【AFP=時事】(更新)フランス東部ストラスブール(Strasbourg)で起きたクリスマス市銃撃事件で13日、容疑者の男が警察に射殺された。関係筋が明らかにした。

11日夜に起きた事件では、多くの人が訪れるクリスマス市での銃撃により3人が死亡。治安当局は700人以上を動員してシェリフ・シェカット(Cherif Chekatt)容疑者(29)の行方を追っていた。関係筋によると、容疑者は同市ノイドルフ(Neudorf)地区で警察により射殺された。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181214-00000001-jij_afp-int


PDF