文在寅(ムン・ジェイン)大統領とトランプ米大統領はアルゼンチンでの主要20か国・地域(G20)首脳会議の期間に首脳会談を行ったが、これは通訳だけを交えた約30分間の会談だった。文大統領とトランプ大統領はこれまでに6回会談を行ったが、その中で今回の会談が最も短かった。9月24日にニューヨークで行われた会談は1時間25分だった。

 米ホワイトハウスは今回の首脳会談後、報道資料でこの会談を「プル・アサイド(pull aside)会談」と表現した。外交の世界で「プル・アサイド」とは、正式な会談会場の外や片隅で行う非公式の略式会談を意味する。
 首脳会談に先立ち、ホワイトハウスのサンダース報道官も「今回の会談はプル・アサイド方式で行われる」と述べていた。外信は「会談が格下げされたのではないか」と指摘した。すると韓国大統領府(青瓦台)は「ホワイトハウスの発表が誤っている」として「(略式会談ではない)正式な会談」と即座に反論した。しかし青瓦台の主張とは裏腹に、ホワイトハウスは最後まで、今回の会談は略式会談だったと繰り返した。
 G20首脳会談場で行われた今回の韓米首脳会談は、冒頭部分も公開されず、すぐに両首脳の話し合いに突入した。両首脳は予定されていた30分の会談が終わると記者団の質問にも答えず会談場を後にした。青瓦台の関係者は「文大統領は会談に満足し、同席者のない会談で首脳同士がより緊密な話し合いを行うことができた」と説明した。
 今回の首脳会談について、与党「共に民主党」は「トランプ大統領が文大統領を高く評価し、文大統領の(北朝鮮に対する)認識と外交力に共感したことを非常に歓迎する」とコメントした。一方、野党「自由韓国党」は「米日首脳会談などと異なり、非公式の会談だったという点が非常に残念だ」として「文大統領はこれまで対北朝鮮制裁の緩和を強調してきたのに、今回は『制裁維持が重要』と述べたと聞いて、困惑するばかりだ」と述べた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181202-00080024-chosun-kr