落語家の立川志らく(55)が28日放送のフジテレビ系「報道プライムサンデー」(日曜・前7時半)に生出演。シリアの武装組織による拘束から解放され、25日に帰国した日本人ジャーナリスト・安田純平さん(44)について独自の見解を示した。
 志らくは「私はまず、人の命が助かったんだから、それは良かったねというのが人の道だとは思うんですね」とした上で「ただ、安田さんに申し上げたいのは、あなたのためにどれだけのお金が使われたか。どれだけの人間が気をもんで動いたか。それに対する謝罪は今後あるとは思うんだけど、もし謝罪をしなかったならば、ジャーナリスト以前の問題ですから、人としておかしい。私は謝罪してくれるもんだと思っていますけども」と訴えた。

 さらに、今回の問題でSNS上などで集中している自己責任論について「自己責任論についてはちょっと違うなと思うのが、行くなと政府が行ったのになんで行くんだと、これ旅行者だったら別ですよ。ジャーナリストは時には国に対して時には反発して真実を求めに行くのがジャーナリストだから、それを批判してもしょうがない。だから登山者だって立入禁止のところに入って遭難に遭ったならば、自己責任だっていうけど、憲法で認められてますからね、助けなくちゃいけないんですよ、国は。だから今回も助けるのは当然のことなんですよね」と話した。

 さらに「自己責任うんぬんっていうのは感情論になっているから。感情論だと話は前に進まない。怒っているから。あの野郎、気にいらねぇって言っているだけなんだから、感情論は抜きにして話さないといけない」と続けた。その上で「安田さんが一番考えないといけないのは身代金がもし払われていたとしたらば、そのお金でテロリストは武器を買って人を殺す可能性がある。あなたの命のおかげで人が死ぬ可能性があるわけ。それは真摯に受け止めて、本当に申し訳ない、二度と捕まるようなことはしちゃいけない、そこのところを安田さん考えるべきですね」と安田さんへ呼びかけていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181028-00000090-sph-soci

みんなの意見


名無しさん
本人含めてあの家族が人としておかしいのは既に公になってしまいました。嬉しいのはわかるけど取材に対するコメントが揃いも揃って「何で第一声がそれかな」って思う内容。抱きしめたいとかよく頑張ったとかそんなことは家族だけでやってくれってこと。そんなことを聞かされるこっちはそれで何を感じるか考えてない。少なくともこれで海外特に紛争地で取材するジャーナリストの世間の風当たりは強くなる。

名無しさん
支払われたお金で、どれだけ多くの人が殺されるのだろう。
自分は助かって喜んでいるようだが、多くの人命が、奪われることを考えると、謝罪で済む問題ではない。

名無しさん
安田さんは助かって良かったと思います。自己責任論はおかしいとの意見がありますが、安田さんご本人が言っていたんですよね。何度も拉致されて日本政府も動いているのに批判する所に疑問を感じるのは当然だと思います。

名無しさん
最大の疑問は、以前、中東でテロリストに命を絶たれた人の時は身代金の話題が出なかったのに、何故この人の場合には出てきたのか。国が違うからなのか。いずれにしても、長期にわたって厳しい環境下で拘束されていたとは考えづらい風貌。徹底的に調べ上げた方がいい。自己責任論より、もっと醜悪な裏があるようにしか思えない。過去に4度、生還していることからも。

名無しさん
「自己責任論」云々というのは「一般論」。
確かに、ジャーナリストと言う職業は単なる旅行者とは違う側面もあり、その点は「自己責任」だけで非難できない部分もあるだろう。
でもね、「一般論」ではなく、安田個人のことを、ネット民も立川志らくも問題にしているわけだよ。
「一般論」では許容されることでも、安田個人が謝罪の一言もないのは人としてどうなの?社会人としてどうなの?ということでしょう?
彼に対する不快感は、この「人として」の道を外れている部分にあるんだよ。

名無しさん
安田さんが批判されてる理由は自己責任だけじゃ
ない安田さん自身の過去や今回の言動からくる
批判も多い
安田さんが人としておかしいのは
過去や今回の解放時のコメントを
みてもわかるでしょう

名無しさん
安田純平を自己責任で批判している人も、他のジャーナリストまでは批判してませんからね
それが解らない各種メディアの方がよっぽど他の戦っているジャーナリスト達を侮辱しています
しかしこの問題、取り上げれば取り上げる程彼を擁護するメディアや著名人たちとの溝が広がるばかりな気がする

名無しさん
帰国後、妻が安田氏のコメントを代弁していたが、あれはおかしいな。
色々事情があったかもしれないが、
10分でもいいから直接本人から話が聞きたかったな。

名無しさん
ジャーナリストというのは一匹狼的なところがあるから、自分勝手な正義感や独り善がりの理屈になりがちな面があるのだろう。彼もその一人だと思う。世間の感覚とのズレに留意する必要がある。自己責任論に関し識者(?)はこぞって、邦人保護は当たり前、と彼を擁護するがこれもまた視点がズレている話であり、多くの国民が怒っているのはそこじゃない。彼はこれまでも何度か拘束されており、今回も危険勧告がなされているにも関わらず、なぜまた行くのか?ということである。メデイアの中には彼を英雄視する向きもあるが、拘束された時点でもはや英雄ではない。何かを持ち帰ってきたわけでもない。一納税者として言わせて頂ければ、自分の税金が彼の救出に使われるぐらいなら、アフリカの学校建設に寄付したい。紛争地でなくとも、助けを必要としている人はいっぱいいる。

名無しさん
自己責任論批判とは別に、後日会見を行うということに対しても、マスコミ・報道番組のコメンテーターがなにも言わないのも気になります。確かに肉体的・精神的苦痛と疲労は相当なものでしょうが、情報は時間がたてばたつほど鮮度が落ちるもの。
仮に後日、拘束されていたときの体験を伝えたとしても、すでにワイドショーなどで、他国の体験者のインタビューや実情を調べて詳細に伝えている状況です。そんななか、安田氏がこんなひどい体験をしたと言ったところで、一般人からみればそんなの他国の捕虜になった人たちが言っていることと同じだろうと思われるだけ。
もしマスコミが、他国人の体験は軽く、日本人だから重いことだと取り上げるのならば、それこそ報道を愚弄することだと思ってしまう。

名無しさん
ジャーナリストたちの擁護のしかたがクソなんだよな
自分たちの活動は被害者を救うためのものなんだと訴えて正当化してる
だったら、今回はテロリストに大金が渡ってしまい
さらに被害者が増えることにつながったんだから
身内だからこそ厳しいことを言う必要があるんじゃないの?

名無しさん
迷惑をかけたことを謝罪をしなかったならば日本人としておかしい
救出してくれたことを感謝しなかったならば日本人としておかしい

ボロ
自分も志らく師匠とほぼ同意だけど、もう著名人の意見はいいよ。
芸能人やらスポーツ選手は自分の好感度が大事だからね。
それよりは、個人的には医師や運動生理学の専門家のフラット見解が聞きたいな。
安田氏の解放されてからの発言を聞く限り、身動きとれない状態で長期管理されてたのに、あんなに動けるようなもんなのかと思うし、約3年も飲まず食わずだった人間が、あんなにパンをムシャムシャ食えるもんなのかって思うよね。
個人的に本当に不思議なんだよな。

名無しさん
>拘束3年間24時間身動き出来ない、水浴びも一切してはいけない
1mの部屋に閉じ込められ足を伸ばして寝てはいけないetc
過酷な状況下で人質になってた割りには顔の血色が良すぎる
表向きはジャーナリストだが身代金を騙し取った犯行グループの一人?
といったいろんな憶測が飛び交う
いずれにしろテロ組織に武器弾薬を買う莫大な金が渡ってしまった
警察が安田氏から事情を聴くようなので起訴を視野に検討してほしい。

名無しさん
全く同意
このジャーナリストもどきを擁護している方たちは
身代金の行先、その先多くの命が失われる可能性につて是非語ってほしい

名無しさん
安田さんのいうことは、信用できない。テロ組織と繋がっているとしか思えない。
まず、8ヶ月もの間身動きできない部屋で監禁されていたのならば、軽快に動ける事はまずない。PTSDの症状もあるはずだが、飛行機の中でのインタビューはまるで武勇伝を語るような感じ。
髭は伸びていたがそれ以外は痩せてもいないし、滑舌もいいし。
まずなぜ、他のジャーナリストは殺されて安田さんだけ助かったのか?
それも三度も。公安は、しっかり調査してほしい。我々はこんな人の為に血税払ってるんじゃない。

名無しさん
これほど
何度も誘拐される

と言うのは
コーディネーター等
持っている人脈を含めて
安田純平氏は
紛争地を取材する
ジャーナリストとしての能力が
かなり低い人物だ
と思う。

黒電話ですが何か
安田純平氏の同業者は声を揃えて「ジャーナリズム論」と称するものをかざしているが、それはあくまで一般論。
テログルーブに捕まり救出のために動いたであろうカネが今後新たなテロと殺人を生むことになりかねない。
少なくとも安田氏はその原因を自ら作ってしまったこと。
ここに全く言及しないジャーナリスト連中は、己らの仕事を正当化しているとしか思えない。 そりゃ人命が救われたのはよかったのは誰しも同じ考えですよ。でもジャーナリストの皆さん、テロを助長する原因を作ったのは紛れもなく安田氏本人であることをよく考えて発言してもらいたいね。

HUG
日本政府は万能じゃない。日本は外国に対して強気に交渉できる材料は少ない。多くのエネルギーや資源を海外に頼り、それで高品質の工業製品を作り海外に売ることで国として成り立ってきた。当たり前の安全や便利な生活は諸外国との微妙なバランスの上で成り立っている。日本人が海外で何かの事件に巻き込まれても自国で解決することは困難で、別の国に解決や仲裁に動いてもらわないといけない。政府もできないことを理解しているから渡航禁止を決める。言論の自由や知る権利以上に国民の生命を守る義務があるから。

名無しさん
今回の拉致事件が解決したことで、
フリージャーナリストのモラルハザードが心配。
過去救出され、訴訟や費用支払いを拒否しても、
いざとなったら日本政府が助けてくれるという前例ができたことで、
金銭や名誉(ピューリッツァー賞)を狙った一発屋が出てこないとも限らない。
自分たちのことを悪く言う人はいないけど、
ジャーナリストは全員は決して聖人というわけではない。
ただでさえ、取材に対する批判が広がって、伝統的なメディアが衰退しているのに、
モラルハザードが進行すればメディアへの支持が失墜すると思う。
国境なき記者団なり記者クラブなどが自分たちの責任において紛争報道に関するガイドラインを策定して自主規制していく時期に入ったのだと思う。
このままなし崩し的になれば、出国制限のため、旅券法や入管法が改正されても反対する人がいなくなると思う。

01324ayy
謝罪しないのは、彼のバックに資金を提供している反日組織があるからだろう、過去何回も人質になり、身代金で無傷で解放され、反日マスコミが英雄扱いし、そして安田氏が、政府を批判するという同じパターンの繰り返しだ、とても個人でできる行為ではない、人質ビジネスを利用した政治的な反日プロパガンダとしか思えないね、同じことをこれだけ繰り返せば、誰だって疑問に思うよ、

名無しさん
予め生命を奪われる危険地帯であることが世間一般に認知されている地域へ、それでも命をかけて取材する意図は、現地へ足を踏み入れなければわかり得ない事実を知り、そこに置き去りにされた多くの命があり、その命を守るため、守りたいという目的があるからなのだと思っています。
だからこそ、ご自身の命を守るためにカタール政府が支出したとされ、テロリストが手にした約3億数千万円のお金のために、助けたかった命が更なる危険に晒されることについて、どのような思いでおられるのか知りたいです。
機内でのNHKのインタビューで、『日本政府が救出したように世間から思われることは避けたかった』、『解放されてまず思ったことは、取材のためのカメラなどの機材まで奪われたこと』、などの内容が伝わっていますが、悪い意味で驚きました。
あぁ、この方の取材活動は人道的なことからではなく、ビジネスなのだと。私の感性は異常でしょうか。

慧光丸
安田自身に問題があるから叩かれてるんじゃ無いの?

名無しさん
自己責任云々と言うより、安田さんは帰りの機内でのインタビューで、国への批判よりも、まず助けてもらったことへの感謝と謝罪をするべきだったと思います。これまで安田さんが政府に対し批判的な言動をしてきた経緯を見ると、たぶんご自分の望んだ結果ではないのかもしれませんが、多くの人達は、それを知っているからこそ、安田さんの第一声に注視し「ああ、やっぱりそうくるのか」と感じたのではないでしょうか。そして、その言動を無視して、安田さん擁護ばかりで、誰も苦言を言わないマスコミやジャーナリストにも疑問を持ってしまったのだと思います。助かった事は、本当によかったと思います。国も当然国民であるなら助ける義務があります。でもどんなに言いたいことがあっても、まずは奥様の口からではなく、ご自分の口で謝罪と感謝を述べるべきでした。

名無しさん
まずジャーナリストだというなら公の場に出てくるべき。
そして謝罪と安田さんは誰に人質にされたのかぐらいは明らかにできるのでは?
そんなこともできないのにジャーナリストなどと言わないでほしい。
身代金目的である以上テロリストは支払先を明らかにする必要あるし絶対言ってるよね?
日記を書けたり長期間の拘束にも関わらず歩ける状態っていうのはある程度自由は保障されている状態は明らかだし、現時点では狂言の可能性すらあると思う。
表に出てこれないのは様々な矛盾に対して答えられないからだと思うし表に出てきたときマスコミが厳しい追及をしなければマスコミもくそだと思う。

名無しさん
日本のメディアはくだらない。政治的な戦いに勝つために色々な人の発言を利用しているだけ。一般に議論はその参加者を賢くするものだが、まともな議論がろくにないから、類似の事件が起きるたびにほぼ同じレベルの主張が繰り返される。
以下の疑問に答えるべきだ。政府が止めるのを無視し、必要な備えを怠った不注意な旅行者がシリアに入って捕まったら政府は助ける努力をすべきか。救出後にその費用を本人が負担すべきか。記者の場合はどうか。記者と旅行者は違うのか。不注意な登山者が遭難して救出に金がかかったら本人が負担すべきか。
個人的には、特定の個人や団体のおかげで自分が助かったのにそれを認めたがらない人は幼稚だと思うし、日本の左派はこういうのが多いし、そういう人の報道はあまり信用しない。湾岸戦争の時に中東通の日本人が沢山メディアに現れたが、大部分は変な人だと思った。外国の中東通については別にそう思わなかったが。

Index
全て本人が引き起こした事。政府に公式にお願いされていて拉致されたのなら全力で政府は救出するべきだし国民は無事を喜ぶべきだけど本人が自分の勝手だと言っておっただろう

名無しさん
人間には、様々な先入観や偏見があり、
それを前提にして「事実」を把握している。
即ち、一つの「事実」であっても
人それぞれに主観や見解は違うはずだが、
有り体に言えば、
明らかに、人としての良識を欠いた
安田氏の主観や見解をそのまま信じていいのか、
という根本的な問題があると思う。
本人の趣味で行くなら仕方がないが、
ジャーナリストとして現地に赴く際には
何らかの資格審査が必要なはずで、
そうでなければ、
関係者に多大な迷惑をかけたうえ
その労力は徒労に終わってしまうと思う。

名無しさん
行くなと言われても真実を伝えたいし伝えるべきなので行く、というのはわからないでもない。だが本人も拘束されきつい目に遭い、関係国が開放のために動き(あるいは関係国の駆引きに利用され)、テロ組織を利することになり、それらに見あった、報道すべき「真実」は得られたのでしょうか? また、得られなかったなら得られると考えた根拠は何なのでしょう。このような事態になることは、あるいはもっと酷い事態を招く可能性があることは予想された筈ですが。
擁護マスコミのほうが批判を自己責任論に無理に収斂させているようにしか思えませんが。

オレンジリボン運動
安田氏に対する非難の声が多いが、日本人は彼の解放に関わった海外の方の感謝の意を示しても良いのでは?うちのバカ者が迷惑をかけたという気持ちが伝わってこない。それと、大手メディアが、危険地域なので、フリーの記者に頼りますという姿勢はブラック企業と同じでは?

名無しさん
立川志らく師匠はまともな事を言っている。
先ずは謝罪があってしかるべきだ。
日本政府をチキン国家とこき下ろし、自己責任だからいいだろうと自ら言っておきながら、助けてください。と降伏し、解放された後も相変わらず日本政府には関わってほしくなかったと言っている。
こんな矛盾した行動をとるような人を人として、信用に値する人ではないと思うのが普通でしょ。
要は自己責任とかどうとかではなくて、安田純平氏の人としての人間性に問題があるから非難されているだけ、まともな考え方をする人であればこれほどのパッシングは起きなかったと思う。

名無しさん
これは良くない発言なのはわかっていますが
安田さん、顔が感じ悪くて
反感を買う一つの原因だと思います。

名無しさん
感情論でもいいと思います。
無駄に税金使わせた
テロリストを強化した
日本人を拉致すれば楽々金が入るイメージを植え付けた
拉致されてたのか?綺麗すぎる
日記とかを今日のテレビで公開するみたいやけど、監視が厳しかったという話は?
やはりプロの人質屋さんなの?
結局、何ひとつ損しない、特はするから毎回やると思っています。ジャナーリズムは違うとか言いますが、職業のひとつ、それでメシ食おうとして欲出してるだけなんで、危険を犯さないでいい職業にかわればいいと思います。大金を当てるために人のカネ使うんじゃない!

名無しさん
安田さんは日本に戻ってきたのだから日本国民。別に誰に謝罪するわけでもないけど開放されるにあたって日本の関係者も動いてはいたと思います。だから普通に謝罪されるべきでしょうね。そのあと日本ではジャーナリスト活動が理解されないのなら他の国の国籍を取得されて活動するば良いこと。安田さんはまだ日本国籍を有している日本人…日本が好きでも嫌いでも戻って来られた所…ここは日本です。海外のジャーナリズムの考えジャーナリストの行動がどうであれ関係のないこと。また外務省が渡航禁止を促している所に、命がけで取材をして欲しいと思う日本人はほとんどいないと思います。{今回のことを「英雄」扱いしてくれる人たちは今後も命がけの取材してきて欲しいらしいですけどね)

名無しさん
謝罪しないのは論外だと思う。たった一言ご迷惑おかけしましたと言うだけでも違うと思う。
海外で活躍している方は一様に擁護しているみたいだけど、準備足らずや知識不足、慢心、無知で飛び込むのと、長い時間準備して行くのでは全然違うと思う。
その場所にいけるレベルに達していないのではないか?それが理解できていないから何度も捕まる。
同じ年だから、自分よりも年配が登頂しているから俺にもエベレスト登頂出来るんじゃね?位の感じで現地に行っている気がする。
安田順平の態度やツイッターの内容を見てると、玄倉川水難事故を思い出した。
謝罪することもなく自己責任も全う出来ず普通に見てもおかしい。

名無しさん
謝罪をしようがしまいが人としておかしい。

hitorigoto111
ジャーナリストの身内意識での物言いは冷静さにかけると思います。命を張って取材する行動にmetoみたいた乗っかろうとする薄っぺらな虚栄心を感じます。「台風が来るから川に行っては行けないよ」と言っても行く子供と同じです。何事も無く帰り紛争地帯は怖いし子供達が可哀想で、私達に何か出来る事ないかなと問題提起する事がジャーナリストの使命だと思う。功名心で内部潜入して危険な中に入る事まで、マスコミ各位が強要してるならその方が大問題です。小さなパワハラは突くくせに、フリーのジャーナリストに過酷の中に行かないと面白い記事は書けないと追い詰めている人達もいるのでしょうね。でも人質解放に身代金が動き、それで武器を買い、また人を殺傷する事を繰り返す事の事実を討論するのがマスコミの使命だと思います。ネットの世界で叩かれてる安田さん側に立って論戦を展開はレベルが低すぎる。無事帰国した人だから自己責任を問いたい。

名無しさん
この人は本当に拘束されていたのかな?
物音を立てたらいけない状況でどうやって手紙を書いたんだろう?
誰が手紙を郵便局に出しに行ったんだろう?
武装勢力が郵便代まで負担してくれて出しに行ってくれたのかな?

名無しさん
ジャーナリストや戦場カメラマンと名乗る方々は、正義を前面に出して色々と講釈を垂れるが、ただの冒険者だと思う。壮大なアドベンチャーを楽しんでいるだけだ。ジャーナリストとして、なんて考える必要はなく、まずはシンプルに人としてと考えるべき。人としてどうあるべきだったか、どうすべきだったかと追求していけば、今回の騒動の収め方は自ずとわかるというもの。
申し訳ない以外の感情は湧かないはずだ。
もっと違うやり方があったはずだとか、今度は下手こかないぞとか思っていたりしたとしたら絶対に世間は許さない。