元慰安婦の記事を「ねつ造」と書かれて名誉を傷つけられたとして元朝日新聞の記者がジャーナリストの櫻井よしこさんなどに1650万円の損害賠償などを求めた裁判で、札幌地裁は、訴えを棄却しました。

 この裁判は、元朝日新聞の記者の植村隆さんが自分が書いた従軍慰安婦の記事を巡り、ジャーナリストの櫻井よしこさんが「ねつ造である」と週刊誌などで誹謗中傷され名誉を傷つけられたとして櫻井さんや出版社を相手取り、1650万円の損害賠償などを求めているものです。

 9日の判決公判で札幌地裁の岡山忠広裁判長は「櫻井被告の記事における事実の重要な部分について、いずれも真実であるか被告が真実であると信じる相当の理由があると認められ記事により原告の社会的評価が低下したとしても違法性は認められない」として訴えを棄却しました。

 植村隆さん:「悪夢のような判決でしたみなさん、私はねつ造記者ではありません徹底的にそのことを証明していく」

 判決について被告の櫻井よしこさんは「裁判所の判断は証拠に基づく当然適切なものと思います」とコメントしています。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181109-00000014-hokkaibunv-hok