テニスのブリスベン国際の男子シングルス決勝が6日、豪州・ブリスベンで行われ、世界ランキング9位の錦織圭(29、日清食品)が、同16位のダニル・メドベージェフ(22、ロシア)をフルセット(6-4、3-6、6-2)の末に下し、2016年2月のメンフィスオープン以来、約3年ぶり12度目のツアー優勝を果たした。14日に開幕する全豪オープンに向けて最高の形で前哨戦を終えた錦織の復活Vを海外メディアも一斉に取り上げた。

 豪州の地元紙シドニー・モーニング・ヘラルド紙は「錦織がついにジンクスを打ち破りブリスベンのタイトルを獲得」との見出しを取り優勝を称えた。
 同紙は、錦織が2016年2月のメンフィスオープンで優勝して以来、9度、ツアーの決勝に進出しながら、すべて準優勝に終わっていたことに注目。

「決勝の対戦相手のメドベージェフは、昨年だけで3勝を挙げているが、そのうちの1勝の決勝相手は錦織だった。日本での対戦(楽天オープン)で、錦織は、踏んだり蹴ったりの敗戦を喫していた。22歳のメドベージェフは準決勝で好調だったジョー・ウィルフリード・ツォンガを破り、錦織の不名誉な連続準優勝記録が伸びる可能性が高いように見えていた」と戦前の不利予想を紹介した。

 その上で試合内容に触れ、「だが、日本の人気選手は、今回、ついに(連続準優勝の)記録を最後にした。この週で見せてきた盤石なテニスが続けられ、6-4、3-6、6-2で勝ち、勇敢な敗者として礼儀正しく讃えられることはなく、彼は優勝スピーチを行った」と伝えた。

 記事は全豪オープンに向けて「錦織は、過去に準々決勝以上に勝ち進んだことのない全豪オープンに向かうにあたり、この12度目のタイトルと今週見せた高い安定感のあるテニスにとても満足しているだろう」と記した。

「錦織は、ラファエル・ナダルが、『現在君臨する偉大な選手たちの支配に挑戦するにはまだ至っていない』と指摘する世代の先頭に立ってきた。ロジャー・フェデラーや、ノバク・ジョコビッチらの偉大な選手たちが、彼らの支配時期を伸ばそうとする中、もしかしたら錦織に彼らを打ち破る機会があるのかもしれない」と優勝の可能性をほのめかした。

 記事では錦織の試合後の「ゴールは全豪オープンで良いプレーをすることだけど、今週はとても良いプレーができてうれしい。きょう負けたとしても、自分が戦った何試合が自信になったと思う。自分のホームのように最も好きなトーナメントの1つのメルボルンに勝って行けることがうれしい。良いプレーをして準々決勝以上に進めればと思う」とのコメントも紹介されている。

 豪州のFoxスポーツも「日本の錦織がブリスベン国際でタイトルを獲得し、今年最初のグランドスラム大会へ向けてのアピールを果たした。錦織にとって2年以上離れていた優勝となり、去年東京で(楽天オープン)メドベージェフに敗れたリベンジをわずかに果たすことができた」と速報で報じている。

英国のBBCスポーツは「錦織がブリスベン国際に勝ちタイトル獲得の枯渇を終える」との見出しを取り、約3年ぶりの復活優勝であったことを紹介した。
 
 同紙は、最後の優勝以降、右手首の故障で欠場期間があったことを説明。この日の決勝戦を「錦織は第2セットで世界16位のメドベージェフに1―1に追いつかれる悪いサーブゲームが1度だけあったが、それを除いては試合を支配していた。錦織は、最終セットで調子を取り戻し、5―1と一気にリードし、すぐに勝利を迎えた。アンディ・マリーを倒したロシア人に6-4、3-6、6-2で勝った」とレポート。

「リターンをとても深く返すことができてプレッシャーをかけることができたと思う」と試合を振り返る錦織の声も伝えた。

 記事は最後に全豪オープンについて「彼はまだ準々決勝以上に進んでいない全豪オープンでも勢いを維持できるように願っている」と記してまとめた。

 英国のメトロ紙は「3年のタイトルの獲得枯渇を終え、復活を遂げた錦織は再び最大の舞台へ挑戦できるのか」との見出しを取り優勝の意義について報じた。

 錦織が2014年の全米オープンで決勝進出してからグランドスラム大会での決勝進出はなく、「最近3年間、決勝戦で負け続けてきたことで、この最大の舞台での敗戦の悔しさを晴らすことはほとんどできなかった」と、近年の苦戦を伝え、「ニューポートビーチ(米カリフォルニア)で当時、世界238位のデニス・ノビコフに一回戦で負けてから1年。錦織は、近年のテニス界において最も悲惨な連続記録の1つ(準優勝9回)に終止符を打った」と復活を称えた。

 続けて「(錦織にとって)素晴らしい試合、素晴らしい週だった。彼がこのようにプレーすれば、今シーズンは大きな成功を収めるだろう」というメドベージェフの試合後の談話を紹介。
 
「錦織は、この競技において最高のリターン選手の1人で最終セットの勝率で彼を上回る選手はいない。世界16位(のメドベージェフ)を破りタイトルを獲得したことで、この不幸な連続記録(準優勝9度)の重荷は肩から降ろされた。今後、数か月で、今回の結果が、元世界4位にどれだけの自信をもたらしたかがわかるだろう」と、今シーズンの4大大会での上位進出の可能性が高いことを示唆した。

 その上で「故障に泣かされた錦織がATPツアーで戦い続けることは大きな脅威になる」と、その復活劇の意義を絶賛した。

 イタリアのテニスサイトUbitennis.netは「錦織がブリスベンで35か月のタイトル枯渇を終える」との見出しで、「ツアーで9回連続の準優勝となった後、錦織圭がついに男子テニスの優勝者として戻ってきた」と伝えた。

 記事は、「全米オープンの元準優勝選手(の錦織は)不安定だったメドベージェフに浴びた8本のサービスエースに耐え、ジェットコースターのような対戦を6-4、3-6、6-2で制した。昨年10月の日本オープンで敗戦した22歳(のメドベージェフ)にリベンジを果たした。錦織は、試合を通じて11ポイント上回り、15回のブレークポイントから5度のブレークを奪い、20本のウィナー、エラーは30本だった」と、試合内容を紹介。

 ブリスベン国際では、錦織の優勝が男女を通じてアジア選手初の優勝となったこと、この優勝で「ATP250」のポイントと優勝賞金9万990ドル(約1000万円)を手にしたことを報じている。

 14日に開幕の全豪オープンでは海外メディアは続けて復活を果たした錦織の進撃をマークしていきそうだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190107-00010000-wordleafs-spo&p=2


PDF