河野外相は、北方領土問題を含むロシアとの平和条約交渉で、交渉責任者として初めて、ラブロフ外相との会談に臨んだ。

会談を受けて、河野外相が会見を行った。

 ◇

きょうの11時ごろから3時ごろまで約4時間、ワーキングランチを含め、ラブロフ外相と、会談を行いました。きょうの協議は、シンガポール及び、ブエノスアイレスでの首脳会談の結果を受け、平和条約締結について、第一回目の交渉となりました。

平和条約問題について時間をかけて議論すると共に、安倍総理の訪露に向けて準備を行いました。安倍総理の訪露の際の日露首脳会談は、1月22日午後に開催するということで一致をいたしました。

平和条約の締結問題につきましては、協議の具体的内容をお伝えすることはできませんけれども、日露双方の具体的な考え方を議論した上で、真剣な協議を行いました。

長年にわたり未解決の困難な問題ではありますけども、この問題に自らの手で、終止符を打つという両首脳の決意を踏まえた真剣な議論となりました。

具体的には今後、森外務審議官とモルグロフ外務次官に頻繁に協議を行わせ、交渉責任者であります我々外相同士で節目節目で議論の進ちょくを確認するということで、一致をいたしました。

さっそくあす、森外審、モルグロフ外務次官が協議を行い、2月に予定されているミュンヘンの安保会議に両外相が出席をすることになれば、次回の会合をそこで行おうということで一致をいたしました。

交渉の具体的内容についてお伝えできないというのは、申し上げた通りでございますが、交渉の中で我々は、領土問題を含め、日本側の考え方を明確に伝えました。ロシア側もロシア側の考え方を具体的に伝えてきました。真剣かつ率直なやりとりでありました。

きょうの議論については、それぞれが首脳に報告をするということであります。

そのほか、経済については、先月わたくしが議長を務めました日露の貿易経済政府間委員会でのやりとりを踏まえ、8項目の協力プランを含む経済分野での協力が着実に進展していることを確認し、さらなる貿易・投資拡大にむけた方策について議論を行いました。

また、国際条理における連携についても議論を行い、今後も緊密に意思疎通をしていこうということで一致をいたしました。

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20190114-00000057-nnn-pol


PDF