山の木を勝手に持ち去る「無断伐採」が各地に広がっている。伐採後の山林は荒れ、土砂崩れなど二次被害も起きている。明らかになっている被害は氷山の一角との指摘もあり、専門家は早急な対策が必要と訴える。


「もう再生不能や」

 宮崎県国富町の山林で、所有者の男性(60)=宮崎市=は肩を落とした。

 祖父母の代から家族で育ててきた約40アールのスギ林。9月上旬、半分ほどの約200本が勝手に切られ、丸太になって近くに積まれていた。

 平日は仕事があり、山付近に行くのは月1回ほど。平地から見える範囲の木は残され、目隠しのようになっていた。斜面を削って新たに造られた林道には、重機のわだちが残っていた。

 9月末には台風24号が山を襲った。再び訪れると、林道は山肌がむき出しになって崩れ、残っていた木も根ごと倒れた。一帯では土砂崩れが起き、農業用水のため池に流れ込んだ。

 木は木材として切り時を迎えていた。「定年後にこの木で家を建てようと妻と楽しみにしていたのに……。あまりにもひどい」

 無断伐採の被害は全国に広がっている。林野庁が3月にまとめた調査では、1月までの10カ月間に自治体に寄せられた「無断伐採」の相談件数は62件。九州・沖縄が33件と多く、関東9件、北海道・東北8件、中部5件と続く。

 宮崎県では、被害の増加を受けて昨年9月、被害者らが「盗伐被害者の会」を設立した。現在80世帯ほどが被害を訴えている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181117-00000026-asahi-soci

みんなの意見


Circle
うわあ、祖父母の代から育ててきたという事は、百年以上の年輪だよね。ちゃんと枝を伐って、手入れされ続けていた国産杉のそれは、そこらの細い手入れされていない数十年ものとは値段が違う。
生木は切ったすぐに加工するのでは反りが出てしまうので、転がしておいて水分を抜くのだが、その管理場所もケチってそこに置いてあったのだろう。
これ、確実に逮捕しないといけないと思う。山の手入れって、それだけですごいお金がかかる。家族でやっていたからそこは道具代だけだったかもしれないけど、そういうものじゃない。

目玉焼
野菜や果物の窃盗も問題になっていますが、杉の木も窃盗とは大胆な。
運び出すまで何日も掛かるでしょうし、記事の件では林道まで作り、結局運び出せなかったようで。
最近、テレビ番組のぽつんと一軒家が楽しみで、山道の維持とか大変なんだなぁと思っていたところでした。

名無しさん
建設用木材の購入費削減のために、盗んだということか。
山の管理に苦労している山を放棄したい人もいるから、杉の木が欲しい人との情報のマッチングが出来るとよいかもしれない。

名無しさん
これは、すさまじい。勝手に林道まで抜いて重機を入れる? 信じられないほど無茶です。
 しかし…普通の山村なら、見慣れない人間が重機を持ち込んだり、ましてや工事を始めると、住民が見咎めて山林の所有者に知らせるでしょう。今の時代ですと、スマホで証拠写真も撮られてしまうかも。現地の人間関係は、どうなっているのかなとも思いました。

名無しさん
中国や韓国では材木を切りつくしているから
日本に目を向けたのだよ
向こうでは日本より高く売れるとね
古くからの文明国はどこも森林の伐採をやりつくす事を経験している
安定した時代は人口が増加するから、それにともない燃料や資材として木々を伐採しつくし、土地の保水力が失われ
農業に大きなダメージを与える事になり
結果、食料生産が低下する。すでに人口が飽和状態を迎えた社会では食糧不足が生じる事になる
これが国の興亡を決めるってことが、歴史上、どこの国でも繰り返されている
しかし日本はそういう経験が少ない、稀有な国だ。
何故なら、日本は恵まれた森林資源と、島国故に長期的な森林資源の管理が可能だったからだ。
江戸時代にもどの地域に何本の木があるか、樹木の特徴や伐採後の植林についても詳しく記された記録が残っている
先人たちのこうした意思を無視するようなことは、よくはないね

名無しさん
あまりにも酷い。
木は木材としての価値は言うまでもなく、土砂崩れを防いだり、逆に水を蓄えたり、山全体の問題がある。きちんと手入れされた山は、日本にとって宝であり、それを再生するには、また気が遠くなるような時間がかかってしまう。
その土地の方だけの問題だと思ってはいけない。

名無しさん
いや、これ森林窃盗罪でしょ。
警察通報、逮捕、起訴、損害賠償請求のながれが普通だと思うんだが。
損害賠償に、山保全の植林費用上乗せすりゃええんじゃないか?
まあ、犯人に支払い能力無い場合は更に問題だけど。

名無しさん
ここで書くのも何ですが。
木材バンクを作ろうと思って、資金調達している者です。
大切な杉林でも、手の入っていない山もたくさんあります。
塀もなければ表札もない木を一本一本管理するのは大変ですが、その時に必要な人に最適な本数の木材を提供し、育成中の木にはしっかり所有権を持つよう管理してます。木材シェアバンクって感じです。
今最適な木材を取れても今は必要ない人と、あと数年後に取れそうな木があっても、今すぐ木材が欲しい人との仲介役です。
伐採した木はきちんと帳簿で把握して、お互いの利益がハッキリするようにできれば木は地域の皆の財産になります。
木材は本来、その土地で育った木材を使うのが一番気候に合っているのですが、今は難しいですが、長い目で見ると素晴らしい財産ですからね。

名無しさん
家屋や田畑と違い山林は境界が不明確なので筍や松茸泥棒と同じで明確な犯意を立証できない。
昔は山仕事や焚き木拾いで四季を問わず山に人が出入りしていたので地域外の人間がいたらすぐに分かった。
でも今は山に入らないし過疎化が酷いから違法伐採が行われても気付かない。
本来は自己所有か居住地域が入会権を持つ共有林以外からの伐採どころか落ち葉でも拾えば犯罪とされていた。
但し、違法伐採の発見が早くて警察が本気で捜査すればすぐに犯人は検挙できる。
専用の機械やトラックを必要とする伐採業者は限られているから伐採した材木の本数と伐採地の伐採本数が合わないとどこかで違法伐採したことがわかる。
但し、初めに書いたように犯罪の立証は難しい。合法的伐採地域の延長線上であったり依頼された場所と思い込んで伐採したと主張されれば犯意が無かったこととなる。

名無しさん
祖父母の代から育ててきたという事は、百年以上の年輪だよね。ちゃんと枝を伐って、手入れされ続けていた国産杉のそれは、そこらの細い手入れされていない数十年ものとは値段が違う
生木は切ったすぐに加工するのでは反りが出てしまうので、転がしておいて水分を抜くのだが、その管理場所もケチってそこに置いてあったのだろう。
これ、確実に逮捕しないといけないと思う。山の手入れって、それだけですごいお金がかかる。家族でやっていたからそこは道具代だけだったかもしれないけど、そういうものじゃない。

名無しさん
野草や昆虫とは異なり、樹齢40年以上の材を伐採して、運び出すことは一人でかんたんにできるものではありません。
重機や機器が必要です。斧で伐倒したならば、相当すごいことです。
農産物を一夜にして持ち去る窃盗団に、同じ仕事に従事していたケースが相当あるようです。
一次産業の大半が業として成り立たない状況。
その薄口銭にまで手を出さなければならない状況に追い込まれている人間が、同業界関係者・経験者であるとは思いたくありません。
業としている者ならば、伐った丸太が未乾燥材だった場合の用途や市場価値を当然知っているはずです。
伐採行為だけを楽しみ、材を放置するという、山のキャッチアンドリリースのような行為を楽しんだとも思えないし。
理解できない事件ですが、山主さんにかける言葉が見つかりません。

名無しさん
持ってる山の土地が竹やぶで、管理が出来なくて大変になっているというのもニュースで、見た事ある。
竹が欲しい人に回せるといいのにと思ったことがある。
簡単には、いかないかもだけど行政とかが助けてやれないものなのかな?

名無しさん
私の山林も被害に遭いました。
切り出した業者を調べて電話したら、「当社は仲介者を信じて仕事をしただけです。」と言われました。後日、その仲介者が来て場所を間違えただけなので、警察でも何でも呼んでこいと開き直られました。
境界の立ち会いも通知も無く、どう考えても両者はグルなのになんともなりませんでした。
近くの山林もいつの間にか伐採されていたと言う話はよく聞きますし、同じ県外の木材とチップの業者でしたが、捕まらないように考えてやっているのでどうにもならなりませんでした。
警察にと思いましたが、近隣の地権者や裁判費用そして場所が人里離れた山林など色々考えて私は諦めましたが、是非頑張って解決してください。

名無しさん
重機まで持ち出して大掛かりな事やってるなら調べれば分かるはず、仕入れもせずに販売する輩が何処かにいるはず、国内の流通や海外の持ち出しなどチェックすれば炙り出せるのでは?この手の犯罪は甘く見られがちだが作物を盗むなどと同じで生活に直結する事が多い、警察は本腰を入れて探さないと同様の被害が増える。

名無しさん
勝手に伐採した犯人の目星はついてないのかな?
一般人が伐採なんて無理だろうから。
りんごなどの窃盗と同じように、警察が捜査してるんだろうけど。
伐採による二次災害の責任も、犯人にあると思うが。
被害を受けた方達が、泣き寝入りにならないよう、きちんと捜査してほしい。

名無しさん
近年木材需要が世界的に高まる一方で、成長速度の関係もあって林業の生産量は頭打ちになりつつあります。日本に至っては林業が衰退していることもあって国産木材の生産量は減少が続き、値段は高騰しているとのこと。だからこういった樹齢数十年のスギはとても貴重で、それだけに手に入れることができればそれだけで利益が見込めるんですよね。
これ以外にも寺社のご神木なども狙われ密かに伐採されたり除草剤をまかれたりする事件などもあります。取り締まるには地域の協力も不可欠でしょうが、難しいのでしょうね

痴呆議員
山林を維持していくのはものすごく大変なことなんです。そこから儲けが出るわけでもなくても、ちゃんと治山を考えてお金をかけていかないといけない。
それに他の人も書いてましたが、樹木を育てあげるというのは下手すると何代にもわたることになります。勝手に伐採するなんてのは言語道断もいいところなんですよ。とんでもない話です。
しかし、そんな犯罪が横行してるんですね。知らなかった。伐採なんて目立つし、もし持ち主がフト立ち寄ったら重機残して逃げようもないし証拠も簡単には消せそうにもないのに。
盗人猛々しいとはまさにこのことです。

名無しさん
集中して一気に伐採するのはその後が大変な事になるからな~・・・
しかしながら、昭和の時代に狭い日本に異常な数の杉を植え過ぎた結果が今の花粉症大国になってしまったという事実もあるからな~・・・
育つまでに何十年もかかるから最近は花粉が飛ばない新しいタイプの苗を植えたりしてるみたいだが、苗が高すぎ&数が少なすぎて間に合ってないから結局足りない分は普通の苗を植えてるから意味が無いんだよな~・・・

名無しさん
管理する側も大変ですね…日々、山を見張りにいくわけにはいかないのでしょうから。
重機がはいって、伐採されてもわからないような場所なのですね…盗む側にしては、堂々とやっている感がありますね。
特に、山林の持ち主でもなければ、誰かが伐採作業しているも不審に思いませんからね…。

名無しさん
逆言えば、気が付かなかったほど、自分の財産を見ていなかったと言う事ですね。 
住宅に沿った形で存在してる、個人所有の山も多く存在してます。
しかし、一切手入れする訳でもないので、荒れ放題。 強風で倒れ、住宅街に倒れ込んでくる立木も。
又、急傾斜の上に生えてる立木では、数十年も放置している為、その幹も太くなり、自ずと重量も増えて来る。
このような状態で、大きな地震など発生した時には、その重量によって、地滑りの原因にもなりかねません。
地主は、樹木の権利もあると同時に、管理の義務も背負っている事をお忘れにならないように、していただきたい。

名無しさん
山林に関わる仕事をしていますが、代代わりをして所有者が山境が判らなくなっていること、地籍調査が入ってなく、故意ではなく伐採されるケースがあります。もうひとつは予め所有者を調査して、地元に居ないことを確認して伐採する言わば確信犯的な輩もいます。
後者に至っては発見が遅れてしまいますので、犯人の特定は難しいでしょう。
素人では図面とか地番とか言っても無理ですからね。

名無しさん
いま国産杉は外国材などに押され昭和時代の3分の1の価格、1トンあたり3000円ほどになっています
本来は樹齢100年まで伐らず放置してはいけないのですが、利益が出ないため山村の村人は林業から撤退しています
村人は割山を返却し、財産区林の管理は森林組合や公共自治体が行っているのが実情です

名無しさん
これ、「業界と国の怠慢」な部分も大きいでしょ。
製材する必要があるわけだから、肉のトレーサビリティのように、
「どこで伐採し、製材して、どういうルートで」
ということが明かな材木しか、流通させない、輸出させないよう
法改正すべき。
そりゃ細かく切ってしまえば逃れられるけど、そうなると、
住宅用の木材としては使えず、価値が下がるので、ある程度の
抑止効果は期待できるはず。

名無しさん
近年、
国・各県・各地方自治体 多額の税金を使って杉・松・檜などの活用を行っていると思いますが(この素材、建築や土木に適した素材なのに 無理やりこの素材で家具を造ったり おもちゃを造ったりしいる自治体が多くありますが お金の使い方の筋・効率が悪過ぎます)
本来の話の本質は 伐採適齢木を伐採し これからの山のあり方を考えて 将来を見越して次世代に向けた植林をし 理想の森を構築する事が税金を使う本質です。 
今の流行の間違った効率の悪い税金の使い方をするのでなく 手入れの行き届いた山の持ち主と 林業のプロ(木こりの方々)とのマッチングをすれば 樹齢70年くらいの良質な木素材を建築・土木業界に適正価格で最小限に税金を無駄に使わずに提供出来るはずです。
近年の 偽善を装い 地元の木材をPRする自治体の現状に違和感を感じております。 
木工に携わる人間の一人より。

名無しさん
重機を持って山に入っているので、警察がきちんと操作したら犯人の目星はつけやすのではと思われます。林業経営者は少ないですし、重機を遠方から持っていくのは手間のかかる上、その山のことを知らないと施業も難しいと思いますので基本的にそう遠くないところの業者か近くに山林を持たれてる方の仕業だと思います。
いずれにしても木材は数世代に渡った財産ですので、真相究明されることを願っております。

名無しさん
加害者の刑罰が軽すぎるように思えますね
不法投棄やこういった窃盗、破壊などの
罰則をもっと割に合わないほどにすべきだと
思いますよ
ただ禁固刑は一人当たり普通の収監者でも
年間500万円以上も税金がかかり、出所後の
社会復帰もむずかしく生活保護や再犯などを
起こしやすいため難しい現実があるのが
きついですね

名無しさん
農作物の窃盗は隣近所の農家の犯罪であることが多いと言われて、ある程度目星がついて、見逃す場合があるらしい。材木は、何年もかけて育てた物だから生態系や環境も変えてしまい、悪質です。日本の木材は質が良いから、狙われる。外国人材受け入れも良いが、さまざまな所で弊害が生じないようにして欲しい。

名無しさん
高年齢になって現場の監視もうまく行ってないように見えます。
木を成長するのはとても長い時間と手間がかかるので、切る人も考えて欲しいです。1度壊した自然を戻すのは容易ではないのですから。

名無しさん
こんなの調べればすぐ分かる気がするけどね。調べるのにかかった費用と時価総額を合わせて弁償してもらうしかないね。昔はヤクザが集金してくれたんだろうけど、今は民事で返済確定しても払ってくれる人なんて居るのかなって思っちゃうよな。ひろゆきとか全然払わなかったし。払ったら負けみたいな時代になってきたからね。例えば罠を仕掛けておいてかかった場合、犯人が怪我したり死亡したらどうなるんだろう?

名無しさん
森林は広大で警備が難しい、もし敷地内で盗伐犯が事故死でもしたら場合によっては責任を問われるかもしれない。大学の演習林も被害にあっていると聞きました。木なんて盗んでどうするの、と思うかもしれないが割と頻繁にあるみたいで…取り締まれないものかなあ。

名無しさん
盗伐材の流通ルートがあるというのが問題。
伐った木がどこのものか証明しようがないにしても、国内に流通する
建材用途として出所不明な業者の関わる余地があると思えない。
乱伐は災害の元になりかねないだけに規制を厳しくすべきでないか。

名無しさん
これガセネタだろ。
素人の倒木じゃないよ、さすがにこれは。
山には森林組合しか入れないように、林道としてすべて整備しているはず。
伐採したのは、森林組合から委託されている業者だろうけど、
”杉”は花粉の件で、減らす事を推進しているはずで、
巨木なら、金になるので、伐採前に印をして、伐採計画に沿って切っている。
あと、これから先、山地主は管理不行きで、
水利権、漁業組合、養殖場など、
台風、竜巻などに対する自然倒木などによる災害防止で、
”多額の費用”を請求されるよ。
今年は、竜巻による被害が凄まじかった。
大木が根元から浮き上がり倒れていたり、
幹がへし折れていたり、
年々、山が丸ハゲになるまで、災害が襲うと予測されてる。
後、杉は根の張り方が地表に這うので、
災害に滅法弱い木で、
残念ながら、災害が多発するこれからは、
早期に伐採出来ないと、ダメでしょう。

tally-Ho
このようなニュースを見て思うこと…
そんなに大切な”財産”なら、自分で管理責任を行うことができなければ山を持つな…と言いたい。
もちろん無断伐採をする者が悪いが、被害に遭う側もそれなりの対策を講じてきたのか…が課題になってくると思う。
広大で価値のある財産を所有するほど、維持管理にコストが発生するのは社会常識。
「自分は大丈夫」という安全神話の過信者になってしまうと、知らないうちに被害に遭ってしまう時代。

名無しさん
建材にするには数年乾燥させなきゃいけないから定年後に家をは、ちょっと違和感がある。
全部じゃないかもしれないけど現物があり良かった。
山を再生するのは大変だ、これからは時折ドローンで空撮してもらった方が良いと思う。

名無しさん
人の痛みが解らない人が増えてるのかな。自分さえ良ければ、人が泣こうが困ろうが関係無い。高齢者を平気で騙したりする、、、TVでは日本を好きな海外の人や文化を称賛する人が訪れて、嬉しく思えたりしますが、、、家庭環境?教育?自分の子供に人を信じてってよりも気を付けなさいと言う私も自分自身残念で寂しいです。仕事も大事だけど、躾もしっかりしなきゃと改めて思います。

piypiytori
民家もない林道とかなら重機やトラックが入って行っても分からないでしょうね!
我が家は自分の山林は家の前の道一本なので留守中以外なら分かるはずですが、あまりにも大胆な犯行ですね!でも林業を生業としてる者以外はこの犯行は無理でしょう。
材木に名前は書いてないので犯人の特定は困難でしょう?防犯カメラの設置とか考えるにしてもコストが大変ですからね!
警察はあてになりません

名無しさん
長い年月をかけたものは大事に管理されてきたからこそそこに存在するのに。
今の時期に多い、他人の山に勝手に入っての茸泥や花泥もだけど法的なものとかもっと厳しくできないものでしょうか。
……他人の山に勝手に入って何かをしようとしたら、問答無用で猟銃で撃ってもいいとかそんな感じの。日本人だけじゃないし、あいつら見つかっても言葉が判らないふりして逃げるし。

名無しさん
私は家族で小さな製材所を営んでいます。
違法に伐採した木は市場に出荷すれば合法木材の証明は出せないですし、バイオ発電でも間伐の申請がないと受け入れできないシステムになってるはずですが、市場をスルーして直接製材所やバイオ発電のチップ工場に入れたか、それとも海外輸出ですかね?
国内の材木需要の低迷がもたらした結果なんでしょうね。
残念です。

名無しさん
林業は長い年月がかかります
自分の代では利益がでない
自分の子や孫のためとずっと育てていた物を盗むなんて
是非犯人を捕まえて欲しいです

名無しさん
山林の問題は行政の不作為が関係あります。
筆界未定地。
所有権はあるが、どの範囲か不明の山林が多い。
林業労働者のモチベーションは年々低下する方向でしょうね。
杉、檜などに竹が絡んでいます。
日本は、林業が成り立たなくなってきています。