兵庫県尼崎市の阪神高速で11月、時速約200キロでポルシェを運転し、トラックに追突して運転手を死亡させたとして、兵庫県警は近く、自動車運転死傷行為処罰法違反容疑で逮捕していた医師の久保田秀哉容疑者(50)(兵庫県芦屋市)を、より罰則が重い同法の危険運転致死容疑で追送検する。捜査関係者への取材でわかった。

捜査関係者によると、久保田容疑者は11月25日昼、尼崎市の阪神高速上り線で、制限速度(60キロ)を140キロ超える約200キロの危険な速度でポルシェを運転。会社員男性(70)(兵庫県明石市)運転のトラックに追突し、男性を死亡させた疑いがある。「70キロぐらいで走行していた」と容疑を否認しているという。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181214-00050071-yom-soci


PDF