【ソウル時事】韓国外務省が9日、元徴用工訴訟をめぐる日本の抗議と協議要請を受けて発表した声明全文は次の通り。

 
 一、日本側の請求権協定上の両者(2国間)協議要請については綿密に検討する予定だ。

 一、政府は強制徴用被害者に対する最高裁判決(10月30日と11月29日)や司法手続きを尊重するという基本的な立場の下、被害者の精神的な苦痛と傷を実質的に癒やさなければならないという点や、未来志向的な韓日関係などを総合的に勘案し、対応策を用意していく。

 一、このような状況で不必要な葛藤や反目を起こすことは問題解決にまったく役に立たないとみており、冷静かつ慎重に状況を管理することが必要だ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190109-00000110-jij-kr