【ニューデリー時事】インドを訪問中の河野太郎外相は7日、記者団に対し、韓国の元徴用工訴訟で韓国内の日本企業資産が差し押さえられる恐れがある問題について「日本企業に不利益が生じるようなことになれば、直ちに取るべき手段を取らなければならない」と述べた。

 河野氏は具体的措置に触れなかったが、「日本企業に不利益をもたらすことがないよう、(対抗措置を)さまざま準備はしている」と強調した。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2019010800233&g=pol


PDF