【香港聯合ニュース】中国人ら韓流ファン4人による常識のない行動で、香港発ソウル行き航空便の出発が大幅に遅れたことが16日まで分かった。

 航空業界によると、15日午後、香港国際空港から出発する予定の大韓航空のソウル便機内では360人余りの乗客が離陸を待っていた。しかし、突然、中国人3人と香港人1人が離陸直前に飛行機から降りると申し出た。

 この4人は14日に香港で開催された音楽授賞式「Mnet Asian Music Awards(MAMA)」に参加した韓国アイドルグループの熱烈なファンだった。アイドルグループが乗る同便のファーストクラスなどを予約し、機内に乗り込み、アイドルグループと時間を過ごすつもりだったとされる。

 一度搭乗した乗客が降りる場合は乗客全員が降りて改めてセキュリティーチェックを受けなければならない。乗務員はこれを説明したものの、ファン4人は降りる意向を示したため、結局、アイドルグループを含む乗客全員は荷物を降ろし、改めてセキュリティーチェックを受けた。このため、ソウル便の出発は1時間ほど遅れることになった。

 大韓航空側は現地警察に捜査を求めたが、警察は「物理的な被害が発生していない」とし、捜査しなかった。大韓航空側はファン4人に航空券代を払い戻し、香港国際空港には離陸遅延の費用も払った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181216-00000022-yonh-kr


PDF