【AFP=時事】率直な物言いで知られ、かつて香港で司教職を務めたジョセフ・ゼン(Joseph Zen)枢機卿は25日、ローマ・カトリック教会のフランシスコ法王(Pope Francis)が中国政府と歴史的合意に達したことについて、法王は中国の体制を理解していないと批判し、この合意は中国における「真の教会の消滅」につながる恐れがあると警鐘を鳴らした。
中国国内の推定1200万人のカトリック教徒は、「家庭教会」や「地下教会」と呼ばれる、バチカンに忠誠を誓う非公認の教会に通う信者と、共産党が聖職者を選任する政府公認の教会を訪れる信者とに分かれている。

 バチカンと中国は1951年以来、外交関係を結んでいないが、中国国内での司教任命をめぐる先月の合意により、関係回復への道が開かれた。またフランシス法王は合意の一環として、中国によって任命された司教7人を承認した。

 だが、この歴史的合意についてゼン枢機卿は、米紙ニューヨーク・タイムズ(New York Times)国際版への寄稿で、法王は中国に対して譲歩し過ぎてしまい、合意の結果、中国政府によってカトリック教徒が迫害される下地がつくられたと批判。「合意は実のところ、中国における真の教会の消滅に向けた大きなステップだ」と主張した。

 さらに「私が風刺漫画家なら、法王がひざまずき、中国の習近平(Xi Jinping)国家主席に天国の鍵を差し出して、『どうか私を法王として認めてください』と言っている絵を描くだろう」との見解を披露した。

 また法王はアルゼンチン出身であるため、「共産主義について生来、楽観的な考えを持っている」とも指摘し、その結果、中国を統治する共産党に信を置くという過ちに至ったと述べるとともに、「中国の共産主義者がそうであるように、彼らは一度権力の座に就いたら迫害者になるということを知らないのだ」とも主張している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181027-00000030-jij_afp-int

みんなの意見


名無しさん
本質が見抜ける良記事。日本のマスコミもジャーナリズムを見習ってほしい

名無しさん
近年のバチカンの決断としては最も驚いたものです。
確かに敵対をし続けるべきか難しいところでしょうが、存在する信者にとっては裏切りに等しく、彼らを保護できる見通しもありません。
また、性的虐待問題が大きく渦巻いています。
そして、この時に現法王。
二代続けて生前退位されることになるか、注視しています。

名無しさん
アルゼンチン出身とかではなく、必要最低限の見識を有していないというだけ。フランシスコ法王も宗教的な素養や知識はあるのだろうけど、今のご時世なら宗教界の要職につくなら常識は弁えておかないとね。さもなくば飽くまで象徴的な地位にとどめておいて、実務のラインからは外す方が無難でしょうね。

名無しさん
長く香港の教会で務めたジョセフ・ゼン(JosephZen)枢機卿はさすがに現状や事の重大さを認識していますね。法王の判断は本当に残念で将来に禍根を残しましたね。

名無しさん
法王の過ちを枢機卿が指摘できるのは良識の現れだと思う。
法王は神ではない。
将来に禍根を残すことは避けるべき。

名無しさん
これはまったく正論である。私も同様の懸念を感じていた。

名無しさん
まだこうやって違うと思うなら違うと言えるのは良いな、中国国内でそれやったら多分翌朝いなくなってる。
付き合うのは勝手だけど、所詮赤い旗の国である事を忘れてはいけないと思う、神の上に赤い旗がある国なんだから。

UK20160623
自浄作用!とても大切です。法王は神ではないのですから、間違いは積極的にただしていきましょう!

名無しさん
むしろ遅すぎた批判だと思う。今まで政治的な話にも法王は積極的だった。良く言えば閉鎖的ではない。悪く言えば深く考えていない。
アルゼンチンにいた頃、日本の番組に快く取材をOKして気さくに話をしていた。立場変われば人は考え方も変わるもんだが、この人はアルゼンチンの頃から変わっていない。
良い面が悪い方に向かっていると思う。

名無しさん
法王としての威厳が薄れつつある。幅広く良識ある人達の意見を聞くことも時には必要かと思います。

名無しさん
>フランシス法王は合意の一環として、中国によって任命された司教7人を承認した。
この流れは中国の思う壺だわね。
旧ソ連体制下でロシア正教の司教はKGBで、宗教面からも秘密警察が監視してたんだったわ。
ちょっと大丈夫かしら、今回の法王さん。

名無しさん
フランシスコ法王も一人の人間であって、決して神では無い事を考えれば一般世俗の人と何ら変わりないのでは無いか。子供の頃、先生は私たちに偉人伝をたくさん読んで立派な人になりなさいと教わりましたが、
今振り返って大人の目線で見ると、そうそう立派な人はいないと分かりました。所詮動物としての人間なのです。偉業は認めるが、偉人では無い。フランシスコ法王も、神の代理人であって神ではないことを。
教会のトップにまつわる子供への性的虐待が頻発していることは、動物としての本能を抑圧された彼らの内なる葛藤を違う形で発散していると思うのは私だけでしょうか? 現世で宗教がもたらした影響を考えると決して人類が求める神の姿では無いと思います。色々な宗教を含めて人々に安寧と安らぎを与える神、または代理人はいないと思います。神は自分の心に現れては消えていく存在であって偶像では無いと思います。

名無しさん
ZOZOTOWNの前澤社長が、安田純平を擁護してバッシングを受けているように、トップというのは意外にも井の中の蛙で大馬鹿者だったり。
ハロー効果で人類が騙されてるだけで、今回の件はそれが見事に露呈されただけのことです。

名無しさん
アジアにはあまり興味がないんだろうなというのは何となく感じてた。
他の枢機卿も、今の教皇様にはもの申したいことがいろいろあると思う。

名無しさん
確かに、中国の宗教管理は徹底されてるからなぁ……(ー_ー;)
とは思う。
「ダライ・ラマ」についても、中国管理下の選任した人間以外は認めないとかやって管理下に無理に置いたりしてるのを見てるから、真面目な枢機卿ほど、草の根の信仰者に対して案じる気持ちが強いのかもしれないね。
チベット仏教みたいな状態にさせられるぞ。と

ピエール
異質なものを融合して拡大してきたのがカトリックの側面であることをまず理解すべきだ。古くはローマ帝国がキリスト教を国教にした時から、ゲルマン、東欧、北欧の異民族の宗教と融合した。アイルランドの妖精思想とも融合した。南米でも土俗の神と融合した。クリスマスは彼らの収穫祭と融合したものである。宗教改革時代に革新派として登場したのがイエスズ会であり、現法王は改革派のイエスズ会である。しかも、南米出身である、記事にあるように南米では重なる政変で左翼政権における運営をカトリック教会は余儀なくされた。つまり慣れているのだ。思想史的に言えば、キリスト教と共産主義は兄弟であり、共産主義は神のいないキリスト教である。だから対立も過激になるが融合も不可能ではない。イエスズ会はカトリックの中で最も戦闘的な派であり、中国支配のためなら死も恐れない。イエスズ会の坊主の袈裟の下には鎧を装着していることをお忘れなく。

mxe
それに、ヴァチカンが中国と国交回復することによって台湾が退けられてしまわないか。正直、法王はいまいちアジアの内幕が分かってない気がする。ただ法王の不可謬性というのがあるので決まったら最後、撤回できないのが心配だ。

名無しさん
中国の本質をわかり易く表現した話でした。
法王を耳を傾けてくれることを願いますね。

名無しさん
マルクスは「宗教は阿片だ」と言ったが、ある人が「マルクス主義はペストだ」と言っていた。マルクス主義が、歴史上どれだけの人を虐殺してきたことか。真に信仰あるキリスト者なら、手を組むべき相手かわかるはずだが。

名無しさん
本質を理解している。
法王も人間であり、人間は過ちをおかすこともある。
重要なのは過ちを認め、正していく事だと思う。

名無しさん
この枢機卿は鋭いね。というか身をもって実感してるから意見できるのだろう。確かに今の法王って以前の法王と違って中国に対して危機感がない。中国内の信者を守るためとかあったけど、その信者って「どこの?」と聞きたい。中国内で認められていない信者こそが本当の信者じゃないの?このところの法王のやり方はバチカンとしてどうなのかなと思う。もっと強硬でいいと思うんだけど。

名無しさん
たしか、数十年前に聖母からのメッセージで、これから教会に起こる事として、語られているという話を聞いたことがある。(具体的な固有名詞がでているわけではない)
それはファチマ第三の預言にも通じるらしい。
教会内部だけでなく、世界情勢に触れていると思われる部分もあるようなのだが、実際にそうなりつつあることが不気味。
人間のエゴイズムがもたらしている際限のない争いと災害の世界になるという。

名無しさん
宗教が自己目的化した結果、本来の使命である「神と人間の仲介役」を逸脱し、自らを「神」にしてしまった。
原因は明らか「人間とは何か」を明確に提言できずに、「聖書」という不完全な教科書を絶対視した為に、これまた不完全な「科学的真理」を自称する共産主義思想の本質を見抜けなかった、世界人類を教導すべき方策すら放棄してしまったのである。
しかし人類にはまだ希望はある、神は実在するし、人間の二重体論、人間原理宇宙論、相対論と量子論の融合など、「人類」は「新しい聖書」を手にする時期に来たのである。
イエスは語った、「若葉が芽吹く時、春が近いことを知るだろう」と。

名無しさん
全くその通り。
法王はチャイナをご存知ない。

名無しさん
キリスト者の中にもかなり迫害者はいるけどね。
キリスト教の歴史を見れば迫害する側の面もかなりあった事は明白。
相通じるものがあるのでしょう。

おぼんさん
法王は、善人なんだと思う。しかし、この会合はもう少し慎重に進めた方が良かったと思う。中国政府のやり方は、既にチベットで行った仏教徒に対する蹂躙で証明されている。この枢機卿の意見は傾聴に値するものだったと思う。

名無しさん
枢機卿とあろう者がローマ教皇庁と国王との聖職叙任権闘争の長い歴史をご存知ないとは。教皇庁は、いったん譲歩すると見せて最終的には、全ての国の聖職者叙任権を取り戻しています。100年単位で物事みないと教皇の真意はわかりません。100年後残っているのは、ローマ教皇庁で、中華人民共和国ではないと思います。

年寄りの愚痴
この件もそうだが、韓国の文に要望され北朝鮮行きを承諾(まだ分からないが)するセンスは法王としての適格性を疑われる。
まずはカトリック教会内で多発している不祥事の責任を取ることの方が先決ではないか。文もカトリック教徒らしいが、この行動から透けて見えるのは総合的判断力の欠如ではないか。そう長くはないとは思うが、韓国民にとっては悲劇となるだろう。

名無しさん
共産主義そのものに内在する性質なのか分からないが、思想信条まで統制されるのは、とても嫌なこと。チベットへの迫害を思うと、中国の人たちがお気の毒。バチカンは早急に合意を撤回するべきではなかろうか。

名無しさん
中国の本質を見抜く良い例で、結論で言えばやはり三國志の国なのでしょうな。この国は本当に油断ならないと思う。今、チベットの侵略、新疆ウイグル自治区、法輪功の弾圧、最近の東シナ海及びフィリピン領海内での軍事拠点増設などを見れば一目瞭然でしょう。
最近のローマカトリック教会はヨハネ=パウロ2世がなくなってから下手な動きをして政治的な失敗を繰り返しているような気がしてならない。ローマカトリック教会とロシア正教会とが仲直りしたまでは良かったが中国となってくると非常に危険な爆弾の導火線に火が付いたような気がする。

Socialservice
>中国の共産主義者がそうであるように、彼らは一度権力の座に就いたら迫害者になるということを知らないのだ
これは凄いです。真理を述べていると思います。まさにその通りだと自分も共感します。

名無しさん
バチカンを心配していますが、この枢機卿さんのようなスジの通った方がおられることを安心しています。カソリックと共産主義は決して相容れない。安易な妥協は、カソリックの危機。

翻る旭日旗
共産党の政治を俯瞰してみることのできる人はやはり常人とは違うね。近頃共産中国が対日融和に表面上切り替えてきているようだが、アメリカとの貿易摩擦や南シナ海の航行の自由作戦で覇権国家として動きずらくなっているからだろう。我が国も、習の気分次第で友好関係が反故になることも念頭に置いておいたほうがいいんではないかな。

名無しさん
当たってますね。共産主義を党是としてる独裁国家と宗教は相容れないことは自明である。中国において唯一保護される宗教は習共産主義のみである。この排他的宗教が無くならない限り他の宗教は弾圧される。騙されてはならない。

名無しさん
カソリックの信者数は本当に減少しているのだろうか?旧約・新約聖書時代から、ローマ帝国、イスラムとの競合等長い歴史、伝統を踏まえての現体制を理解してからの指摘が必要かと思う。但し、中国共産主義の中での宗教の位置づけの理解はローマ・バチカンでは大変かと思う。今回の妥協が純粋な信仰者にとって、心の平和に繋がれば良いのですが??

名無しさん
中国とあからさまに対立して中国内のキリスト教徒を弾圧する口実を与えてはいけないという判断なのかもしれない。
けれども、チベットやウイグルに代表される人権弾圧に目をつぶり、中国という帝国主義国家を認めたという印象を受けてしまう。
とても残念な判断である。

名無しさん
枢機卿は、ローマ教皇を決めるときの選挙権を持っているほど高位。自分たちが祈って選んだ教皇の決定したことに危惧があれば、マスコミだけではなくて、直接的に教皇に伝えたほうが良いと思う。

名無しさん
香港が返還されたとき、大丈夫かなぁと見てた。一国二制度なんてあり得ないと思ったが、やはり中国は本性をあらわにした。行政トップは本土の息がかかった者、周辺幹部も同様に。
市民に対しても言論弾圧を始めた。意に沿わない者は議員にも、立候補すらもできない。ついに宗教まで「官製」か…。
枢機卿の話してることは正論。
香港らしさが消えていく。

名無しさん
中国はバチカンを利用して、隠れて信仰している人々を迫害するのではないかという心配ですね。パパ(法王)はこれらの信者を守れるでしょうか。政治と信仰というおよそ対極にあるものを統括するのが法王なのですね。ちょっと気の毒です。

名無しさん
本質を見抜く力が無い法王によってバチカンは近い将来に決定的な打撃を受ける可能性大。
無知な法王に助言する人がいなかったのか? 法王が助言を無視したのか?