しさん
20年前に修学旅行で行った京都は古都という感じて憧れた。今は良さがなくなってしまいました。祇園はお土産店が並び竹下通りみたい。

名無しさん
経営が行き詰まると、すぐに外国資本を受け入れてしまうのは、どうしても違和感を感じる。日本が乗っ取られていくのが、解っていないのかなぁ?無理かも知れないが、国内へ外国資本を受け入れないようにしないといけない。そうしなければ、日本文化の良い処が消えて行くような気がします。

名無しさん
外国人の土地の個人所有には制限を付けないといずれ大きな問題が起きると思う。
早く対策して欲しい。

名無しさん
またまた、5軒並びの町家が壊されてます。あちこちで町家や長屋が壊され、民泊ホテルがバンバン建設中です
中国や台湾の投資なら、日本の土地がどんどん奪われているということですよね
たとえ賃貸でも上物を建られてしまったら最後、取り戻すことは困難
今後、日本は、京都はいったいどうなるのか、不安で不安で仕方ないです

名無しさん
京都は数年前から観光客を迎え入れる限界を超えてます。
お金を落としてくれているので嫌とかではないけど、道路や施設の整備が追い付いていないのでキャパシティを超えてしまって人が溢れて、楽しめなくなっているのが現状です。車で行こうと電車で行こうとどこも混んでて嫌になる。

なごやん
京都市は観光客から如何に多額の税金を徴収するかを第一に考えていただきたい。
生まれ故郷ですが、あまりにも観光客が増えすぎて帰京する事も億劫になりました。

syonan
学生時代に京都で過ごした。
今は外国人観光客が多過ぎて、不自然です。
やかましい中国人は京都を台無しにする。

名無しさん
結果的に良い形になるのが難しい状況か。日本の守るべき文化に合わせて少し厳しい京都なりの条例を更に設ける必要が有るのではないか。

名無しさん

A321neo
京都が破壊されていってます。
景観を守るとか京都府は何にもやらないの?

名無しさん
海外の事例見てると、普通は外国人制限するけどな。
日本人は島国だったから
他国からの侵略に慣れてないと思う。
今の時代、侵略は、武力だけでは無い。

ikopu
関係業界にいるけど、今、京都は歩けば新しいホテルか、建設中のホテルに当たるから、どんどん客室過剰にはなっている。部屋不足で一時期の値段が異常だったので、最近は適正価格にはなってきている。
個性や値段以外で頭を出せない簡易宿所系の小さい宿はどんどん淘汰されていくだろう。
観光資源としての京都は最強だから、五輪後も何てことないと思う。
マスコミは生活が翻弄というが、元々、観光のエリアと住むエリアは区別されている。文句を言っている人は後から観光地に近いエリアに住んでいるような人が多い気がする。避けようと思えばいくらでも避けられる。観光客の乗らない路線なんて、ガラガラで維持すら難しいと思う。
願わくば、ダメダメの京都市のリードをちゃんとして欲しいな。

名無しさん
京都の木津川沿いに中国人が
違法で畑を作ってるから
同郷なら注意してよ

おたけ たけぞう
基本的に日本の観光地のほとんどは、静かな空間だからこそが本質だと思うのですが、何処もかしこも観光客が多過ぎて、慌ただしく感じます。インバウンドなんて一過性のものなので、本来その観光地のことを愛して止まない本来の観光客を蔑ろにしない方がいいかと思います。

名無しさん
京都は沢山の大学や専門学校がある学生の街の側面も。
貧乏学生を良心的な価格でお腹一杯にしてくれる
お店が本当に多かった・・・。
地価の上昇に加え京都以外の資金力がある外食業者が
何でもかんでも「京風」と謳って結構な値段で商売を
している。馴染みの店はかなり閉店してしまった。
うどんでさえ「京風」と名乗れば1、000円オーバー。
京風イタリアン、京風フレンチ、京風中華とか
目を覆いたくなるよ。貧乏人の味方のラーメンの相場も
随分と高くなった。
高齢の親が5、000円で市バスの敬老乗車証を買っても
乗れない事が多いと言う。慢性的な渋滞と駐車場不足で
配達、営業車の外回りの仕事にも相当な影響を被っている。
料理屋の前で乾物屋の車が切符を切られてる姿には
同情を禁じ得なかったよ。

cmuug
アベノミクスで外国人の観光客が増えたのではなく、彼らの国の経済力上昇、所得増しやLCCなどの影響です。
正確に情報発信お願いします。

とうひつ
こう言うところにこそ規制が必要なんじゃないでしょうか?
純粋に地域に根付いて頑張っている人たちにはつまらない規制で
足を引っ張って、こう言った投資目的の事業者や投資家は野放し・・・
小泉政権から始まった改革って結局国民じゃなくて金持ちや、大企業の為だったって改めて感じます。

名無しさん
いいんじゃないの、京都がその道を選んだわけだし。
実際、海外で有名な観光地の多くは「観光用の街」で、地元住民の生活なんてめちゃくちゃになってたりするからね。京都がそうなるだけでしょ。

名無しさん
日本もカナダみたいに、日本人が家を購入できなくなる日は近い。
カナダのBC州では、中国人が家を買いあさり、物件が高騰し、もはやカナダ人は家を購入できなくなった。
カナダ人は中国人から家を借りている状態。
外国人の土地所有制限をしないと、近い将来日本もこうなる。
中国人に支配される。

agri
確かに京都は外人が多いが心斎橋の方が絶対に多い。久しぶりに御堂筋歩いたがホンマにビックリした。欧米はほとんどいなくて中韓が凄かった。

名無しさん
京都は観光で行くのは最高なんだけど、観光客多過ぎて人が一杯。バスも超満員。
いつか住みたいと思うけど、これでは大変だよね(それだけが理由じゃないけど)。

hsfdgcvs
観光地だから仕方ないのも分かるけど、
その地に長年住んでる人たちも大切にしないと長続きしないよ。

名無しさん
外資が入って来ると良い刺激にはなるが国内資本含め安全面はじめ景観や騒音の規制はきっちりしてほしい

名無しさん
京都に住んでいます。
大きなスーツケースを持ち込む外国人観光客も多く、市内の移動に使う、市バスに乗れません。
足を広げて座席に大きく座り、大声で話す外国人ばかりの京都駅、辟易します。
市民と観光客が共存してこそ、外国人に親切にもしようと思うし歓迎できます。
今のままでは、市民が逃げ出してしまいます。

名無しさん
街中歩いても中国語聞くと嫌な気分になります。
観光立国ではなく、観光破壊。

名無しさん
京都はもはや住む街ではありません。京都在ですが、どこに行っても人人人、バスは混む、電車は遅れる、物価は高い、道は汚い、良いことは何もありません。