予定を大幅に超え、2時間40分にも及んだ安田純平さんの会見。2日放送のAbemaTV『AbemaPrime』では会見から見えてきた3月4か月に及ぶ拘束生活と解放の背景について専門家に話を聞いた。

 安田さんの証言によると、拘束当初の2015年6月29日から半年間にわたって監禁されていたのは、一戸建ての空き家だったという。「深夜に一戸建ての民家に移動させられた。おそらく空き家だったような建物で、7月下旬に彼らから“日本政府に金を要求する“と言われた。この時点で正式に人質であると言われた。通訳からは“組織名は言わなくても日本側は金を払うだろうか“みたいなことを言われたり、日本側とやりとりをしているということを言われた」。

 そこではイエメン人1人を含む、シリア人5人が監禁されていたといい、日本側との交渉のためなのか、個人情報などを書かされたという。その中の1枚が先日公開された「払ったらいけない」「断固無視しろ」など、身代金の支払い拒否とも読めるメッセージが込められていた妻宛ての手紙だという。この頃の待遇はそれほど厳しいものではなかったようで、安田さんは「彼らからは“ゲストである“と聞かされていて、部屋にはテレビがあり、衛星放送の番組を見ることができた。衣類と本とノートを渡され、日本語で日記を書いても良いと言われた」と振り返っている。食事では鶏肉やスイーツが提供されることもあったという。こうしたことについて安田さんは「紳士的な組織であったということを最終的に伝えてもらいたい。だからテレビもあるし、日記も書かせるし食事もよいものを渡す」と推測している。

 しかし彼らは日本政府との交渉が途切れたと思われる状況になると苛立ちはじめ、安田さんに対して時折暴力を振るうようになったという。そして交渉を有利に運ぶ目的だったのか、台本を渡され動画の撮影を命じられる。2016年3月17日に公開された動画で安田さんは「私は安田純平です。きょうは私の誕生日です」、2か月後には「助けてください、これが最後のチャンスです」と書かれた紙を持った写真が撮影された。それでも「動画の撮影が終わった後からはまた対応が良くなって、1日2日の食事の間に毎日おやつを持ってくるようになった。スイーツであるとか、インスタントラーメンを作って持ってきたりとか」と話した。

 当時のイドリブ県周辺の情勢について、シリア情勢の専門家である東京外国語大学の青山弘之教授は「イドリブ県の反体制武装集団はトルコが支援している勢力、サウジアラビアが支援している勢力、カタールが支援している勢力など、複数に分かれていたが、2015年3月にはアルカイダ系、アルカイダ系ではないイスラム過激派、イスラム国系など、過激派組織が一つになった。しかし内部抗争もあり非常に流動的で危険な情勢ではあったことは確かだ。私も毎日情勢をチェックしていたが、情報を追うのが精一杯で、次の一歩というのが考えられないくらいだった」と説明した。

 その上で、拘束当初の安田さんに対する紳士的ともいえる対応について「シリアでは他所から来た人を大切にするというおもてなしの精神が強いので、人質に対してもそういう情けがあったのではないかと推察される。一方で(待遇の悪化は)安田さんもおっしゃっていたように、日本政府の対応が悪くなった腹いせの可能性もあるし、アルカイダと常に行動を共にしている過激派のトルキスタン系集団や惨忍なISの系列など、安田さんの身柄が色々な集団の手に渡っていたという証拠なのではないか」と推測した。

 実際、日本では安田さんを拘束したのは“ヌスラ戦線とみられる組織“と報道されていたものの、安田さん自身は自分を拘束している組織が何なのかは分からなかったという。「ヌスラであると言ったり、アフラール・シャームであると言ったり、イスラム国であると言っていた」。また、一緒に捕まっていた人たちが、「ヌスラ戦線」の兵士と名乗るなど、報道とは違う実態も明らかになっている。

■解放の背後に、トルコ政府との関係性を重んじる反政府勢力の思惑も?
 その後、待遇は急速に悪くなり、「ジャバル・ザウイーヤ」の巨大収容施設に移動した後は足も伸ばせないような扇風機付きの幅1.5mの独房に1年8か月間も監禁されたという。身動きもできず、水浴びもさせてもらえないまでにエスカレートしたため、劣悪な環境に抵抗しようと20日間も食事を拒否し、一時衰弱たこともあったとしている。ここでは別の組織であるムジャヒディン軍の外国人を尋問している声や、尋問に対し“シリア軍の兵士である“と答える声が聞こえたこともあったという。

 安田さんは施設をさらに転々とし、また動画の撮影を命じられる。7月6日に公開された動画は「私は安田純平です。 2015年6月22日にこの国に来ました。私は元気です」と話していたが、同月31日に公開された動画では「私の名前はウマルです。韓国人です。今日の日付は2018年7月25日。とてもひどい環境にいます。今すぐ助けてください」と話している。安田さんは「7月25日、ウマル、韓国人というのも、やはり彼ら側から求められたもので、日付と名前と国籍、それから非常に環境が悪い状態にいる、助けて欲しいとすべて日本語で言えと言われた」と明かした。

青山教授は「ムジャヒディン軍はヌスラ戦線に忠誠を誓っている組織。安田さんが拘束していた組織がムジャヒディン軍に対して尋問しているとすると、やはり相手はヌスラ戦線ではない。ヌスラ戦線に拘束されていた時期もあるかもしれないが、戦況によって違う組織になる。特に2016年以降、ヌスラ戦線は2度も名前を変えている。何度も施設を変えられているのも、複数の集団が安田さんの金銭的価値に目をつけ、別々の組織に拘束されていたと推察される。会見の中で、ザーウィヤ山という900mくらいの山に行き、5階建ての建物の留め置かれた話があったが、この地方には5階建ての建物はあまりない。周辺の一番大きい都市だとマアッラト・ヌウマーン市だが、ここにも色んな支配勢力がいたが、2017年以降はヌスラ戦線ではなく、いわゆるアルカイダが支配するようになった。窓の南側に遺跡が見えたと話していたが、イドリブ県の真ん中くらいに遺跡があり、それが南の方に見えたということはザーウィヤ山ではないところだったことが分かる。独房についても、そういう部屋を新しく作るはずはなく、シリア政府の支配下の時に拘置所として使われた施設を運用しているとしていたと考えると、場所も推測できる」と分析した。

 そして先月、解放の時が訪れる。「10月22日の夜に民家に移されて、翌日23日朝、今からトルコに行くからと言われて車に乗せられ、また移動していって車が止まり、 彼らが何かやりとりをした後に車から降ろされて別の車に乗せられた。その車の中で、英語で“もう大丈夫だから“と。“お前はもう安全な状況である“と言われた。彼らはトルコ人だと言った。入管施設に入れられたが、入管施設の100mくらい手前になって目隠しを外されて、“お前はこれで解放されたんだ“ということを言われた」。

青山教授は「おそらく、交渉というよりも、シリア情勢の中で、“人質ビジネス“としての彼の商品価値が下がったということだろ。今年に入り、イドリブの戦況を中心として、シリア情勢はロシアとアサド政権側に有利に働いていて、反体制側は戦い続けても勝てないと誰が見ても分かる状態になった。そんな中で、反体制側を支援していたトルコは反体制側が大敗しないよう調整をしていた。最近ではイドリブで活動している反体制側の中でも、アルカイダのような暴力集団は出ていってもらうことで合意をした。その時に人質は足手まといになってしまうので放出している。また、トルコとしては勝てないと分かっていても残りたい人たちに対して、自分たちが占領している地域で治安活動や警察活動を担うような、いわば“きちんとした反体制派“になってもらいたい。その場合、信頼の観点からも人質ビジネスから足を洗ってもらう必要がある。そこで反体制派はトルコにとって都合の良い存在になるために、善意を見せる意味で人質を解放している」と、安田さん解放の背景にあると考えられる事情を説明した。

■「価値がある会見だった」

会見の冒頭、「今回、私の解放に向けてご尽力頂いたみなさん、ご心配頂いた皆さんにお詫びしますとともに、深く感謝申し上げたいと思う。本当にありがとうございます。私自身の行動によって、日本政府が当事者にされてしまった点について、大変申し訳ないと思っている。何が起こったのか、可能な限り説明することが私の責任であると思っている」と謝罪と感謝の気持ちを述べた。

 そして、会見の質疑応答の最初の質問も、やはり「自己責任」の問題についてだった。安田さんは「私自身の行動によって日本政府並びに多くの皆様にご迷惑をおかけしたということもあるので、 私自身に対して批判があるのは当然のことであると考えている。何があったのかということも含めてみなさまに批判いただき、検証いただくのは当然であると思っているので、そのことについて私の側から疑問というのはない」と自身への批判について言及。さらに「紛争地のような場所に行く以上は当然自己責任であるという風に考えている。そこによって自分の身に対して起きるものについては、はっきり言って自業自得として考えている。今回、外務省の対応について、国として行政として、やるべきこと、できることというのをやっていただいたと解釈している」と話した。

 その上で、危険な戦場にジャーナリストが行くことについては「紛争地、非常に厳しい場所であっても、現地の情報を取りに行く人は絶対に必要だというのが私の考え。現地の人が流すものと、外部の人間がそこで見て流す、見るものというのは見方も変わる。当事国の人なりが入ってみるというのが必要だと思うし、その国がそこで紛争を行っていなくても、そこから難民が出てくるとか、いろんなことが巡り巡って我々日本に影響があったりするものなので、直接軍隊を送ってるとかいうことでなくても、地球上で紛争なりが起きている場所があれば見に行く、現地に入るジャーナリストの存在というのは絶対的に必要だというのが私の考えだ」と訴えた。

自身も2012年から5回シリア国内で取材を重ね、拘束直前の安田さんとトルコで会ったというジャーナリストの桜木武史さんは、今回の会見について「安田さんらしい。自分の経験したことを淡々と話すことが、今できる可能な限りの責任じゃないかなと思った」と指摘。「リスクは高い仕事で、シリアでは実際誘拐もある。もし仮に安田さんのように誘拐されていたらと思うと、また現場に行くのは躊躇してしまう。安田さんは強い。ニュースで流れる映像と、実際に現場に足を運んで味わう空気感とか、人と直接話して一人ひとりから話を聞くことの積み重ねは大切。リスクを冒して戦場に飛び込んで、彼らと打ち解けて彼らの心の内とかを話してくれたのを聞いたりするというレポートは大切だなと思う」と話す。

 元経産官僚の宇佐美典也氏は「こんなメチャクチャな人いるか?と思っていたし、日本全国にもそう思っている人はたくさんいたと思う。でも、安田さんの人生を賭けた会見を見て、彼が守り、示そうとしたのは戦場ジャーナリズムそのものだと思った。一方で、ジャーナリストであれば全てが許されるかといえばそうではなく、自分にも軽率な部分があり、拘束されたのもミスだった。だから批判されるのもあたり前だとも話していた。ジャーナリストというのは自己責任だし、だからこそ助けるなというメッセージも出してきたと。ただ、人命保護の義務がある日本政府が自己責任だと言うのは別問題なんだと。すごく理論的にも整理されていたし、ジャーナリストとしての成果も出した、素晴らしい会見だったと思う」と話した上で、「人質というのが完全にビジネスになっていて、安田さんも人身売買市場で売買されていたかもしれないと思うと、市場原理が働いていることに驚いた」とした。

 青山教授も「安田さんの話を反体制派やシリア情勢の動きとすり合わせていくと、色々なことが克明に見えてくる。わからなかったことがすごく浮き彫りになった。その意味で価値があるものだ」とし、「危険地での取材は必要ないという答えはあり得ないと思う。ただ、観光ではないので、踏まなくてはいけない手続きがあるということ。もう一つは、ジャーナリストの方たちが持ってくるニュースソースを適切に広めるようなメディアがないと、それも観光で終わってしまう。安田さんが持ち帰った非常に貴重な情報をマスメディアがきちんと検証し、報道できなかったら無駄になってしまう。シリアを研究している人間として、そうしたことにメディアや日本の方には関心を持ってほしいと思う」と話した。(AbemaTV/『AbemaPrime』より)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181105-00010010-abema-int&p=1

みんなの意見


日本を守ろう!
「人質市場」で売買され、組織を転々としていたか

その線がかなり濃いかもね。
要するに、ジャーナリズムだなんだって安田を擁護している人達も
いるけど、単にそういった罠の中に自ら飛び込んだだけ。
穿った見方をすれば、安田自身がグルだって可能性も完全には否定
できないよね。

名無しさん
被害者なんだろうけども避けることのできた被害であり自己責任はこの人自身の言い出したことである、それを一般人による発言の揚げ足取りみたく報道して擁護するのは言語道断だとも思う、そもそも行かない方が良いと忠告されたところへ出向いて早々にとっ捕まる危機管理の拙さは笑い話にもならない

名無しさん
日本の警察が聴取してる内容を知りたいですね。
もしもこの人がグルだったらって考えると長期間
監禁されてても健康状態も良好で無事に帰国出来たのが
納得できるんだけど…
まさかね。

名無しさん
安田さんの人生を賭けた会見を見て、彼が守り、示そうとしたのは戦場ジャーナリズムそのものだと思った。

擁護する人たちに一番違和感を感じるのがここ。
彼のどの辺がジャーナリストなんだよ?って思う。何を伝えたかったかさっぱりわからん。


名無しさん
本当に彼が言ったような虐待があったのだろうか?細かくメディカルチェックされたと思うが、その結果との整合性はどうなのか?
会見で色々話した内容が、そのほかの情報に照らして、客観的合理性を保っているのか?その辺の調査をぜひしてもらいたい。
すべてがクリアにならない限り、彼自身が人質ビジネスの一味としての嫌疑を外すことができない。

CeylonTea
では、劣悪だったはずの監禁状態と、
安田氏の現在の健康状態との差についてはどうなのでしょうか?
多くの人が疑問に感じていますが。
下記は会見で語られた解放直前の状況です。
>10月15日ごろに、以前入っていた、身動きしてはいけない部屋に移されました。扇風機があったので、(音がまぎれるので)寝返りくらいは打つことができました。・・・
それからまた、『動いてはいけない』というゲームが始まり、それをクリアしきれず(監禁生活は)延びていきました。さすがに、20日間ハンストしても無理だったこの部屋にいるのは『無理だ』と、泣きつきました。・・・トイレにも行けないということは水も飲めない。かなり異常だと思うんです。
→そして、この直後に解放されたそうです。
 疑問は残ったままですね。

名無しさん
あの会見自体は自分のミスを認めたし批判されるべき内容ではなかった、でも安田の人質体験日記発表会見を絶賛する奴らが気持ち悪くて仕方ない

名無しさん
「人質市場」で売買があり、それがビジネス化しているということがあるなら
それは納得できる。
ゲストとして厚遇だったのも理解できる。
ある意味では安田氏は被害者ともとれる。
しかしやはり安田氏のトルコ国境付近で
ガイドを待っている間に見知らぬシリアの人間に付いて歩いて行ったら、拘束された。と話を聞くとガイドも含め安田氏
も人質市場というビジネスを知っていていたからこそ見知らぬシリアの人間に付いて行ってしまったのかと疑いの念は拭えない。

名無しさん
確か安田氏の朋友で、アフガニスタンで誘拐され拘束されていた常岡氏も政府側の地元軍閥に誘拐されて身代金を要求されていたと言っていたが、今回の安田氏の行動を無謀であるか無いかは別として、イスラム国や戦場である事の危険以外にも無法地帯化した事でイスラム国側やシリア政府側以外の勢力地域においても支配勢力側有力者の私的犯罪行為に巻き込まれるリスクがある事を今改めて認識すべきだと思う

名無しさん
安田さんの過去の発言や今回の発言をしっかりと報道した番組を見たら、あまりに私的過ぎに思える。自分を監禁した相手の事など他の人にとっては興味が無い。
自業自得を何度繰り返し、保釈金を払うな、と言いながら以前にも捕まった経験が有るにも関わらず精神的な進歩が見えない。
自分では凡ミスと言うけど政府が必ず動く事はわかっていながらに続けて捕まるのは愚か者。
ジャーナリストの成果を上げている話が聞こえないのは何故だろう。
趣味で行ったあげく、捕まる事の繰り返しで自分の宣伝にマスコミを利用している様にしか見えない。
命がある内に辞めた方が良い。

名無しさん
どうも金銭を払ったから解放されたと言う当初の見方は違うみたいだね
そもそも、どの組織が拘束していたかも分からない状態のようだし

名無しさん
これのどこが英雄なのでしょうか?
責任はしっかり取らせるべき。

m
以前も捕まっているわけだから、慎重さが足りない人なのでしょうね。三年間も悲惨な環境にいた割には、歯がしっかり残ってて、関節も動いて、歩けるのですね。今回は、日本に帰ってきた飛行機代は、自分で出したのですかね?

名無しさん
安田さんの会見で見えてきたものは、VIP待遇と、状況説明と健康状態があまりにも不自然な事。

robo
安田がシリアにはいいた初日に捕虜になった理由があるはず。
本物のテロリストに捕まっていればほぼ殺される。其れをさせないためだとするならば、一連の動きが腑に落ちる。

mis
使命感に酔っている感じが否めない会見だった。
人助けをするのは、一人間として尊いと思うが。
安田氏は、その器では無いと思う。
人を救う前に、自分以外の沢山の職業を見て欲しい。
自己責任という台詞を使うのは自由だが、多くの職業の人間の自己責任がどういうものか現場を理解して欲しい。

名無しさん
確かに彼が3年間無事だった事は非常に参考になる。
如何にして爪の一枚も剥がされずに過ごして来られたのか、これを基に危険地帯潜入時のガイドラインを作成すればいい。
またシリアに行く際は、最初から監獄取材が目的だと告げておけば今回ほどの騒ぎにはならないと思います。

名無しさん
皮肉だが、最終的に中東情勢に関心が高まったり、報道機会が増えたと言う意味で、安田さんは社会貢献したかもしれん。安田さんの会見では芸能畑なのか?くだらんこと聞く記者が多く、メディアは本当アホだなと思った。もうちょい中身のある報道して欲しい。

名無しさん
他国が関わるニュースで知りたいのは、このような背景や分析であって、その人がどのような人か、ではない。
年間日本からどのくらいのジャーナリストが取材に入っているのか、海外からはどうなのか、普通どう扱われるのか、政府は全ての取材人の渡航を止めているのか、何かあった人だけ止めているのか。身代金は払われなかったという報道の根拠は何か。いつもどういう方針なのか。
ジャーナリズムという言葉が飛び交っているわりに、どのニュースを見ても読んでも分からない。
「自己責任」について、誰がどう言ったとかのエピソードばかり「報道」されている。
調べなくても分かる皆が批判しやすい同じことを是か非かで繰り返し話題にしている。
ジャーナリストの方に矜持があるなら、このように背景や現在の傾向を、必ず一緒に報道してほしい。

( ̄(工) ̄)
シリアで起こっている内戦にどの程度のニュースバリューが日本であるのか。わざわざ現地に見に行って報道するほどのバリューはないと思う。その代償は我々の税金から出ているもので、そんな金があるなら奨学金が払えない若い世代に使ってほしい。

名無しさん
「安田さんの話を反体制派やシリア情勢の動きとすり合わせていくと、色々なことが克明に見えてくる。わからなかったことがすごく浮き彫りになった。その意味で価値があるものだ」
情報を持ち帰れなかったじゃないか、と言う批判があったが、安田さんの会見を見てると、シリア反体制武装組織には、後藤さんを捕まえた武装組織とはまた別の行動原理や宗教観がある組織があり、その組織が拘束した中でどのような人に対して敵対しているか、というのがわかる。

azaz
「純平また拘束されたってよ!」の
拘束日記のアピールに終始ですね。
拘束そのものに疑念があり
拘束(?)された本人が
相手がどんな組織の人間かすら
分からないといっている事に
どれだけの報道する意味があるのでしょう。
安氏本人が「拘束大変だったー!」と
ただ主張するワイドショー的素材を除いて
本来の目的である紛争地域の現地現状を
伝えていない(出来る筈がない)
紛争地のレポートにもなっていないネタに。
それで「純平の拘束日記」単行本の発売日は決まりました?
どうせメディアが競って本の中身をバラすから
買わないですけど…

名無しさん
報道関係者って、
「戦時下だろうがテロがあろうが、自分達だけは安全が保障されるべき」
と当たり前のように発言する、とてつもなく痛い人達なんだよね。

名無しさん
安田氏が捕まってた三年半の間に国際情勢は刻々と変わって、取材のあり方も変わってきたと思う。浦島太郎状態なんじゃないかな。
桜木氏の番組を見たけど、この方は素人の私が見ても惹きつけられるし、凄かった。しっかりと帰国してる所も含めて凄いと思った。

名無しさん
とにかく安田氏は二度と戦地に行かないで欲しいし、周りの人間が行かせてはいけない。もうこれで自身の能力もわかっただろうしね。人質になってもたいした情報は得られない。もし他に行きたい人がいなければ無利に戦地に行かなくてもいいじゃない。

ヰタ・セクスナシッス!
会見内容が正直、普通の被害者とジャーナリストと差が何処にあったのか…終わった事は変えようがないし、仕方ないが…それより、この先「この世にただのモノはない」と云われる様に身代金の建て替えの見返りに求められるモノが気になる

ぱんげあ市民
恐ろしい拷問で体中が傷跡だらけになっているのでしょうか
百の証言より傷跡を見せた方が伝わるものも大きいです
 テロ根絶の為にも体中の傷跡を公開して下さい

名無しさん
自分に何が起こっているかも分からない人間が
何を報道するために危険な所にいったんだろうね?
転々と売買されたお金が人を殺す道具に変わっていくんだよね

名無しさん
巨額の身代金が動いたとすれば、安田は間接テロ犯。この人のせいでテロ組織が銃や爆弾を買い、死者がでる。

名無しさん
まあ安田氏の話はいいよ。何も生まれないもん。でも何でメディアは北朝鮮の拉致じゃなく、シリアとかに行きたがるのかね?よほど感心が高いと思うが、、、、

名無しさん
次はいつ同じように捕まりに行くんだろうか
今の日本はマスコミや報道関係者が擁護してくれてもいづらいでしょうし、来年あたりにはまた捕まりそう
帰ってこなければいいのに

終活親父
今朝の朝日殿のワイドショーでも監禁の話を細かく説明してましたがこの話の裏付けなどは取れているのですかね、取れる訳が有りませんよね
それなのに何故真実の様な話になるのですか、いつもコメンテーターの玉川殿が言っている事ですよね、裏付け取れているのですかとね。

名無しさん
どこの組織が身代金を得ても共通するのは、
・武器弾薬を購入。現地人の命が失われる。
・武装勢力の兵隊に女を与える為に女性が攫われる費用に使うか、攫われた女性が買われる費用に使われる。
という訳で、安田という奴の売名行為の為に大勢の現地人が死んだり不幸になったりするのは、もう防ぎようがありません。

名無しさん
果たしてどれだけの人がシリアの今の現状を知りたいって思ってる?伝えたいっていうより自分がただ知りたくてそれで何かしらお金儲けができたらもうけもの位なんじゃないの?それと名声が欲しいからか?

名無しさん
危険地帯の拘束、人質、身代金ビジネスの実体を取材に行ったの??
体験したのだからジャーナリストとして、価値ある報道が出来ますね??
各国ともに、紛争地帯の情報はかなり詳細に調査分析把握しているのではないだろうか。たいした力も実績もない無防備なジャーナリストさんたちよりはるかに多くの情報網を持っているはず。
ジャーナリズムの旗をもっともらしく振り翳す正当性?を理解しかねる!

名無しさん
人質となっていた時のことを書いた本を出版して、それで収入を得るのかな。

名無しさん
食事に不足なく顔ふっくら 暴行の跡もなくきれい顔。
歩行もスタスタと問題なし 健康上の支障は見た目まったく感じない。
以前の捕虜はナイフで首落とされたりなのに、この人は余裕の生活 
何かとってもアヤシイ感じ。

名無しさん
フリージャーナリストという職業の人は紛争地帯のスクープを売る仕事でしょう?その仕事が崇高な仕事で、人々に紛争地帯の真実を知らせる大切なしごとだと言うんでしょう?では紛争地にいかないと収入は無いンでしょう。

名無しさん
結局ウマル氏が捕まって得た情報っていうのは人質市場なんて商売があったということだけ?
正直そんなのずぶの素人である私でさえある程度予想できた。
これを有益な情報の一つと言うのなら「お…………おぅ…………」としか返せないわ。
こんな情報ならわざわざ自ら捕まって3年もたらい回しにされる必要はない。
結果として私のなかではまだ税金分は働いていないものと判断させてもらいますわ。

名無しさん
テレビの報道番組やワイドショーで安田を擁護
しているが、なんの説得力もないし的はずれだよ
なんで身代金の話題に一言も触れないのが
不思議だよ。3憶円の税金を使った事は非常に重いよ