東京都府中市の路上で、現金約3億円が輸送車ごと偽の白バイ警官に持ち去られた「3億円事件」の発生から、10日で50年となる。窃盗事件として捜査され、迷宮入りしたまま1975年に時効が成立した。現在の価値で30億円ともされる被害額の大きさや、大胆不敵な犯行手口は社会に強烈なインパクトを与え、数々の小説や映画、マンガの題材にされてきた。この事件を発生当初から時効まで取材した元読売新聞記者に、当時の捜査の内幕や、一部で本命視された「警官の息子犯人説」などについて聞いた。

犯人がなぜか“ヒーロー”に
 事件は1968年12月10日朝に発生した。東芝府中工場で働く従業員のボーナス2億9434万1500円を運搬していた日本信託銀行国分寺支店の現金輸送車(ニッサンセドリック)が、東京都府中市の府中刑務所の塀沿いの通りで、“白バイ”に乗って現れた男に停車を命じられた。

 制服姿で白いヘルメットをかぶった男は「支店長宅が爆破された。この車にも爆弾が仕掛けてあるかもしれない」と言い、運転手ら4人を車から降ろした後、輸送車の下に潜り込むと、「ダイナマイトだ。逃げろ」と叫んだ。車の下から煙が上がり、4人が避難すると、男は輸送車を乗っ取って逃走。約1.3キロ北の史跡に隠しておいたトヨタカローラに3億円の入った三つのジュラルミンケースを積み替え、走り去った。輸送車の下から出た煙は、発炎筒によるものだった。

カローラは約4か月後、さらに北東に約5キロ離れた小金井市内の団地駐車場で発見された。ジュラルミンケースは車内に残されていたが、現金は消えていた。この車は事件直後に乗り捨てられていたことが、その後の捜査でわかった。

 白バイ警官を装った男の言葉を、輸送車の銀行員らが信じたのは布石があったからだ。事件の4日前、この支店に「300万円を女子事務員に持たせろ。言うことを聞かないと爆破する」という脅迫状が届いていた。

 一方で、奪われたボーナスは、翌日には無事、工場の従業員たちに支給された。銀行の損失は保険で賄われ、保険会社も別の保険会社と再保険を結び、さらにその保険会社が海外の保険会社と再保険契約を交わしていた。結局、被害額は海外の損保が負担したため、後に誤認逮捕などの問題も起きたが、発生当初は“国内では誰も損をしなかった事件”とも呼ばれた。

事件発生当時、読売新聞の八王子支局員だった田中正人さん(76)は、大学を出たばかりの新人記者としてこの大ニュースに遭遇した。取材者にとっても世間にとっても、まさに未曾有の事態だった。 

 「偽白バイ、逃走用と何台もの車両を使い分けた手口は当時の日本では例がなく、強烈な印象を残した。銃器も刃物も使わず、車を駆使して巨額の現金を奪ったうえに、被害額が保険で賄われて損した人が国内ではいなかったことから、犯人をヒーロー視するような雰囲気さえあった」

大量の遺留品…犯人逮捕に「楽観ムード」

読売新聞は発生当日、府中市内の通信部(家屋兼事務所)に取材拠点を置いた。田中さんはその日からここに泊り込み、捜査本部の置かれた警視庁府中署に通う毎日となった。 

 「通信部には本社から社会部の記者が大挙して取材しにきて、火事場のような騒ぎだった。ただ、偽の白バイには大量の遺留品があり、盗まれた現金輸送車もその日のうちに見つかったことで、捜査員の中には物証を一つ一つたどっていけば、犯人はすぐに見つかるという楽観ムードがあった。取材する記者も同じだった。むしろ我々は『いつ犯人が逮捕されてもおかしくはない。他社にそれを抜かれたら(先に報道されたら)クビ』というプレッシャーがあった。発生から1週間はほとんど寝られなかった」

「楽観ムード」を象徴するとして、田中さんはあるエピソードを挙げる。事件発生直後の記者会見で、盗まれた500円札の番号2000枚分を捜査本部が公表したのだ。 

 「会見場でメモを取りながら、『えー、それ言っちゃうの』と驚いた。3億円のうちの100万円分だから、犯人がこれを知ったら、その札を使わないか、処分してしまうだろうと」
 田中さんが危惧した通り、捜査は難航を極めることになる。

空前の大捜査…しかし時効成立

犯人が残した偽白バイを調べたところ、盗んだバイクを白く塗り替え、本物に似た赤色灯やメガホンなどを取り付けていた。後部座席の書類入れは、クッキーの空き缶を使って偽装していた。こうした品に加え、現場に残された発炎筒や、逃走に使った車など大量の遺留品があったが、犯人にたどり着くことはできなかった。盗品や大量生産品が多く、購入者の特定には至らなかったのだ。

 捜査本部は銀行員らの証言から、犯人のモンタージュ写真を公開した。「これがさらに捜査対象を膨大にした」と田中さんは言う。 

 「公開されたモンタージュ写真を手に、記者も現場周辺の住民に見覚えがないか聞いてまわった。すると、捜査本部に『家にモンタージュ写真を持って男が話を聞きに来たが、その男が写真に似ていた』と110番通報をされてしまった。私も何度も犯人ではないかと疑われた。当時、20歳代の若い男で、ヘルメットをかぶせたら似てしまう人は多くいた。情報提供が捜査本部に数多く寄せられ、捜査員はそれに振り回されていた」 

 その結果、捜査本部は時効成立までに、疑いをかけた11万4368人と情報提供された2万5357件に対し、のべ17万1805人の捜査員を投入することを余儀なくされた。

犯人を追い詰めた? 2ミリ大の紙片

難航した大捜査の中で、「犯人に迫ることもできたはずの証拠があった」と田中さんは振り返る。 

 「偽白バイのメガホンのペンキをはがしたところ、その下に約2ミリ大の新聞紙片が付いていた。犯人がペンキを塗る際、周囲にペンキが広がらないように新聞を使ったと考えられた。ごくわずかなものだから、犯人が意図的に付けたものではなく、誤って残したと考えるのが自然だった。自分の家に配達された新聞を使った可能性もあり、配達先がわかれば偽白バイを作り出した“アジト”に直結する可能性があった」

 警視庁は科学捜査を駆使して、紙片が事件発生の4日前、12月6日の「サンケイ新聞」の「食品情報」の「品」の文字の一部であることを突き止めた。紙の製造先もわかり、配達地域は現場周辺の国分寺、国立、立川などを含む東京西部と神奈川、埼玉などの一部であると絞り込んだ。しかし、これがわかった時には、事件発生からすでに2年が経過していて、購読者を示す「順路帳」が破棄されており、犯人にたどり着くことは、またもできなかった。

 田中さんは言う。 

 「すごい執念の捜査だった。もう少し早くわかって調べていたら、犯人にたどり着いたかもしれない。捜査員も悔しがっていた」

3億円事件を推理する
 その後も有力な手がかりをつかめないまま月日は過ぎた。社会に衝撃を与えた事件だけに、世間には様々な「犯人像」が流布した。捜査本部も「単独犯」か「複数犯」かで意見が分かれた。

 田中さんは、未解決である以上、どんな推理にも可能性はあるとした上で、自身は「複数犯」ではなく「単独犯」と考えていると話す。一見、鮮やかに見える手口も、悪運と偶然が重なり、上手(うま)くいったように見える部分もあり、かなり「危険な賭け」をしているとうかがえることがその根拠だ。 

 「犯人は、偽白バイを隠すためにかけておいたシートを引きずったまま現場まで走り、その場に残している。現金輸送車の動きを観察した後、慌てて偽白バイに乗り換えたためだ。複数犯なら仲間が現金輸送車を追い、もう一人が予あらかじめ偽白バイに乗って待ち構え、合図を受けてからスタートすることができたはずだから、こうしたミスは防げただろう。現金輸送車をカローラに乗り換える現場に向かう道と、そこから逃走する道はいずれも車1台がやっと通れるほど狭く、対向車が来たらすれ違えず、逃走できなかったかもしれない。複数犯であれば、予(あらかじ)め対向車が進入して来ないように共犯者が何らかの措置をとるのが自然だ。また、これだけの大金を複数で分けたら、配分を巡って必ず仲間割れするはずだが、それもない。こうした理由から、私は単独犯だと思っている」

「警官の息子犯人説」の舞台裏

3億円事件を振り返るときに必ずと言っていいほど注目される「説」がある。事件後に自殺した現職の白バイ警官の息子(当時19歳)を犯人とするものだ。実際、捜査本部は当初、この少年に注目していた。支店長宅に届いた脅迫状の切手から割り出された血液型や脅迫状の筆跡が一致せずに「シロ」と判断されたが、この少年は車の窃盗を繰り返し、オートバイの運転も上手く、白バイに詳しかったこともあり、共犯者がいれば犯行はありえたとする見方もあった。田中さんはどのようにこの説を受け止めていたのか。 

 「3億円の現金は、積み重ねれば高さ4メートル超にもなり、これを隠すだけでも大変だったはず。少年の家はそう大きくはなかった。少年が死亡した後に警察は家を調べたが、現金は見つかっていない。少年の足取りも徹底的に調べたが、事件につながる情報はなく、事件前日の夜は新宿で飲んでいたという情報もあった。私は単独犯説だから、複数の犯行車両を現場近くに準備しなければならなかったのだから、前夜にこうした行動をとっていたとしたら、犯行は難しかったと思う」

しかし、この説をモデルにしたとみられる小説が出版されたり、ドラマがたびたび放映されたりして、「警官の息子犯人説」は世の中に広まっていった。

 「発生当初から、毎日のように怒鳴(どな)り声の飛び交う警察署に通い、現場をはいつくばるように取材して私が描いた犯人像は、少年とはかけ離れていて、ピンとこなかった。私が感じたのは、頭が良く、偽白バイにクッキー缶を使うなど日曜大工が上手い、庶民的な人物像だった。作家らが『少年を犯人』と推理し、それに関する書籍やドラマが発表されて支持を得たのは、現職警官の息子で、事件後すぐに亡くなっているなどの要素があり、『劇場型犯罪』に似合った『ドラマ性のある犯人像』だったことを強調した結果だと思っている。あやしいとされた人は何人もいたが、事件発生から時間がたつにつれ、『世間のウケを狙った』この説だけがもてはやされたのではないか」

自称「3億円事件の犯人」に告ぐ

発生から半世紀の今年、「3億円事件の犯人」を自称する人物が告白本を出すと話題になった。犯人がヒーロー視された事件への興味からか、「実は私が犯人です」という“告白”は現在までに何度も行われている。筆者の同僚である読売新聞メディア局編集部の記者の中にも過去にこの種の“告白”を聞かされ、3億円を隠したとされる富士山麓の樹海を血眼になって探し回り、徒労に終わった経験者がいる。

 田中さんはその後、社会部に移ってからも取材を続け、この事件を時効まで追い続けた。その情熱に引き込まれるように様々な情報が寄せられたという。 

 「『盗まれた500円札を持っている』という人は何人もいたが、該当する2000枚ではなく、その前後の番号ばかりだった。犯人なら、500円札の現物など“物証”を示してくれないと。捜査線上は3億円を大々的に使った形跡はないので、犯人が亡くなっていたとしても、遺品整理などで見つかる可能性もあるが、そういった話は今のところない。犯人はまだ生きていて、3億円の一部も残っている…私はそう思いたい。半世紀たって名乗り出てくるなら、ぜひインタビューしたい。その思いは今でも強い」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181210-00010000-yomonline-soci&p=1


PDF