ジェームズ(ジム)・マティス米国防長官が、とうとうトランプ大統領に愛想を尽かした。「マッドドッグ(狂犬)」のあだ名からは想像できないほど冷静で緻密、バランス感覚に優れ、超党派で人望がある。政権の「安定剤」の辞任が決まったことで、ホワイトハウスが世界の「マッドハウス(狂った館)」になることを防ぐ最後の盾が消滅する。

12月20日、マティス国防長官(68)はホワイトハウスで、トランプ大統領(72)と面会していた。予定にはない訪問だった。長官が手渡した書簡には、こう書かれていた。

「あなたには、さまざまな課題について、あなたと考えをともにできる国防長官を持つ権利がある。だからこそ、私は今の立場から退くことが正しいと考える」

 マティス長官がトランプ大統領に三行半をたたきつけた瞬間だ。辞職願の書簡の内容は今、SNSなどで公開されている。

 2019年2月28日に辞任へ――。

 いつものように発表は突然だった。マティス長官の辞任は、トランプ大統領が20日夜、自らツイッターで公表した。

「この2年間、国防長官として私の政権に尽力してくれたジム・マティス将軍が、すばらしい功績とともに、2月末で退任する」

 1回あたりの文字制限には収まらず、2回に分けてツイートしたトランプ大統領は、マティス長官の功績をこう説明した。

「ジムの在職中、特に新たな戦闘装備の購入で、とてつもない前進があった。同盟国に公平な軍事負担を拠出させようとする私の偉大な支えだった。ジムの尽力にとても感謝する」

 政権発足から2年の間に、閣僚や政権幹部の辞任を何度もツイッターで電撃発表してきたトランプ大統領。常に「感謝」と「功績」を記すのを忘れなかったが、それだけ優秀な政権幹部がなぜ辞任するのかの理由については、これまでと同じように言及しなかった。

 前日の12月19日、トランプ大統領は、マティス長官辞任の直接の引き金になったとみられる米軍のシリア完全撤退を発表していた。その理由について語ったビデオメッセージも自身のツイッターに掲載している。

「われわれは長年、シリアで戦い、私の政権下でIS(イスラム国)に勝利、完全に打倒した。奪われた土地も取り戻した。われわれの軍が帰国する時が来た」

 内戦状態にあるシリアからの米軍撤退だ。報道によると、政権はシリアに展開する米兵2千人の完全撤退を検討しており、完了するには最大約100日を要するという。この方針に強く反対していたマティス国防長官らを振り切って、トランプ大統領が独断で決めたと言われている。

 ただ、シリア撤退をめぐる対立は、2人の関係が終末期にあった象徴の一つでしかない。12月4日、マティス長官は、国防総省が求めた20年度の国家安全保障予算額を削減しようと検討していたトランプ大統領に、考えを改めるよう強く迫っている。10月15日には、貿易をめぐり中国と対立するトランプ政権にあって、「両国関係を生産的に進めるやり方を見いだす必要がある」と記者団に話し、大統領のやり方に苦言を呈している。トランプ大統領が北朝鮮への軍事報復をにおわすようなツイートを繰り返していた時も、関係各国やメディアに対し、「外交による解決はなくなっていない」などと火消しに躍起になった。

 政権内でも、国際協調を軽視するトランプ大統領の政策に懸念を抱く閣僚や政権幹部の相談役となりながら、必要ならば大統領に直接、厳しい言葉を突きつけて、暴走を食い止める最後の防波堤として、政権の安定剤となってきた。100%の忠誠を求めるトランプ大統領が、米国第一主義とは正反対の「グローバリスト」と批判しながらも、マティス長官をクビにしなかったのは、偉大な影響力を尊敬していたからだ。

 それが一転、マティス長官の辞任説が流れ出したのが9月11日、政権内部の異常な混乱ぶりを書いた暴露本『FEAR(訳書名・恐怖の男)』が出版されてからだった。「大統領の理解力は小学5年生レベル」などと言ったとされるマティス長官の発言を含め、米国の安全保障やインテリジェンスに直結する国際協調の重要性を理解しない大統領への深刻な懸念が、多くの閣僚らの生の言葉として記されている。

暴露本の出版数日後、マティス長官の辞任説を伝える報道が一斉に始まった。ニューヨーク・タイムズは、「大人と評価されるマティス氏と比較されることに、大統領はうんざりし、嫌気がさしている」などと報じ、両者の関係悪化の始まりを伝えていた。

「正直に言うと、彼は民主党員のようだ。良い人間だし、われわれはうまくやっているが、彼は去るかもしれない」

 トランプ大統領本人も10月14日、録画インタビューが放送されたテレビ番組の中で、マティス長官の辞任の可能性に触れていた。ロイター通信によると、大統領が公の場で、マティス長官に対する否定的な発言をするのは初めてだったという。

 海兵隊の退役大将として国防長官に就任したマティス氏は、「マッドドッグ」の由来にもなった戦場での不敗神話を誇る将軍中の将軍だが、一方で、戦闘はあらゆる手段を尽くした後の選択と考える平和主義者、国際協調主義者でもある。歴史書や戦略書などの愛読家で、結婚歴もなく、子どももいないことから「戦う修道士(Warrior Monk)」とも呼ばれている。多くを語らない寡黙さと信念を貫き通すストイックさが、身長175センチの体に凝縮された小さな巨人だ。

 何から何まで正反対だからこそ、トランプ大統領の暴走を食い止める強力な影響力となってきた。マティス長官の退場は、大統領を止められる人間が政権にいなくなることを意味する。辞職願の書簡の中で、マティス長官がトランプ大統領に表明した最後の訴えが、国際社会の懸念を代弁していた。

「米国の力は、唯一無二かつ包括的な同盟やパートナーシップの仕組みと直結しており、切り離せないというのが私の信念の中核にある。同盟国を尊重し、強い同盟関係を維持しなければ、米国の国益を守ることも、自由世界に不可欠な国としての役割を果たすこともできない」

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181221-00000064-sasahi-n_ame&p=1


PDF