韓国の元キャスターで現在日本で活動しているタレントのカン・ハンナが、日本の番組で韓国芸能人の整形に言及して物議をかもしている。

カン・ハンナは今月27日に放送された読売テレビの『特盛!よしもと』に出演し、「(韓国は)整形するのは当たり前の国」とし、一般の人々の間でも整形が盛んだと明かした。

続いて「韓国の芸能界の友達はいっぱいいるが、会う度に顔が変わったりする」としながらも自分は整形していないと否定し、鼻が低いため整形を勧められたとことがあると打ち明けた。

また、カン・ハンナは「(韓国では)整形していない顔が人気だ。ガールズグループの中でも、整形してない子をわざと入れる。その子が自然体ということで人気が出たりする。そういう子は愛嬌があるから」と伝えたりもした。

一方、カン・ハンナは2007年に日本ウェザーニュース気象キャスターとして放送活動を開始し、現在は日本芸能事務所のホリプロに所属しながらさまざまな番組に出演している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181029-00000039-cnippou-kr&pos=1