OLYMPUS DIGITAL CAMERA

日本の右翼団体「行動する保守運動」のメンバー約100人が10日、東京・日本橋で、韓国人強制徴用被害者に対する韓国大法院(最高裁判所に相当)の判決に抗議するデモ集会を開いた。同団体は「韓国は国家間の条約である基本合意を守っていない」として「日本政府は韓国と断交せよ」と主張した。参加者たちは日章旗(日の丸)と旭日旗のほか「韓国に怒っている」「大嫌韓デモ」「超嫌韓時代」「日韓断交」などと書かれたプラカードを手に東京駅や銀座周辺を行進した。参加者の一部は「竹島(独島の日本名)を返還せよ」と叫んだ。デモを見物していた市民の中には、拍手をしたり支持の意思を示したりする人もいた。大法院の判決後、右翼が嫌韓デモを行ったのは初めてだ。

 これに関連し駐日韓国大使館は公式サイトで、日本在住の韓国人や訪日中の韓国人に対し、身の安全に注意するよう呼び掛けた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181111-00001384-chosun-kr