高須クリニックの高須克弥院長(73)が10日、ツイッターを更新。韓国の文在寅大統領が10日の年頭の記者会見で韓国人元徴用工への賠償を新日鉄住金に命じた昨年10月の韓国大法院(最高裁)判決で「日本は不満があっても、基本的にはどうしようもないという認識を持たなければいけない」と述べたことなどへの見解を示した。

高須院長は「大統領やめたら罪人になるのが韓国のお約束だと知っているのでジタバタしているのだと思います。そう思いませんか?」とツイートしていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190111-00000059-sph-soci



PDF