防衛計画の大綱
12月中にも策定される新しい「防衛計画の大綱」で、焦点の1つとなっているのが、短距離滑走で発艦・離陸が可能で、垂直に着艦・着陸が出来るF-35Bステルス戦闘機を導入し、ヘリコプター搭載護衛艦「いずも」の、特に甲板を改修し、F-35Bを搭載・運用できるようにして、「多用途運用護衛艦」として運用する、というものである。

このF-35Bを運用するという点を指して実質、いずもの「空母化」という意見もある。

また、F-35Bステルス戦闘機を搭載して運用する軍艦と言えば、スキージャンプ甲板を備えた英海軍の空母「クイーン・エリザベス」級がある。

F-35Bは、機体の中央部に大きなリフト・ファンと呼ばれる機体の下に空気を吹き付ける機構をもち、後ろのジェットエンジンの噴射口を下に向けることが出来ることを最大限活用して発艦するため、クイーン・エリザベスは飛行甲板の前端が反り返った、いわゆる「スキージャンプ甲板」を持つ。

そして同じく、F-35Bステルス戦闘機を運用する軍艦としては、長崎県・佐世保を事実上の母港とする米海軍強襲揚陸艦WASPがある。

WASPは平らな全通甲板を持ち、岩国基地に配備された米海兵隊のF-35Bが搭載される。しかし、米海軍では空母とは呼ばれない。あくまでも強襲揚陸艦なのだ。

艦内に海水を引き込めるドックがあり、戦車や装甲車を載せた大型ホバークラフト「LCAC」が、そのドックから出て、海岸に上陸させることができる。つまり、F-35Bステルス戦闘機等の航空機の運用だけがその機能ではない。このため、F-35Bが運用できる軍艦=“空母“ということではなさそうだ。

空母=「航空母艦」とは
米国防省の公式の辞書にあたる「DOD Dictionary of Military and Associated Terms(2018年11月版)」には「海上や地上の目標に対する攻撃に従事し、他の軍部隊を支援する持続的な活動に従事する航空機を支援し、操作するために設計された軍艦で、 CVまたはCVNとも呼ばれる」と記述されている。

CVは通常動力の空母を指し、CVNは原子力空母を指す。現在、米海軍が運用している空母は全て、CVN=原子力空母だ。

日本が保有してはならない空母とは
小野寺五典防衛相(当時):
いわゆる攻撃的兵器を保有することは、自衛のための必要最小限度の範囲を超えることとなるため、憲法上許されないと考えております。例えば、大陸間弾道ミサイル=ICBM・長距離戦略爆撃機・攻撃型空母については、保有することは許されない。(参・予算委員会 2018年3月2日)

小野寺防衛相(当時)の答弁から、日本が保有しないことになっているのは「攻撃型空母」であることがわかる。では、「攻撃型空母」とは何なのだろうか。

上野隆防衛審議官(当時):
攻撃型空母といいますのは…攻撃機のほかに対潜機も積んでおりますし、偵察機も積んでおりますし…攻撃機を直援・援護するための戦闘機も積んでおりますが…すなわち攻撃機を主力とする空母を攻撃的空母と言いますれば、そういう空母というのは持てないというふうに、防衛白書でも明確に言っておるわけでございます。(衆・内閣委員会 1978年3月2日)

つまり艦載機として「攻撃機が主力」で、それを「援護する戦闘機」や他の軍用機が搭載されているのが「攻撃型空母」という説明だ。ある空母が「攻撃型空母」かどうかは、特に「攻撃機を主力とする」というのが重要なようだが、この答弁でいう「攻撃機」とは、どんな軍用機なのか。

それについても、この答弁では「対地あるいは対艦の攻撃力のある航空機を搭載する空母、代表的な機種は攻撃機」として、空中戦ではなく、対地・対艦攻撃能力のある軍用機を攻撃機としている。答弁の前提は「攻撃機」と「戦闘機」が分類上、別の軍用機ということだろう。

上野防衛審議官の答弁は1978年時点のものだが、さらに「攻撃型空母という分類、CVAと一般に言われておりますが、こういう分類は最近はあまり一般的ではございません」というのも同じ答弁の中の言葉だ。その理由について、同じ答弁の中で、以下のように語っている。

上野防衛審議官(当時):
CVA、攻撃型空母という分類は、CVSというのは対潜水艦用の空母でございますが、潜水艦掃討専門の空母と対比する意味でCVA、攻撃型空母という分類が一般的であったのが数年前でございますが、最近では空母はCV、原子力推進のものはそれにNとつけるというような分類になっています。そしてCV、すなわち対潜機能もあわせ持った航空母艦です。(衆・内閣委員会 1978年3月2日)

つまり、この答弁がなされた1978年時点で対潜空母=CVSも、攻撃型空母=CVAも空母としての一般的な分類ではなくなったというのである。いずれにせよ、この答弁に沿って考えるなら、攻撃型空母は「攻撃機が主力」で、それを援護する戦闘機や他の軍用機を搭載していることが定義の重要な要素となるのだろう。

空母に載せられる攻撃機は?
米軍では、攻撃機には「A-〇」という名称を付けるが、米海軍の空母搭載用の攻撃機、A-6イントルーダー攻撃機は1997年に退役し、A-7コルセア攻撃機が1991年に退役した。

米海兵隊のAV-8BハリアーII攻撃機は、まだ現役だが、2003年に生産が終了している。仏海軍のシュペルエタンダール攻撃機も2016年に退役。西側では現在、米国のF/A-18戦闘攻撃機や、フランスのラファールのように戦闘機と攻撃機の両方の役割をこなせるマルチ・ロールの軍用機が空母艦載機の主流だ。

そして、F-35ステルス戦闘機も「JSF(統合打撃戦闘機)」との別名が示すように、マルチ・ロール機の一種だ。そうなってくると「攻撃機を主力」とし、「攻撃機を直援・援護する戦闘機」を搭載するというのが定義の「攻撃型空母」というのは、そもそも、現在、導入可能な各国の軍用機の機種を考えた場合に、物理的に可能なことなのだろうか。

さらに、空母艦載機として重視されるのは、戦闘攻撃機より遠くを見通せるレーダーを備えた空飛ぶレーダー・サイト、早期警戒機の存在だ。現在、米・仏の空母で運用される艦載早期警戒機はE-2ホークアイだが、米や仏空母のように、軍用機を打ち出すカタパルトを備えている場合は、甲板全長300m前後でも運用可能だが、カタパルトが無い場合、例えば地上では、約600mの滑走距離が必要といわれる。

「いずも」の全長248mでは、カタパルトを設置するような大工事でもしなければ、E-2早期警戒機の運用は難しいだろう。英国やロシアのように、ヘリコプターにレーダーを積む「早期警戒ヘリコプター」なら、改修した「いずも」でも運用できるかもしれないが、その場合は早期警戒ヘリで掌握できる範囲が限られ、従って、艦載の戦闘攻撃機の活動範囲も限定されるだろう。

「いずも」がF-35Bを運用可能→どんな種類のフネ?
前述の米国防省の公式の辞書にあたる「DOD Dictionary of Military and Associated Terms(2018年11月版)」には、軍用機を運用できる軍艦としては、「air-capableship」というのも定義されていて「空母や原子力空母・強襲揚陸艦(一般目的)とか、強襲揚陸艦(多目的)以外で航空機が発艦・回収でき、日常的に補給を受けたり移送できる艦。ACSとも呼ばれる」としている。

つまり、軍用機を運用できる軍艦は空母や強襲揚陸艦だけではなく、その他の場合は「ACS=航空機運用能力艦」と分類しているというのである。「いずも」は、もともと、対潜作戦用のヘリコプターを主として搭載する護衛艦だ。先に引用した上野防衛審議官(当時)の答弁には「やや昔の分類にありますCVSのようなものは持てるんではないか」との言葉もあった。F-35Bを搭載したら、対潜ヘリコプターの搭載を止めるのだろうか。

防衛計画の大綱の検討に当たっては、「空母」や「母艦」という言葉ではなく、「多用途運用護衛艦」という艦種名が、検討されているというが、将来、改修した「いずも」は「攻撃型空母」や「空母」等より、むしろ、その方が実態に近いかもしれない。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181209-00010000-fnnprimev-int&p=1

みんなの意見


名無しさん
日本は離島が多いし、基地を作ろうとすると反対派が湧いて出てくるし…で、空母化は合理的な判断だと思う。

名無しさん
こんなくだらない答弁するよりも憲法改正してほしいですけど、すぐには無理でしょうしね
攻撃型と防御型って言葉遊びのように感じます
戦闘機を搭載できる艦は、すべて多用途運用護衛艦に統一したらいいのではないですかね?
こういう問題は、中身のない議論を展開する議員がいますけど時間の無駄だと思いますから
何を言われても、多用途運用護衛艦ですの
一点張りにしたら良いと思います

スノーマン
F35を搭載した時点で攻撃型空母だと思う。
艦載機が少なくても戦闘攻撃機搭載したら攻撃型空母だと思う。
でも、保有は現在の日本の状況から、いずも型2隻の固定翼機搭載はせざるおえない。
反対派は日本の状況を見るべき。
対話だけでは平和は来ない。
無論、憲法9条が平和を作るなんてあり得ない。

名無しさん
実際問題、沖縄那覇基地からのスクランブル発進回数を考えると、海上からの支援があって当然と思います。年間500-800回前後は多すぎ、防衛の多角化と隊員の負担軽減が必要です。それゆえ、「攻撃型空母」と断定するのは、日本の防衛強化を好ましく思わない相手国の論理です。

名無しさん
防衛だろうがなんだろうが、基本的に侵入してきた敵部隊を叩く攻撃に使うのだから、攻撃型かなんて愚問だと思う。
要は侵略性能があるかどうかが問題、そういう意味では局地防衛戦には使えても敵国内までの制圧能力はないと思う。

名無しさん
戦術的に見れば、物量で勝る相手に対し、10機程度で立案できる攻撃オプションなんてほとんどない。他の方も指摘されているように、B型は足が短いし、カタパルトなしでは爆装も限られるし、本土からの空中管制機等の支援も必要だし、要は「攻撃型空母」としての運用は(できなくはないだろうけど)ハードルが高い割には投射できる攻撃力は多くない。
一方で、日本侵攻を企む者がいるとすれば、作戦中にたとえ10機であってもあのF35に艦隊側背を突かれる可能性があることは、無視し得ない。戦力の分散を強いられ、場合によっては断念することになる。
つまるところ、「こっちから手を出すには不十分だけど、日本にちょっかい出す側にとっては”大きすぎる目の上のタンコブ”」
このように考察すれば、いずも型の多用途運用化は抑止力の一端であり、れっきとした「専守防衛」であると言える。

名無しさん
抑止力とは攻撃力を保有することです。強力な攻撃力がなければ日本の国土・領空・領海は防衛できません。日本の仮想敵国の中国は核保有しているので、日本も核装備して戦略ミサイル原潜を開発して実戦配備する必要があります。日本が核武装すれば、中国もそう簡単には尖閣などに侵略できなくなり、日本が平和になります。核武装して核抑止力を保有することが一番の安全策です。米国の核ミサイルがピースキーパー
(平和を守るもの)と言われている所以です。

名無しさん
攻撃型空母も良いけど専守防衛をなんとかした方が良いと思う。
敵より先に相手を探知し先制攻撃が今の戦闘用艦船の基本じゃないの?
そうしないと高性能のイージス艦も空母も所有してる意味がない。

普通のossan
F35を搭載したいずもは少なからず驚異になるでしょう。
しかし実際F35数機を移動するだけでは戦闘行為は出来ないと思われます。
一機の戦闘機では戦えない、複数機と後方支援に艦船も同時に移動する必要も有り
いずもの大きさではF35数機が離着艦出来るだけで
後方支援機の離発着は出来ず攻撃型空母と呼ぶには小さすぎると思います。
先日かがを見学した感想です。

名無しさん
攻撃型空母とは、その型の空母が地球上で3隻同時に全力攻撃を始めたら、北極・南極を除く全ての地上を灰にする事が出来る艦船を指す。
今はこんな事が出来るのは、アメリカ海軍が持つ原子力空母しかない。
50年は無給油で航行可能。
広い艦内では街が一つ入っている。
農業と畜産を行えば、理論上は50年海上で警戒・作戦が可能。
でも、動かすのは機械では無い。人です。
法で定義するのは、結局後読みでしかない。
動かすのは『人』
運用するのは『人』
素晴らしい料理を作るのも、人を刺す武器になるのも包丁。
早く時間に制約無く移動出来るのも、無謀な運転をして轢いてしまうのも車。
身近な物であっても使い方によっては便利だったり武器だったりします。
先ずは、隣国との関係性を考え『持つ事が大事』
手に入れなければ運用出来ない。
その上で、ヒューマンエラーを起こさない様にしなければならないと思います。

名無しさん
米空母は、各種の機体を同時に搭載、運用出来るけど、いずも級は、F-35Bを12機前後搭載したら、他の機体(ヘリコプター等)が載らなくなる。だから、米英空母と同様の運用は不可能と言える。
ただ、日本近海での運用を前提とするなら、問題にならない。運用法も、空母としてでなく、海上中継基地としてなら、搭載機数の少なさも問題にならない。

名無しさん
旧型の航空兵力ではステルス機能や最新型の中距離対空ミサイルをつかえずに最新型に全く対抗出来ない状態になり。
かと言って本当に全面戦争を行なうために必要な兵力を最新世代に更新出来るような国力を持っているような国はほとんどいない。
北朝鮮が大陸弾道弾に固執するのも、戦争に必要なまともな通常兵力を揃えることは不可能なほど兵器価格が高騰しているためもあると思う。
現実的にはほとんどの国も有事の際には航空機も艦船もまったく足りてない。海を渡って殲滅戦なんてものをまともに出来るのは、もはやアメリカだけだろう。
初戦を守りきる。それが現在の戦争の形のような気がする。
そのための護衛艦隊。仮に40機程度でも艦隊に第五世代の航空兵力を運用できる力が備われば十分に効果があるはず。
新しい日本の守り刀。頑張ってほしい。

名無しさん
米国兵器が優れている点は多々ありますが、その性能が、最大限発揮できるのは、米国の軍事戦略に基づいた場合です。米国の戦略とは、圧倒的物量により先制攻撃を行い、相手国を戦場にし、自国を決して戦火に巻き込まないという、極めて単純だが正当です。そうした米国において、搭載弾数も少なく航続距離も短い35Bは、空母護衛にしか向かない装備であり、敵地攻撃等は依然18ではないかと思います。35Bが敵地攻撃に役立つのは、航空優勢が確保され敵国領海まで空母が近接できてらからだと思います。従って、日本が35Bを保有しても、数的劣勢下、敵地攻撃など出来ません。日本が保有する理由は、先制攻撃をされ滑走路が使用できなくなった場合、短離発着機である35Bが有効との極めて防衛的発想かと。ただ後方も考えると如何かと。

名無しさん
南西諸島上空の領空侵犯機を警戒・迎撃の戦闘機は三沢から飛んでいると聴いた。
戦闘機という非常に高価な装備品を、緊張状態の南側へ本州最北から飛ばす耐用力のロスを考えたら、
やはり海上に展開する空母の存在は有意義でしょう。
日本の領海内を航行中に発艦して、大陸に攻撃を加えまた領海内の母艦に戻る…
そんな攻撃機は自衛隊に存在せず、これを攻撃型空母と呼ぶか否か等の論議は全くの無意味。
自衛の為の装備品は軍備に非ず。野党議員ですら大半はこれに異論は無い筈。
ただ緊張高まるなか急拵えの要からいずも・かがを改修するは仕方ないとして、
次のDDHはもう少し甲板の全長全幅大きいものを建造する必要がある。

名無しさん
現実問題として、海で囲まれた日本の国防には、
対艦攻撃を抜くことはできない。
主力戦闘機で制空権を確保して、支援戦闘機で対艦攻撃することで
脅威を取り除く、という手段は省くことができないだろう。
離島の多い日本で、国土全てを制空権内に置くような
基地の配置は必ずしも効率的とは言えない。
ならば多用途運用母艦は選択肢の一つだろう。
現在の主力機は、戦闘機や攻撃機という分類は難しい。
F-15JもF-2も対艦対地兵装を搭載できるので
分類が戦闘機であっても攻撃機として機能し、F35Bも同様だ。
航空機運用母艦であるなら、それなりの攻撃力は備わる。
その上で、攻撃的運用を前提としなければいいと思う。
具体的には「いずもに対地兵装を搭載しない」とかになるだろう。

名無しさん
他国からの離島奪還には欠かせないアイテムだと思う。中国、ロシア、韓国、北朝鮮等の暴挙に対しては有効な攻撃手段の一翼を担うと思う。
日本としては、今後2隻くらい空母を増やし、空母の護衛用にイージス艦もあと4隻増やし日本の領土を死守して欲しい。
有事には、地上のイージスアショアは真っ先に攻撃対象になるからあまり役にはたたないから空母とイージス艦を増やして欲しい。
欲を言えば、潜水艦もあと2隻欲しい。

名無しさん
攻撃型空母何て概念そのものがおかしいと言えばおかしいが
まあ、「いずも」に搭載できるF35はどんなに多く見積もっても17.8機程度だろう
実際、いずも型二隻のために導入するF35Bは四十機に過ぎない
この程度の数の機体では、たいした海上戦力とはなり得ないよ
過去に日本が空母の導入を計画した事があるが、今回と同じように二万トン級の空母であれば、運用できる機体数は限られている事も導入を断念し続けた理由だ
この規模では米空母のような侵攻作戦に用いるだけの能力はなく
艦隊の防空や哨戒・小規模な揚陸支援くらいしか役立たないだろう。また空母は図体はでかくて目標になりやすく、艦隊の足を引っ張る事にもなりかねない
イージス艦を二.三隻導入した方が艦隊防空に限れば費用対効果はむしろ高いだろう。
なら何で、いずも型を導入したかって話だが
まあ、海自のステータスって意味も大きかったのだろうな

名無しさん
そもそも自衛のための最小限の兵器の範囲を超えるので攻撃的兵器を持てないと言うこと自体がおかしい。少し前北朝鮮の弾道ミサイルに対処するために迎撃ミサイルの配備がされたり、アショアの導入が議論されたが、すべて打たれ後「ハエたたき」のように撃ち落とすだけ。これではモグラたたきようなものでいつまでたっても敵の弾道ミサイル攻撃能力をそぐことはできない。そのためには巡航ミサイルや戦闘攻撃機で直接そのミサイル基地や艦船を攻撃制圧しなければ始まらない。
この点から言えば巡航ミサイルや戦闘攻撃機は自衛のための兵器であると言える。従ってその戦闘攻撃能力を持ったF35Bを搭載できるいずもを持つことは何ら問題ない。最近の朝鮮半島や中国等の周辺情勢を見ればむしろ積極的にこれらの艦船や巡航ミサイルの保持を進めなければならない状況にあるのではないか。

名無しさん
攻撃も防御も使い方の違いであって「攻撃用」兵器うんぬんというのは馬鹿げた議論ではないのか?「戦闘爆撃機」を「支援戦闘機」、「戦車」を「特車」と言い繕っていた(前者は未だにやっている)のと同じ匂いがする。むしろ機体とパイロット養成の費用まで含め少数機しか搭載出来ないものを1隻、2隻作ったところで費用対効果的にどうなのか?といった観点から議論すべきものだと思う。また米軍との協同作戦ならともかく、仮に空中給油機があるとは言え空自の戦闘機の国内基地からの行動距離外で海自が単独作戦をするならば、それこそ本格的な大型空母を持たないと厳しいが、費用の問題はいずも型護衛艦の改修どころの話ではなくなる。

名無しさん
そもそも、日本周囲各国の敵性国家が好きなだけ攻撃兵器を保持できこちらを威嚇してくるような時代に「日本のみ攻撃型空母を保持してはならない」という下らないお約束からそろそろ脱却するべきだと思うが
今の日本を縛るルールでは、仮に戦闘が開始される時は敵から必ず先制攻撃を受け被害を被らなければいけない仕組みになっているし、それでは自衛隊が不憫でならない
また、領海や領土を侵犯してくる敵に攻撃もできないというのは、もう国防組織としての体を成していないのではないか

名無しさん
航空機の運用は、ある程度の時間単位で航空優勢を確保しなければ極めて脆弱でミッション成功率は激減する。そのためには航空戦力は最低限一飛行隊単位以上の規模を持って、運用され無くてはならない。空母は最低限1飛行隊、本来は2飛行隊で1飛行団を搭載しなくては航空作戦を実施できない。それならば必要な数の攻撃型無人機を搭載するDDや輸送機でも作ったほうが良い。

名無しさん
攻撃型空母と言うなら制空戦から爆撃まで出来ないといけないが、F-35Bは制空戦も出来るとはいえ制空戦特化のファイターには劣る。(それでも十分強い部類だが)
それに攻撃型として運用するには正規空母に加えて随伴艦も用意しなきゃならんし、自衛隊にはそこまで運用出来るほどの艦艇群及び燃料弾薬と言った資源があるとは考えにくい。
つまり、いずも一隻のみで攻撃的な運用は厳しいだろう。

kity—-
防衛するには攻撃を叩く攻撃が必要だよ。
周辺諸国の軍備拡張高度化に対抗できる防衛力は攻撃力だよ。
特に広域領海の離島を守備する手段として空母は必要です。
前の大戦の教訓は外交力と国民の生命財産を守れる防衛力だ!

名無しさん
あくまでも離島を守る上で必要です。近年は中国の領海進出や北朝鮮に対しても有効であるし、離島に基地を作るよりは経済的だし確かに攻撃型と言われても否定しないが守備型とも言えるのでそこまで議論する必要ないけどね。
せっかく建造したのだから効果的に使ってもらいたいのが本音です。

名無しさん
難しいことはよくわかりませんが、攻撃されたら日本国土、日本国民、日本財産を守るために最大の攻撃をもって防衛しなければならないのではないですか?
空母に攻撃型とかそうで無いとかの机上の議論はどうでも良いので日本を守りきれるような防衛のための最大の攻撃を準備して欲しいです。
憲法も現状の国際情勢を鑑みると改正も必要だと思います。

名無しさん
米国との二国間貿易協定をFTAと呼ばずTAGと呼んだりするなど、日本は本当に名称にこだわるところがある。F35は戦闘機なのでこれを搭載し運用すれば実質的には攻撃型だろうが、攻撃も防衛も同じツールが必要である以上、意味のない区別はする必要はない。

nekoman
自衛のための攻撃は必須事項だ。
堂々と護衛空母として制式空母を作って欲しい。

名無しさん
攻撃は最大の防御であるなら装備として持つのは間違いではない。実戦運用するかしないかはその時に判断して決めれば良い。

名無しさん
攻撃だとか防御だとか議論は必要ない。最強の防御は先制攻撃だから。
北朝鮮がなぜ米国に攻撃を受けないのか。イラクなどはすぐ攻撃された。核ミサイルがあるからに他ならない。
最終的に核が身を守ることになる。日本が核攻撃されたら、即核で反撃する体制があれば、簡単には核攻撃はできない。
専守防衛だと言っても核で一斉攻撃されたらお終いだ。
しかし10発でも相手国に核攻撃が届けば、相当の打撃となる。
これこそ抑止力だ。

名無しさん
攻撃型か否かってくくりで分けることがナンセンス
その時代時代に合ったニーズがあるんだから。
海洋面積が多い日本には空母は必要だと思います。
全面戦争にならないまでも
地域紛争になった時に近くまで戦闘機を持って行って飛ばせるメリットは計り知れない。
日本国民の生命と財産を守る事を考えたら
絶対に必要です。

JohnTitor
限られた防衛予算で金食い虫空母を導入することは
リスクが高い
一隻で運用できるはずがなく、かが改修や
新たなDDH建造など際限なく負担増=他の予算不足、
人材不足)に繋がる
日本が空母を持つリスクは、米国が仕掛ける戦争に駆り出
される可能性が高くなるという議論が
一度もされていないなど問題は大きい
自衛隊の高年齢化問題や
海自の慢性的な人材不足も深刻
これ以上の負担を強いられれば既存艦運用や
保有数が増えた潜水艦運用にも今後支障をきたし
近い将来、徴兵制の議論も必要となる
高い理想よりも現実的な考えで防衛力強化を計るべき
馬毛島土地買収が計画通りに進めば
海保拠点や予定通りに自衛隊基地設置が可能
馬毛島を島嶼防衛拠点として最大限に活用すれば
専守防衛の日本において金食い虫空母は必要ない
今必要なのは老朽化した設備の建て替え
隊員装備の更新、待遇改善・職場環境改善で
募集定員割れ対策が必要

名無しさん
何のために海上での航空機運用が必要なのかを考えなきゃいけない。
離島防衛を目的にするなら絶対的に必要。
これだけ隣国が力をつけてきてるのであれば、自衛手段も変えていくのが現実的じゃないかな?
というのをちょっと前に出た同じような記事に書いたら袋叩きにあった。

名無しさん
いずも型は対濳ヘリ用に建造されているためF-35Bだと収容機数に制限が出る。戦闘機を収容した場合に長期の作戦行動も出来るか疑問があるし攻撃型空母としての能力を発揮するには相当な改修工事が必要になってくる。F-35Bを搭載するにはいずもより一周り大きいのが望ましい。

名無しさん
なろうがなるまいがどっちでもいいよ。
日本の国益になるなら保持した方がよいし
ならないのなら要らない。個人的には、
敵基地攻撃能力を持った中距離ミサイルを
多数配備した方がよいと思うな。戦略核兵器
を発射前に破壊できるようなものがよい。
中国に戦略核を持たすのは危険な気がする。
中国大陸の歴史は、大量虐殺に溢れてるから。
都市国家の市民もろともすべて生き埋めなん
てこと何回もしてるし、証拠の資料や骸骨も
多数見つかってるしね。

名無しさん
攻撃型とか護衛型とか区分が古いだろ
昔は空母は何処にいるか分からないからこその威嚇効果があったが
今では人工衛星から丸見えでまさに盤上の駒の様相を呈している。
機密情報こそが兵器では? マスコミは他国にむやみに情報を垂れ流すような報道は自粛するべきであろう

名無しさん
いずも「空母化」のニュースで早速中国が反応している。
これだけで絶大な威力があるのが空母。
費用対効果は最高の兵器ではないか。

名無しさん
今のところこれしかない、と言う感じでいずもの空母化を進めるんだろうが、正直甲板設備も中も心もとない気はする。ちゃんと運用ができる空母を用意しないと不便ではないか。その前に艦隊能力を十全に動かせるだけの法改正が必要だと思うけど。攻撃されるまで何も出来ないんじゃあな。

ヨハンバッハセバスチャン
現憲法があるから今の言葉遊びは仕方ない、早く改定しないとね!F35を先制攻撃に使えば攻撃型だし、攻撃されて防衛の為の反撃に使えば防御型で護衛艦だし。先制攻撃をしない日本は何を所有ても防衛、自衛なんだから核も持っておこうよ。

名無しさん
「必要最小限の兵力」ってのも所詮は一時期・一部の政治家による「解釈」に過ぎない。固定滑走路使用が領空防衛の「最小限装備」なのか、それとも即時対応可能とする移動式滑走路を「最小限装備」と解釈するかを再考すべき。領土防衛のためには速やかな領空防衛・制空権確保が「最低限必要な戦略」なのだから、空母は「最低限必要な装備」だと思う。

名無しさん
攻撃型空母とは呼べない。艦載機の数も少ないし、F-35Bは攻撃機ではない。多用途運用護衛艦と呼ぶようですが軽空母だと思います。F-35Bを搭載しただけで攻撃型と騒がれるとは、アメリカの攻撃型空母とは桁違いですよ。比較するほどの攻撃力はないと思います。軽空母型護衛艦でいいんじゃないですか。



PDF