強姦(ごうかん)事件などで服役中に被害証言がうそだったとわかり、再審で無罪となった男性(75)と妻が国と大阪府に計約1億4千万円の国家賠償を求めた訴訟の判決が8日、大阪地裁である。男性側は冤罪(えんざい)の責任は捜査機関だけでなく、裁判所にもあると訴えている。

 訴状などによると、男性は2004年と08年に当時10代の女性に自宅で性的暴行を加えたとして強姦と強制わいせつの罪で起訴された。一貫して無罪を訴えたが、大阪地裁は09年5月、「女性が被害をでっちあげることは考えがたい」として、女性本人や被害を目撃したとする親族の証言などから懲役12年の判決を言い渡した。最高裁が11年4月に上告を退け、確定した。

 しかし男性が服役中の14年、女性が「被害はうそ」と告白。親族も証言が虚偽と認めた。その後の大阪地検の調べで、女性が被害届を出した後に受診した医療機関に「性的被害の痕跡はない」とするカルテがあったことが判明。男性は14年11月に釈放され、15年10月に地裁の再審で無罪判決を受けた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190105-00000024-asahi-soci

みんなの意見


共感順新着順古い順そう思う順前田恒彦
元特捜部主任検事
オーサー報告
捜査公判を通じて容疑を否認していたため、逮捕から服役、釈放に至るまでの身柄拘束期間は約6年に及びました。再審無罪の決め手は、服役から約3年半後になって被害者とされていた女性らが偽証を告白したことと、性的被害の痕跡なしという診療記録が発見されたことでした。
既に控訴審の段階で弁護側が検察側に対して診療記録の公判提出を求…もっと見る


名無しさん
判決が出た2009年当時、すでに痴漢をでっちあげる女性がいることが問題となっていたはず。「女性が被害をでっちあげることは考えがたい」とは時代遅れもいいところで、裁判官が世の中の性犯罪をキャッチアップしていない、勉強不足であることはあきらか。
それまで痴漢の冤罪がいくつもあったはずだし、証拠固めをしっかりやらなかった警察や検察の落ち度である。
偽証した人達で1億、国が4千万出せばいい。しかし失われた時間はお金で買い戻すことはできませんよ。
女性の罪は非常に重いと思います。因果応報、将来必ず報いを受けます。

名無しさん
酷い話だと思う。こういう被害が今度も発生しないように女性は被害男性以上に重い罪に服するべきだと思う。それにしても警察、検察、裁判所も真実を見ないで何をやっていたのか、彼らが自主的に給料から慰謝料を払ってほしい。

名無しさん
この手の冤罪は、被害者の言い分だけがひとり歩きする傾向にある。
まさか、女性側が嘘の証言をするとはと言う
先入観が入ってしまいます。
元受刑者の方には、大切な時間を刑務所内で過ごすと事になり、苦労や苦痛も多々あったと思います。晴れて名誉が回復され、国家賠償請求にて一定の金額が貰えたとしでも、
失われた時間は返って来ない。
嘘の証言をした女性の真意は不明ですが、
ひとりの人生の道を変えた罪は重いと判断されなくてはなりません。

Seinen
この場合大阪地裁が公正じゃないよね。
明らかに女性側に味方してる。
司法はどちらの味方にもなってはならないはず。
なんのために黒服着てるんだよ。
毎度のことだが大阪地裁おかしすぎ。感情で裁くとか韓国かよと思う。
女性は今度は加害者として裁かれるべき。

りんこ
女性の嘘を親戚が偽証したのは、女性が襲われた演技をしたのか。女性は医師の診察を受けながらも訴えをひかなかった。ばれる嘘と、そのペナルティーが
分からなかったのかな。とにかく、服役によって失った時間は戻らない。名誉回復も大変なこと。男性と家族の方は大いに怒るべき。女性には厳罰を。男性が受けた以上の服役でも良いぐらいだ。でっち上げる訳がないなど、裁判官の理念が問われる。

名無しさん
医療機関のカルテもろくに確認していないのは酷すぎる。
国は勿論ですが関わった警察官、検察官、裁判官の個人にも責任を追及するべき次元の話だと思います。余りにも無責任だと思います。

名無しさん
同じようなことは自分に起こったらと思うとゾッとする。
この年齢でよくもまあ絶望せずに戦い続けたかと思うと
敬意さえ感じる。
非を非と認め、お金でしかなくてもしっかりと賠償して上げてほしい。

名無しさん
うーん。難しい問題ではあるがウソ元の女性はそれなりの罪にしなければならない。
これで日本国民の血税が支払われるのも違うと思うから。
こう言う事件があると弱い立場の方達への良い判決が霞んでしまう。必要な忖度が無くなる。
又、支払われると同じ様な方法で詐欺が横行する可能性もある。
懲役に行かす様なウソは自らも家族も苦しむ状況にはなるだろう。

Quick_Plus
ひとまず、嘘をついた人には、3倍以上の刑期を。
その上で、証言だけに頼って系を確定させた司法の甘さにも十分に配慮し、検察側には降格やペナルティも。
加えて、国には賠償金を。
マスコミにも、それで得た利益があるでしょうから、1億円程度は負担してもらっても良いと思いますが。
そのくらい、大変なこととおもいますが。
一方で、当人にはミスがなかったのでしょうか?

鉄拳おやじ
最近、痴漢を疑われて線路上を逃走しニュースになってしまう事案があるが、やはり冤とかなりの割合であるのでは。性犯罪を無くし厳しく取り締まることは大切な事だが、一方的に申告されただけで、ハイ貴方有罪でしょう、ではあまりにも酷すぎる。何らかの公平な立証プロセスなりを整備してほしい。マジで電車に乗るの結構恐怖なオジサンです。

名無しさん
>「女性が被害をでっちあげることは考えがたい」
この考え方が司法として終わってる。

名無しさん
偽証した女性は逮捕、起訴されてるのか?とは言えこの女性が告白しなかったら冤罪のままで全てが終わっていたと思うと恐ろしいなぁ

名無しさん
嘘をでっち上げた女性はどうなってるのか?
この裁判での冤罪もそうだが、虚偽をした女性がどうなっているのか報道すべきだ。
性被害を一方的に断罪するやり方が正しいのか、女性側もよく考えるべき一件だと思う。

kko
どれだけの悔しさと怒りだっただろう。この事件に関わった刑事や検察誰もが猛省し、過ちを認めてほしい。このニュースはぜひYahooトップにして、被害者の男性家族の汚名を晴らすことにYahooもぜひ力を貸してほしい。

名無しさん
虚偽の証言をした女性とその親族は当然、訴訟の共同被告になっているはずだが、どうなのか。その請求金額は?
また、女性は誣告罪で刑事処分を受けたのかどうか。
マスコミは再発防止のために、その点もしっかり報道してもらいたい。

lll
今回と場合、性的暴行の痕がないという医師の診察など、証拠はあったのに、
「被害を訴えた者が嘘をつくはずがない」などという理屈で、お粗末過ぎる判決を下した司法の責任は重い。
それを踏まえた上で、
性犯罪は密室であることが多く証拠がないケースが多いから、泣き寝入りを防ぐためには、
ある程度被害者よりになる部分もあるかもしれない。
とも思う。
(ただ今回の件は、証拠があったのにそれを無視したケースだから仕方なくはない。
裁判官や検察官は罪深い。)
だとするならば、虚偽が判明したときには、裁判官や検察官、被害を訴えてた女性や虚偽証言者(今回場合女性の家族)には、必ず何らかの重い責任が負わされるような仕組みであるべき。
でなければ救われない。
痴漢冤罪とかもそう。
この方は年齢が年齢なだけに獄中で亡くなってたかも。
国や司法はもっと性犯罪冤罪と向き合うべき。

くまえもん
性犯罪は許し難いですが、こういう悪質な女性がいる以上、証言だけでなく物的証拠も必要だと考えます。
虚偽の証言をした女性も、偽証罪だけでなく実刑が課せれる重い罪に問うべきです。

名無しさん
酷い話だ。
女性が本当の事を言わなかったら、この男性は今も冤罪で刑務所の中、社会的信用は地に堕ちたままだったと思うとゾッとする。
強制性交罪は立件されにくいと言われているが、一部ではこのような暴走が起きてたんだね。
痴漢と痴漢冤罪にしても同じだろう。
立件、逮捕、有罪の判断や方法が間違っているのではないか?
今回も、カルテを無視していた訳だし。
一度、徹底的な検証と見直しが必要なんじゃないか?

名無しさん
もし自分が…と思うと、心が痛む事件です。いくら金銭的な賠償はあっても、奪われた時間と社会的な信頼は測りがたいと思います。それでも虚偽の証言をした女性は大した罪には問われないのかと思うと本当に理不尽です。日本の法律はこういう強姦や痴漢などの事件に関しては、被害者は絶対うそをつかない…という前提で捜査を進めているような気がします。女性がそういう恥ずかしいことを訴えるのだから嘘を言うはずはない…という前提があるのではないでしょうか?こういう性犯罪に関しては特に、女性男性公平な、そして綿密な操作をお願いしたいです。特に今回の事件は病院の件もそうですが…あまりにもずさんです。送検したほうも、裁いたほうも、どこかの時点でストッパーがなかったのかな…そうしたらこんな悲劇は避けられたはずです

たまごやき
70過ぎの1年はとても貴重なのにひどい目にあったね。嘘を言った女性は是非実刑で刑務所に入ってください。男女平等の世の中、男性に対して酷いことをした女性も厳しく罰してほしい。

名無しさん
裁判所が人の人生を粉々にしてる
まともな裁判となるためにも被害者を救って欲しい
またその十代の虚言女性、人の人生をめちゃくちゃにしてそのまま生きているのはおかしいと思う。
裁かれるべきだし、擁護した保護者もなんらかの責任を問われるべきだと思う。
人として罰は受けるべきだと思う
1人の人生とそのご家族の人生をめちゃくちゃにしたのだから。

名無しさん
強制わいせつや痴漢など被害者の申告が決定打になる犯罪は、
裁判の過程で虚偽申告を疑って貰いたい
確かに被害にあわれた方の恐怖は想像もできないけど、いつ自分が巻き込まれるか不安に思うことがある
裁判官の皆さん
『疑わしきは罰せず』を忘れないでもらいたい
被告側が犯行が不可能なことを立証するだけでなく、検察が犯行を科学的に立証することも必要不可欠
女性の供述だけでなく、ほかの状況証拠を集めて犯行が被告にしかできなかったことを証明してもらいたい
そうした議論がされないまま収監されてしまうことに憤りを感じます
それと鉄道各社に
男性専用車両の設置を望んでいます
こうした冤罪を生んでいる根源は『男性には逃げ場がない』ことが関係しています
痴漢被害を抑制すると同時に、冤罪被害も減らす努力をしてもらいたい
女性が安心して利用できても、男性は微塵も安心できないです
早急に対応をお願いします

名無しさん
こればかりではなく、日本の司法のにも構造的な大きな欠陥がある。今回、証拠を隠した検察、裁判所、診断結果のような被害者が同意すれば手に入る証拠を入手できなかった弁護側、何れも冤罪づくりな貢献している。推定無罪はアメリカの映画だが、99パーセント以上の素晴らしい有罪率が示すように、始めに有罪ありき、だ。有罪になるものしか立件してないなんてのは、それこそ問題で、不起訴とは言葉の意味から考えれば、有罪かも知れないけど、有罪にする自信はないから、今回は起訴やめとく、ということでしょ。なぜ無罪と言わないのだ!有罪でなければ無罪でしょう。でなければ、逮捕されて不起訴になった人は、周りから、あの人、やったかもしれないけど検察が自信ないから起訴できなかったらしい、と見られてその後の社会生活に多大な不利益を与える。これが司法後進国日本の現状。話題の韓国司法を笑えない。

aaa2430
さすがにこれは酷すぎる。偽証した女性側にも罰則が必要。
だが今回の判決で大きいのは、「女性の申告は嘘の可能性がある」という事を明確にしてくれた事。これで今後の強姦等の裁判の際には、女性側がいかにその事実を立証するかが重要になってくると思う。
強姦だけでなく、痴漢でも同様の事が言える様になると思う。
もちろん強姦や痴漢はあってはならない事だが、本当にしていない冤罪の人を助けられる可能性が大きくなった事からすると、この人の功績は非常に大きいと思う。

名無しさん
普通、強姦事件は医師の診断を取るはず。
何故取らなかったのだろう。
検事も何故、診断書を取らせて関追させなかったのか?
痴漢はもとより、性犯罪は被害者の供述が一人歩きする場合が非常に多い。
密室ピンピンなら、被害者有利になってしまうのが実情だから、旧来の黒の捜査を行うのでは無く、白の捜査を行うよう推進されてきだした、走りの頃の事件だが、中々現場には浸透しなかったと思う。
今は性犯の冤罪が多いから白の捜査で固めて、固まらないのは黒って言う方向の手法が確立しているが、それでも痴漢に関しては、偽被害者の供述に振り回されたり、逆にどう考えても白に出来ず、黒で起訴したにも関わらず、肝心の被害者の公判答弁がグテグテで無罪になったりしている。
今回みたいな一環否認は、警察として初めから白と決めて、取り得る手を全て尽くしてから、送致しなければならないだろう。
送致後起訴するしないは検事の判断だからね。

名無しさん
この手の冤罪事件でいつも不思議に思う事は、通りすがりの痴漢ならともかく二度に渡る犯行を偽証する根拠は何だろうかと言う事です。全くの冤罪ならば偽証する女性と親族が偽証してまで男を罪に問うた理由を調べて欲しい。
 親族の証言とあるが、美人局の可能性もある。旧態依然の判断理由で冤罪は増えていくのだから。

Нэргүй
やっていない事を一般人が証明する事は非常に難しいと思います
そんな中で被害者の証言を偏重しすぎるとこういう冤罪が起きかねない
検察や裁判所は予断を挟まず判断をして欲しいと思う
まとめ記事などを見ると迷惑行為をしている女性(女子高生など)に下手に注意すると「チカン!」と叫ばれることもあるようですし、そこで事情を知らない人が取り押さえてしまうとあっという間に痴漢犯のできあがり
そこで冤罪を証明するのは非常に難しい事を過去の報道で見たことがある
そこでは結果的に痴漢をするには無理があることが証明できたが、もし証明できない(痴漢できる「可能性」が残された)場合はやってなくてもあきらめるしかなくなってしまう
そんな事が起きないように第三者の証言を取るなど、しっかり取り調べをして欲しいと思う

名無しさん
理屈とかいい悪いは別にして、誰にも責任はなく、ただ「運」がわるいことにされてしまうだろうな。
女性は今圧倒的に強いブランドでいい悪いは関係ない。
警察や裁判所は庶民より格の高い人のいるところだから自分達に責任があるとは思っていない。
仕事がいい加減であってもいいのだ、相手は格下の庶民だから。
権力をもてあそぶのは、権力を持つ者に取ってとても楽しいことである。
この件も遊びであって、正義とは関係ない。

名無しさん
こういう事件があったときは、
虚偽の証言をした人間には、逸失利益を賠償させたうえで、無駄に被害者が服役したのと同じ時間無条件で服役させる必要がある。
そうでないと、「証言」の価値がなくなる。
同様に、物理的証拠がないままに証言だけを証拠として採用し裁くことの出来る今の法律は恐ろしい。
確かに状況証拠は重要だが、どれだけ状況証拠が確からしいとしても、今回のようなケースもあるし、100%には絶対にならない。
物理的証拠だけが100%を保障出来る。
特に死刑を言い渡せる国なのだから、慎重に慎重を重ねてこれでもかというほど慎重にならなければ、いつまでも冤罪はなくならない。

名無しさん
再審無罪になった男性が75歳と云う事で寿命の時間を逆算し国を相手に裁判を起こしたのだろうし、それは正解だと思うが、偽証した女性は加害者になるわけで、そちらと、証拠隠蔽した検察や医療機関、裁判所を相手に戦って欲しい。しかしそれには時間がかかりすぎるだろうから仕方がないが、自称被害者だった加害者女性の実名報道はするべきであろう。
そうしないと報われない!!
本来は男性が裁判途中で死んだとしても偽証した女性、裁判所、証拠を隠蔽した検察及び医療機関と裁判で戦って欲しい!!

名無しさん
このようなケースはもっとあるのでは?
日本の司法では検察と裁判所が一体化し過ぎているのでは?
疑わしくは罰せずとは日本では小説かTVの話で、誰が考えても可笑しいケースでも、有罪にするための理屈を無理やりこじつけて有罪にしているケースが沢山あるのでは?
これを防ぐためにも、司法に携わる警察、検察、判事等の受勲を止めることも考える必要ある。
冤罪に関係した方々が受勲したり、受勲したものを返還ともいかないなら最初から受勲対象としない方が道理にかなっているのでは?
それに冤罪をなくすためには今、日産事件で国際的に批判の的になっている人質留置は止めて、更に警察、検察、裁判所それぞれもっと緊張関係を持つことである。

名無しさん
>女性本人や被害を目撃したとする親族の証言
裁判所でうその証言をすれば偽証罪に問われるはず。
女性側は偽証罪で訴えられるべきであり、その際は執行猶予を与えず実刑を与えるべき。

名無しさん
法廷で何人かの裁判官と対峙した事があるけど、「3人もいて、こんな簡単な嘘も見抜けないの?」と落胆した事が何度もある。
そう言った落胆によって裁判所に対する信頼を失い、裁判の継続を止めた人は数知れずいると思う。
裁判官達が忙し過ぎる環境には改善の必要があるが、自分達が出す結論によって、人生が左右される人達がいる重みを実感していない裁判官達が多いと感じてるのも事実だ。

名無しさん
男女間の問題は他人が揶揄する事で
話が膨らむ?法律に違反する行為も
目的が別にあって泳がしておいて
程々に真面目に生きてても別件とか
作為的に長期狙うケースもございますよね。
やはり求愛とはズレても性犯罪と指摘されると
男女も人生大打撃でしょうから
真実を持ち裁かれる事で専門家も複雑でしょう。
特に噂を大きく言われる事で取り返しつかない
事もあるでしょうし。
最近聞き間違えや言い間違え等トラブルが
多いです。
証拠は写真、録音、メッセージ、郵便、転送
人間間同士で確立成立した被害なのか?
名誉毀損や作為的に誘い出す動きが多いので
勘違いや誤解でも噂を走らせる不届者等
特に注意が必要です。
人の信用はなかなか回復するのは至難な事です。
必ず後になって指摘したり匂わしたりする
ケースが多いので程々に余裕を持って
落ちついて物事を対処した方がいいですよね。

VAT
こういう冤罪は明るみになってないだけで、他にもあると思う。
裁判所と検察は、人の人生を簡単に壊すことができる権力を持っていること、その責任の重さを再認識してほしい。
たしかに100件の裁判で1件にも満たない無罪を判断するのは難しいと思うが、難しいからこそ疑わしきは被告人の利益になるような判断がなされないといけないし、無罪の人間を有罪にするくらいなら、有罪の可能性があるが客観的な証拠がなければ無罪にするくらいの判断がなされないとまた同じことが起きる。
アメリカが日本の裁判は信用できないと考えることが、こういう事例からよくわかる。

名無しさん
警察、検察、裁判所、それぞれに責任があると感じます。有罪率99%というのはやはり異常だと思うし、「推定無罪」という原則は守られるべきだと思う。
警察検察は確実な証拠を集める捜査をして、司法にはそれに矛盾がないのか判断をしてもらいたい。証拠もないのに被害者(またはその関係者)の証言だけで有罪にするなど言語道断だと思います。

名無しさん
これは大問題でしょう?司法が機能していない動かぬ証拠で国の大問題であります。当然ながら関係した警察検察裁判官は相応のペナルティを科せられるべきであり、また虚偽の女性とその家族は重い刑罰に加えて民事でも相応の損害賠償責任を問われるべきです。

名無しさん
この女性事件当時未成年だろうが悪質すぎる。実名報道すべきだと思う。嘘で得たものって何があったのか?相手の地位を陥れるための行為だったのか?親族だって風評被害受けているはず。きっちりと国だけでなく加害女性には、賠償させなければ駄目。先入観だけで判決を下した裁判官や検察側の責任は重大。関わった人間も実名で晒されても良いくらいの話だと思う。

xxx
あおり運転の被告もそうだが、検察が主観や感情だけで罪名を決め起訴することがあってはいけないと思う。
あおり運転の場合は被告が悪党だから危険運転致死で起訴しても国民の多くは何も言わないが、法を正しく運用しないと本当の善人まで一度しかない人生のうち長い期間人権を奪われることになる。だからこそ相手が悪党であっても司法は法の適用に厳格にならなければいけないと思う。

名無しさん
以前、新宿かどこかの駅ですれ違いざまに触られたと言う女性がいて一緒にいた男性のグループが何の疑いもせず取り押さえ、加害者の男性が嘘の自白を警察に強要された上で釈放された帰りのホームで自殺するという事件がありましたね。後に遺族が加害男性が持っていた録音テープに行為を否定する男性の証言を退け自白を強要する警察の対応を告発していました。そして被害女性もその後の証言で、触られた相手がいたかどうかさえ曖昧だったと言う事が判明しました。警察の取り調べの方法も問題ありますし、被害者側(特に女性の性被害)におもねた司法判断も大いに見直されなければならない時期に差し掛かっていると思います。