【ワシントン共同】オバマ前米民主党政権で住宅都市開発長官を務めたフリアン・カストロ氏(44)は12日、来年の大統領選に立候補すると表明した。トランプ大統領の再選阻止を狙う民主党で主要候補者の出馬表明は初めて。バイデン前副大統領らも近く出馬を決断する見通しで、大統領選に向けた動きが本格化してきた。

 カストロ氏は地元の南部テキサス州サンアントニオで支持者を前に演説。メキシコ国境の「危機」を主張するトランプ氏を批判し「米国には危機がある。それはリーダーシップの危機だ」と訴えた。「米国には新しい指導者が必要とされている。私は立候補する」と述べ出馬表明した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190113-00000012-kyodonews-int


PDF