北大西洋条約機構(NATO)が対ロシアを念頭に、冷戦終結から最大規模となる軍事演習を北欧ノルウェーで展開している。ロシアによるウクライナへの軍事介入(2014年)やサイバー攻撃などを組み合わせた「ハイブリッド」型の脅威に身構える西側諸国が強い対抗姿勢を示した形。演習に対してロシアは激しく反発する。演習直前には、米国がソ連(当時)と結んだ中距離核戦力(INF)全廃条約からの離脱を表明したことで、米露の軍拡競争活発化の懸念も強まる。世界は「新冷戦」のとば口にあるのだろうか。【トロンヘイム(ノルウェー中部)で八田浩輔】

 気温2度。スカンディナビア半島の西端の入り江に北大西洋の冷たい風が吹きつける中、ごう音と共にノルウェー軍の戦車が土ぼこりを上げながら横切った。上空には激しいプロペラ音を響かせる米空軍の攻撃ヘリコプターAH64。沖に配備されているのはオランダ、フランス両海軍の揚陸艦。NATOが10月30日に公開した軍事演習「トライデント・ジャンクチャー」の一場面だ。

 演習はノルウェー北部が「架空の敵国」に侵攻され、NATOが集団的自衛権を発動したとの想定に基づく。演習のシナリオでは、ノルウェー領土や北大西洋、バルト海の広域に多国籍の即応部隊を展開して、ノルウェーの主権を奪回する。名指しこそしないが、ノルウェーと北極圏で国境を接するロシアが「架空の敵国」であるのは明白だ。

 1カ月近く続く演習には、NATOの加盟全29カ国のほか非加盟国のスウェーデンとフィンランドの計31カ国が参加。兵士5万人、戦闘機250機、戦艦65隻、戦車を含む車両1万台を動員した。

 NATOはウクライナ危機を受けて、対露警戒感を強め、中・東欧での抑止力強化を課題としてきた。今回の演習の舞台に北欧を選んだ背景には、基地の新設や配備戦力の増強など、ロシアが北極圏で軍事力を拡大していることへの警戒感がある。

 反発するロシアは、今回の演習の期間中にノルウェー沖の国際海域でミサイル訓練を実施するとNATOに通告。「冷戦期の演習と違いがあるのか」。現地の記者会見で質問を浴びたNATOのストルテンベルグ事務総長は、冷戦との認識は否定しつつもこう強調した。「今日の状況は、より予測不可能だ」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181109-00000130-mai-int

みんなの意見


名無しさん
まあNATOとロシアが全面衝突してヨーロッパ全土が戦火に、みたいな事が起きる可能性は限りなく低い。お互いに地上軍で侵攻して広範囲の地域を制圧する戦力は現在は持っていない。ただ、ロシアの軍事力は現在も尚、強力。クリミアのように局地的かつロシアが圧倒できる地域は実際に制圧されてしまう。米英仏独などのNATO主要国以外の、特にロシアと陸、海で国境を接するNATO加盟国、西側との友好国にとっては、ロシアは確実な敵です。

saveua
元々ロシアとノルウェー国境では双方で圧倒的な軍事格差があった。
ロシア側には不自然なほど強大な軍事基地。
しかしノルウェー側の港湾キルケネス側には入管通関事務所だけ。
これがロシアのウクライナ軍事侵攻で一気に緊張感が高まった。
中立的であったフィンランドとスウェーデンの危機感も急上昇だよ。
ただしNATOにも不安定要素がある。
マクロンのフランスはトランプの米国に不信感を高めている。
結果、米国を敵に!位置付けてマクロンは欧州軍の創設に言及し始めた。
欧州の危機は世界の危機に繋がる。
不穏な世界になって行くな。

名無しさん
時計の針が、かなり逆回転した印象がありますね。ノルウェーは冷戦中、戦略偵察機U-2が利用するなど、NATOのかなめの一つ。今回は31カ国5万人、航空機250機などが参加ですから、ずいぶん大掛かりな演習です。
 もともとは、ロシアのムチャなウクライナ侵攻が招いた緊張。ただ冷戦時代と大きく違うのは、かつてソ連の厚い防壁だった東欧諸国が、なだれを打ってEU・NATO側に鞍替えしており、ロシアから見れば西側の正面が、足元まで裸になったこと。
 ベルギーからモスクワまでは、おおむね山脈のない一大平原で、かつてナポレオンやナチスが押し寄せたルート。ここに衛星国が無くなったのは、ロシアにとっては恐怖です。おまけに、かつての超大国としての威信も大きく低下している…という焦りも。しかし今の時代、ロシアには軍事力に頼る以外の方法で、存在感を発揮して貰いたいものです。

名無しさん
自分はロシアに肩入れする気はまったく無い。
しかし、NATO諸国。特にドイツの東方への勢力拡大政策は、中国の海洋進出に近いものを感じる。
20年前のコソボ紛争の発端は、ドイツがクロアチアの分離独立を支援したこと。コソボ紛争ではセルビアの惨虐行為が強調されるが、クロアチアの惨虐行為はそれ以上だった。だから、国連から仲裁役を任された、日本の明石康氏は中立の立場で紛争解決を図ろうとした。しかし、セルビアを悪者にしたいNATOは、明石康氏のコソボ市民への保護軍派遣要請を無視して、セルビアへの空爆を強行した。ずさんな空爆は、コソボ避難民を爆撃して多数の犠牲者がでる。これに対して欧米のマスコミは爆撃ミスをセルビアによる「人間の盾」のフェイク・キャンペーンをやって、責任を明石康氏になすり付けて解任した。
今のNATOは、ロシアとの緊張をわざと高めて、国民の目を難民流入問題からそらそうとしているのでは?

名無しさん
喜ばしいことは、現状の経済制裁が間違いなくロシアの体力を奪ってること。体力が無くなれば、どこかを削らないといけないわけで、不生産部門の軍事が槍玉に上がるのは世界共通。平時に何も生まないからしゃーない。ロシア軍のお先は真っ暗だよ。新装備習得は最優先で削られ、近代化が最優先。空母や巡洋艦と言った金の掛かる新世代艦艇は凍結or停滞され、限られた予算を陸と海に投入。軍事パレードで華々しく登場した各種兵器の配備は遅々として進まない。陸はまだ良いまだ良いと言っても、比較的性能の良い兵器を食いつぶしているだけだが。問題は空軍だ。第5世代戦闘機に関わる予算が近代化に回され、西側がF35を配備してるのとは対照的だ。西側が第5世代戦闘機F-35を順調に配備する中、2025年においても、ロシア軍が第4~4.5世代戦闘機が主力なのは興味深いデータ。

名無しさん
本当に仮想敵国と思っているのかが問題。NATO貧弱過ぎない?
核戦争に至るのは双方にとって不利なため通常戦での侵略が始まる可能性が高いが通常戦の主役はなんと言っても戦車。
ロシアは2万両以上の戦車を保有し、最新のT14(アルマータ)に更新しつつある。仮に1万両が進行してきたとしたら?
防護壁となるのはウクライナ軍の3000強の戦車群しかない。
1日で崩壊することは目に見えているのでは?
次はドイツだが、保有する戦車はたった350両ぐらいしかない。
しかもレオパルト戦車は過去のキングタイガー戦車のような絶対的存在ではなくなってきている。ベルリン陥落はあっと言う間ではないか。
フランスまで進行するのは難しい事ではないように思える。
戦争をしなければ戦争は起きないと思い込みすぎ。

名無しさん
この記事の主旨から外れますが、
ノルウェーの徴兵制度に関心があります。
「ジェンダーの平等の名の下に共に汗をかき、共に眠る」
ノルウェーは女性に徴兵を義務付けただけでなく、
戦友の男性たちと共用の男女混合部屋を提供してきました。
個人的には これが本当の正しい徴兵のあり方のように思います。
「国防」とは男性だけが国を守るのは違うと思います。
また、本当に戦争になったら(特に敵に攻め込まれて防戦する時)、男性兵士と女性兵士に別々の部屋をあてがうような余裕など無くなると思います。
関心を持たれた人は ネットで検索して下さい。

名無しさん
もともとは、ロシアのムチャなウクライナ侵攻が招いた緊張。ただ冷戦時代と大きく違うのは、かつてソ連の厚い防壁だった東欧諸国が、なだれを打ってEU・NATO側に鞍替えしており、ロシアから見れば西側の正面が、足元まで裸になったこと。
 ベルギーからモスクワまでは、おおむね山脈のない一大平原で、かつてナポレオンやナチスが押し寄せたルート。ここに衛星国が無くなったのは、ロシアにとっては恐怖です。おまけに、かつての超大国としての威信も大きく低下している…という焦りも。

名無しさん
今は対ロシアより対中国だ。
日本も遠い所のことを気のするのもよいが、今そこにある危機は東アジアのほうが身近であり絶えず領海を脅かされ、核兵器にも狙われていると考えていた方が良い。

名無しさん
ロシアが反発してもね…なんだかんだ言ってもプーチン率いるロシアは経済面やら色々ともう限界だし、プーチンもなんだかんだ言ってももう年齢が高齢だからプーチンが任せれる優秀な後継ぎは居ないに等しいしね。
ロシアはソ連崩壊の時の事をもう一度嫌でも味わう事になると思うよ、仮にEUが武力衝突したら、なんだかんだ言ってもアメリカ軍は出て来るから、ロシアは厳しいよね残念ながら。
まあロシアも韓国同様自業自得なんだけどね!

名無しさん
NATOのロシアに対する軍事戦略は日本人にはなかなかわかりません。東西冷戦の時代には毎年NATOは大規模な軍事演習をしていたのを覚えています。軍事演習では民間の道路や町中を決まって大型の戦車や装甲車が走り回り、一般市民の犠牲も多かったと聞いています。演習は必要なのでしょうが、道を歩いている市民が犠牲になるのはいたたまれません。東西冷戦時代はまだ終わっていないのでしょうか?

名無しさん
今、どうなっているの?
だってね。
・英国(EU加盟時期)とロシアが対立していた時、
・米国が「ウクライナ問題でロシアに制裁を」と言っていた時
これらの時、EUはロシアとの関係が・・・と少し擁護して。
英国がEUから抜け、米国がロシア制裁を言わなくなってきた
この時期に、ロシアは仮想敵国と叫ぶフランスら。

panzer-metal
お互いに別々で演習をするから疑心暗鬼になり反発を生むのだから、一緒に演習を行えば良いんだよ。
NATOVSRUSSIAでw
冷戦終了を機会に、軍縮を行ってしまったNATO諸国。
特にドイツは酷く、陸海空とも稼働率が最悪の状態になってしまいました。
今のままでは、NATO諸国は元より自国の防衛すら危うい状況になっています。
結局、ヨーロッパは再軍備に進む事になりそうです。

名無しさん
日本では、集団的自衛権が話題になった際に、
「アベがー、自民が、戦争がー」と一部で
叫ばれましたが、これが世界の常識です。
ノルウエー、スウエーデン、フィンランド。
アベがーの人たちがむしろ「平和国家」と
思っている国々でさえ、こうやって「NATO
=集団的自衛権」の元に訓練を行なっている。
ちなみに、今の中国の軍事費は、ヨーロッパが
総がかりで対抗しているロシアを超えています。
アジアこそ、アジア版のNATOが必要な状況です。

名無しさん
軍事力と言うのは経済力がないと維持できない。
ソ連を見れば明らかなように。
今のロシアも経済は悪いわけで。
プーチン政権でさえ、何時まで持つか分からない。
日本にとってはロシアより中国だよ、問題なのは。

movie37
INF破棄によるとっけの演習じゃない、これもメルケルさんがEUの覇者になるため防衛を犠牲にして経済だけに力点を置いてきたつけが回ってるだけのことだね。

hotline
ロシアに対しては、日本もNATOと共通の敵国でも有ります。非加盟国も参加してますので日本も欧州や北欧との交流に艦船出してもよかったのでは、ないでしょうか。

名無しさん
ロシアは今すぐ潰していいと思う。
ポーランドとかの怨みはそれでも晴れないと思う

名無しさん
欧州とロシアが戦争するより日本と韓国が戦争するほうがはるかに可能性が高いと思う。

名無しさん
人類史上最悪の国家だし当然だと思うけど、
そろそろ中国も視野に入れておいた方がいいと思う。

名無しさん
日本の敵でもある。

名無しさん
逆にロシアの訓練中にNATO軍用機が
飛来したら大問題になるはずなのに
ロシアは自己中心的な国家だね。

名無しさん
経済的には中核となってるドイツが防衛面では足を引っ張る存在ってのが笑えない。
陸海空全て機能していないのに国家が存続出来てるってある意味うらやましい事だけど。

恐る恐る言わせて戴きますが………
冷戦は冷静に冷戦の儘で続けよう、ロシアと中国が第二、第三のソ連になるまで。
そうすれば南北朝鮮の消滅が必然的に付加価値となる。

名無しさん
ロシアが中国に擦り寄り始めた時こそが自由主義国と社会主義国の新冷戦の始まりだろう。

名無しさん
備えあれば憂いなし、対露を見据えたNATO軍事演習は毎年やる必要はある、それが牽制球になりえる。

wmuja@gjdadmtpg
遠い地域の事には実感が持てない。東アジアも欧州からしたら関心薄いんだろな。

名無しさん
現状で全面衝突は有り得ないでしょうね
ただ、NATOは米頼みで欧州自体の軍事は危機的です
EUに感けて日本より平和ボケ全開の国々が多く呈を為していない
最早オプションと化した演習ゴッコに意味はあまり感じられませんね

AmyLee
欧州軍の創設にマクロンは鼻息荒く、敵には中露に加えアメリカも想定しているがロシア一国に欧州だけが束になって敵うとは思えない。

名無しさん
NATOはロシアですか
アジアは中国ですよ
本当にロシアと中国は問題児で悪性腫瘍です