欧州の宇宙産業大手アリアンスペース(Arianespace)のロケット「アリアン5(Ariane 5)」が4日、南米大陸の北東端に位置する仏領ギアナ(Guiana)のクールー(Kourou)にある発射台から軌道へ向け打ち上げられた。

 アリアン5には衛星2基が搭載されており、一つはインドのための通信衛星、もう一つは韓国のための気象衛星だ。テイクオフから衛星の分離まで、ミッションの所要時間は34分間の予定。(c)AFPBB News

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181205-00010003-afpbbnewsv-int